巻頭メモアーカイブ

2018年

ノーベル賞

本庶先生おめでとうございます。基礎科学「が」大事、とはいい言葉です。大学の予算を削りまくっている阿呆どもには聞こえないかも知れないから、ぜひ一番偉い人に会ったら何が一番大事なことか説いてやってください。でも大隅先生も同じこと言ってたのにな。多分、人の言うこと聞こえないんだな、あの人。
 そんな人が決めるから、新閣僚が突っ込みどころ満載なんだな。モンカのくせに教育勅語を持ち出す阿呆とか、カギチョーのくせにEMの片棒担いでる阿呆とか。日本の教育・科学の未来を終わらせる気か。。それとも反面教師という高度なジョークなのか。
 こんな阿呆どものせいで次世代が育たなくなったら、もう日本からノーベル賞が出なくなっちまう(それどころか「日本終了のお知らせ」だ)。何の役に立つか分からない研究が自由にできる余裕こそ真の科学立国ではないのか。すぐに世の中に役に立つ研究は理論の「技術応用」であって、その前に理論を創り出すのが「科学」の研究のはず。科学技術と簡単に言うが、サイエンスとテクノロジーは似て非なるもの。
(18/10/04)

あと100日

を切ってしまったのだ。平成30年が終わるのだよ。1年52週のうち39週目に突入、あと13週だ。大河「西郷どん」も江戸城無血開城まで到達した訳だが、今年を振り返って、何も感慨が湧かないあなた。光陰矢の如しなのだよ。おいらなんざ感慨どころか記憶が無いようなもんだしな(おい)。
せいぜい、薩摩弁で「ちぇすと!きばれ!」と福島県出身の西田敏行さんに気合を入れて貰わんとな。
(18/09/25)

歌丸師匠逝く

 日テレの超長寿番組「笑点」でおなじみの噺家・桂歌丸師匠が身罷った。久しく患っておられて若干覚悟はしていたが、ついに来る時が来たとは実に惜しい。鶴のようなというか、活ける骸骨というか、あの痩躯から闊達な喋りが繰り出され客席は笑いで満たされたのだ。生で聞いたことないけど。
 笑点は三波伸介が司会をしていた時から見ていた。大喜利の端同士で三遊亭小圓遊師匠との掛け合い(悪口合戦)で大笑いしたのが思い出される。あの頃は落語も良く見る機会があった。笑点は歌丸師匠が司会を引退してからはもう見る気も起きないんだが、まだやってるんだっけ?

 えーと、今日は27時から日本対ベルギーのサッカーW杯?いや、オレ的には歌さんのニュースの方がプライオリティが高いんだぜ。(その次は錦織のウィンブルドンだな)
(18/07/02)
とか何とか云って、やっぱり応援しちまったぜ。いやぁー。ジャパンブルーは惜しかったねぇ。再びの本田△成らず。上手く守って失点せず、返す刀のカウンターで切り込んで、2点先取した時にはこれはGiant Killing達成かと思ったね。ロシアに続けってなもんだ。攻めて守って攻めて守って、攻めて疲れて、最後に赤い悪魔の実力をまともに食らった感じだねぇ。朝5時。アデョショナルタイムの3点目を見た瞬間、Killing Me!! とTVの電源をブチ切ってフテ寝した吾輩だ。
(18/07/03)

