■下地調整について

 壁紙施工の基本は、下地調整にあります。下地の調整が不十分では壁紙
 の施工はうまく仕上がりません。特に下記の点に注意してください。

●一般下地(石膏ボード、ベニヤなど)
 特に下地をひろう薄い商品については丹念にパテ処理、サンダーがけ等を
 行なってくださ い。また、ネジ・クギ類にはサビ止めを行っでください。
 パテ処理を行った場合は、シーラー処理を行っでください。          

●多孔質下地(ケイ酸カルシウム板、ALC板、モルタル板など)
 糊の下地への吸収を抑えたり、下地の接着強度の均一化を図るために、
 十分に、シーラー処理をしてください。

●特殊な下地(金属、プラスチック、ペンキ塗り下地など)
 下地の強鹿が十分にあることを確認した後、油分、汚れなどを除き、十分
 にシーラー処理をしてください。なお、金属下地の場合、キズがつくとサビ
 が発生しますので下地に刃物が入らないように してください。

●リフォーム下地(壁紙のはり替え下地)
 前の壁紙の裏打ち紙が残っている下地では、裏打ち紙のウキやハガレが
 ないことを確認してください。

■施工上の注意点

 1.糊の希釈率・塗布量は、指定の数値を守ってください。
  糊の希釈率は必すメーカー指定の濃度を守ってください。
  (標準濃度は糊:水=10:7程度、一般のビニル壁紙よりもやや濃い
  めです。)
  「木の住まいを創る会」の指定クロス用接着剤は、でんぷん糊の壁装
  スターチ です。別資料があります。
 
  塗布量もメーカー指定の量を守ってください。
  (標準量は160〜180g/u、一般のビニル壁紙の1.2倍〜1・4倍です。)
 
  ポンドなどの合成樹脂接着剤を混ぜると、粘度が下−がり、糊がつき
  にくくフク レ、ハガレの憤囲となります。

 2.オープンタイム 〈うませ時間)をとってくピさい。
  糊付後10〜15分の時間をおいてから、貼り付けを始めます。
  オープンタイムは施工環境により異なります。
  (低温の場合は15分以上)
  糊付後、すぐに貼りつけをすると、硬くて貼りづらく、フクレの
  原担になります。
 
 3.施工可能時間は、1時間程度を目安にしてください。
  糊付後、1時間の間に貼り付けを完了しないと、アイハギが起こります。
  ご注意ください。
  糊の濃度が薄かったり、塗布量が少なかったり、合成樹脂系接着剤を
  使用する場合は、アイハギが早くなります。

 4.下地処理(パテ、シーラー処理)を必ず、行ってください。
  粉ふき下地・ケイカル板等の接着の悪い下地は、フクレ、ハガしの原因
  となります。下地のネジ・クギ類にはサビ止めを行ってください。

 5.貼り替え時は、浮いた裏紙を、キレイに取り除いてください。
  前の壁紙が規っている下地では、ウキやハガレの発生することがあります。

 6.施工後、急激な環境の変化は避けてください。
  急激な施工環境の変化は、目地スキの原因になることがあります。
  施工開始から翌日までは、窓を開けて通風を良くしたり、エアコンを
  入れて乾燥を、早めることは避けてください。
 
 7.ローラーを強くかけすぎないようご注悪ください。
 
 8.なで付け、エアー抜きは確実に、実施してください。

 9.接着剤付養生テープの使用は避けてください。

■色柄合わせ
左右色違い防止のため、下記のよう
なリバース貼りにて施工して下さい。
(自然素材のため色柄が多少異
なることがあります。)
■防カビ加工・壁施工について
 
(現場対応でお願いいたします。)
  糊は、防カビ剤入りのものをご使用ください。