自分の家は自分で守ります。 建ててからでは遅い。 手抜き・欠陥住宅予防


「手抜き工事・欠陥住宅」を造らせないために…

やっと手に入れたマイホームが欠陥住宅だった…あるいは、不良工事や粗雑工事で悔いが残ったら…、あなたならどうしますか…?
そんなことは、私は大丈夫と思っているかもしれませんが、不安がよぎりませんか。

住宅産業がクレーム産業とも言われているように、華やかな広告の裏では、このような、泣くに泣けないトラブルに悩む人達が後をたちません。
トラブルの大半は、消費者の勉強不足と、業者まかせから起きています。

もっと、消費者自身が建築工事に目を光らせるべきなのでしょうが、現実には、素人の建築主が工事検査をすることは非常に難しく、専門知識がないために、業者と対等に話し合うこ とすら出来ないのが現状です。

そのためには、建築主の立場に立つ、専門家のチェックの必要性、あるいは設計監理によ る住まいづくりが大変重要です。
これから住まいを計画している人達は、一生に一度の大事業に、後悔を残さないように、どのようなことが問題なのか、又は、見過ごしたために、後々問題になってくるのかなどクレームに悩まされない知識を身に付けることが大切です。

そして、万が一、悪質な建築業者や工事担当者などの、工事クレームに対する言い訳や対処 方法について、適切なのか、不適切なのかを見極めるためにも、又、スムーズな話し合いをするためにも、出来るだけ賢い消費者になることが、確かで本物の住まいを求める方法です。
又、大切な家族が住む住まいです。安全で、快適でなければなりません。
いつ、また大地震がやってくるか分かりません。

消費者は、建築についての専門知識に乏しいため、やはり見て覚えることが早道です。
この実例からも分かるように、中小建設業者も、大手ハウスメーカー、大手不動産業者だから…というようなことはありません建築については、関係ありません。

是非、愛する家族がこれから毎日住む家です。失敗は許されません。
このような知識を身につけることは、工事の指摘をするだけに活用するだけではなく、工事業者や職人が、本当で適切な工事を行っていることの確認や、工事の内容を認めてあげるこ とによって、さらに現場がやる気がでて、工事がよい方向に活用することの方が大事なのです。

そこで私共では、みなさんに賢いユーザーになってもらうための、勉強会も開いています。
国産材の家づくりセミナー(敷地選びから欠陥住宅予防講座など)
主婦にもわかる概算見積講座(工事費の見積りをあなた自身でチェック) 
では、私共が調査した実例を元に、なぜ問題なのか
どうすればよいのか、検証していきましょう 
「手抜き・欠陥」の事例及び対策!

  ■基礎工事 問題点 1階床組・束石

                   基礎

  ■木工事   問題点 2階床組・2階根太

                    和風造作

                  小屋組・タル木

                  軸組・火打土台

  ■躯体工事・鉄骨柱
          問題点 錆止め塗装 

  ■リフォームに潜む落とし穴 第1章
                     第2章
                     第3章