40年目のガンダム

 ファーストガンダム(1979)から40周年を迎えたという。NHKでもガンダム特集があったくらいだが、吾輩にもなぜか(プチ)ガンダムブームが来てしまった。
 うっかりAmazonプライムの加入ボタンを押してしまって以来、プライムビデオを見ないと損という状況なので、結構頻繁に利用している(一番見たいものは有料だったりして若干もどかしいが、駄作の確認には役に立つ)。で、ガンダムだが、富野由悠季(喜幸)監督による一連の作品はちょいちょい見ていたが、キャラデザインの安彦良和が総監督となった「The Origin」シリーズが無料になってたのを観ていたらちょびっと火が付いた。ルウム戦役での「シャアの五艘飛び」が見たかったのだな(池田さんの声で「私に跪け。神よ!」は決まるねぇ)。キャスバルがシャアとなった理由、ジオン公国はなぜ1年戦争を起こしたのかという辺りの、シャアの実家・ダイクン家にまつわる歴史が語られていくのだが、主要キャラの若かりし頃が沢山出てくるので人間関係の確認が面白い(ドズルが結構なロマンチストというのもなかなか)。
 という訳で、ここ最近でファースト三部作を初めて通しで見たり、オリジンシリーズを見直したりしていたのだ。にわかファンダムなのである。ファースト以降の派生版は見てなかったので、YouTubeでガンダムシリーズの各作品を歴史年表化して開設している有難いものを眺めて、ちょっとだけガンダムしていた(知らずとも何も困ることはないっ!)。
 で、派生版はどんなんかいな?とうっかり見てしまったのが「ガンダムUC」。キャスバル→エドワゥ→シャア→クアトロと来て、最後がフル・フロンタルだというので。ユニコーンと宇宙世紀を掛けてUCとな。見たら、面白いではないか。シャアの再来・フルフロンタルは池田さんの声できっぱりとシャアだし、ミネバ・ザビが成長しているし、ブライト・ノアも偉くなっているし、アムロは額に入っているし(アクシズショックのときに消えたんだっけ?)。突然起こった戦争に巻き込まれて戦闘艦に乗り込んだ少年少女が成長していく青春群像劇だし、ひょんなことからガンダムに乗ってしまった少年が実はニュータイプでガンダムとともに能力を高めていくというところは、ガンダムのお約束をしっかりと踏まえている。30分枠のTVアニメ仕立てだったのでオープニングとエンディングの唄を外せば賞味20分弱。次々に見てしまえるので、ヤバい。いやヤバかった。手遅れである。全部見てしまった。睡眠時間返せ。
 しかし、声優さんはすごいのだ。シャアの池田秀一さんもアムロの古谷徹さんも、40年間声が変わってない。この安定感が舞台を変えたガンダムもガンダムとして成立させているのかも知れん。ただ、シャアとアムロの声真似をする声優の杉田智和さん(銀魂の銀時)というのが居て、1人ガンダムというネタをやっている(これもYouTubeでオンタイムじゃないのでいつの話か分からんが)。これを聞いてしまうと、シャアの決め台詞がニヤリとさせられてしまうのだった(杉田さんは器用で、他にもアナゴさんの若本規夫さんとか、銀河万丈さんとか、石塚運昇さんとか、声真似が激似だ)
(18/05/21)

平成の終焉

 某所より、来年の改元のために5月以降は毎日が平成最後の月日となる、という情報。なるほどー。意義深い年になるのかなぁ?

 多分、ことによると、改元の瞬間にネットワーク世界に大惨事が発生しそうな予感。元号変換がうまく行かなくて潰れるシステムが続出するのではなかろうか、と。ミレニアム問題の再来だ。来年のGWは飛び石の合間をつないで巨大連休にする予定らしいが、IT関係の方々は休日返上でカウントダウンを戦々恐々と見守ることになるのだろうな。いや、それより先に大変なのがカレンダー屋さんか。元号が記入できないから印刷機止めて待ってる状態だもんね。

 まさに、毎日が一期一会。それに気が付かずにすでに1週間過ごしてしまったな。「ボーっと生きてんじゃねぇよ!!」byチコちゃん(NHK)
(18/05/07)

2017年

スマホ騒動

 吾輩のスマホはXpreia Z3 compact(Z3C)である。御多分に漏れず、巷で有名なタッチ切れの症状が出ておる。ちょうど画面の通知エリアが触れない。そう、着信通知が出たときにドラッグしてにゅいーんと下げてくるあれができなくなって滅法不便である。裏メニューでタッチ切れのチェックができるというのでやってみると、上端と右端が5ミリぐらい欠けている。タッチ範囲がなんかズレてるようでもあって、下端の戻るボタンの辺りの反応は10回に1回ぐらいの確率でボタンが押せるという体たらく。手袋モードにすればちょっとマシだが、関係ない所をクリックしまくって、ちょーイラつく。
 このトラブルはZ3Cの構造欠陥特性によるものなので、なんとdocomoではMVNO白ロムでも無償修理に応じるらしいとの情報。吾輩のも多分イケると見た。ならとっとと直せよデコ助野郎と言うそこのアナタ。でもね、修理に10日とか2週間とか掛かるらしいのよ。その間、電話が無いと困るじゃない(平素は滅多に電話が掛かって来たりしないのは秘密だ)。何が困るってスイカが入っているんだよ。これ何より困るでしょ。そんで修理を渋っているのだ。
 非常用に昔のスマホを引きずり出してくる。Xperia mini pro(SK17i)である。おお、小さい。物理キーボードって素晴らしい。なんでこのシリーズから撤退したんだ、SONY。いや、そういう話ではない。Z3CのナノSIMをアダプタ噛ましてフルサイズにしてSK17iにイン。ありゃ、電話は掛けられるっちゃ掛けられるが雑音がひどい。吾輩の職場の部屋は窓の外は壁という極端にケータイの電波状況が悪い場所なのだった。ドコモはまだいい方で、auは致命的に電波が入らない。職場を通してKDDIに改善要請を出したが、未だにナシの礫だ(ユーザー数とアンテナ設置費用を天秤に掛けてやがるな?)。いや、そんなことよりSK17i。電波がギリギリということは久しぶりにFOMAプラスエリア問題の登場である。Z3Cではバリバリだったので、多分この部屋には800MHz帯を使えるBAND6かBAND19対応端末じゃないと電波が拾えないのだ。で、SK17iはBAND1はあるがBAND6非対応なのだ。これを買った時、システム改変すれば800MHzが拾える北米モデルのSK17aじゃなかったことで臍を噛んだ記憶が蘇ってくるのだ。

 ドコモのサイトを見ると、最新Xperia XZ1 compactが手招きしている。しかし吾輩はBiglobe-MVNOの人なので回線契約は要らない。白ロム相場はほぼ10万だ。結構なキヨブタである。型落ちはどうかと一つ前のXperia X compact(SO-02J)との比較記事を熟読。ゲームをしなければ体感で大差無しとな。もちろん吾輩はスマホでゲームなぞ全くやらん。キャンプに動物を呼んでどうのこうのなんて全く知らない。コガネムシなんか要らないぞ。動画もスマホじゃ見ない。3Dモデリングなんか無駄無駄無駄ぁ。白ロム相場で5万でお釣りとなればコスパでSO-02Jの勝利。ポチっとな。 ケースと保護フィルムも必要だな。ポチっとな。 
 なるほど、これがSO-02Jか。ちっ、Type Cコネクタか。しまった、ケーブルが必要だ。ポチっとな。 あれ?本体黒なのに保護フィルムは白が届いたぞ。何でだ?。おぉ、黒の隣の白をクリックしたのか orz  黒ポチっとな。

 さて、Z3Cも修理できるかな。おっと、新幹線の切符がスイカに入ったままだ。使ってからね。車載タブレットのMediaPadもナノSIM入るから代替機にということも無いではなかったが、7インチタブレットを耳に当てて「しもしもぉ?」てのは、ギャグとしてもうちょっと先に取っておこう。

 大相撲の大騒動も説教中にスマホをチラ見したとか何とか。将棋では濡れ衣認定だがスマホチート騒ぎもあったな。おお、そうだ。滑らない方の羽生さん永世七冠おめでたう。羽生さんはチェスの国内ランキングも最上位クラスなので下手するとチェスも入れて八冠も夢じゃないぞ。(でもチェスには「永世位」が無いんだよなぁ)
(17/12/06)

年の瀬に向けて

 生存カキコ。年に2度しか更新しないような。
 大相撲。期待の和製横綱・稀勢の里が休場である。横綱は10勝できそうになければ休場なのだ。日馬富士は不祥事で途中休場、鶴竜は怪我で全休。やはり平成の大横綱・白鵬が居ないと話にならないのは最早鉄板。
 稀勢の里は長年の苦労の末横綱にはなったが、無理が祟ってか大怪我して迷走中。気持ちは攻めようとしても体がブレーキを掛けるのかな?生命線の左差しが利かないとなれば、綱を張り続けるのは難しい。日本人横綱に期待する声は大きく、そのプレッシャーたるや想像もつかん。横綱は辛いのう。途中休場ばかり続けてもイカンだろう。大関から結構応援してたんだが、ここ一番の肝心な時に星を落とすのでいつも嘆息していたのだった。もう見てられん。誰かが言う前に言ってあげよう。もう引退して楽になってもいいぞ。ところで年寄株は持ってたかな?
 しかし、稀勢に続く和製横綱候補・大関陣はと言えば、これまた総崩れでカド番を守り切れずに落下する者多数だ。まだまだ白鵬の孤高の日々は続くのだなぁ。

 話は替わるが、年頭に紹介した中華タブはすでに放り投げ引退している。現在はHUAWEIのMediaPad T1 7.0 LTEである。LTE対応だがSIMは入れてない。Amazonで1諭吉+3漱石でお釣りが出る。HUAWEIは華為技術、もちろん性懲りもない中華タブである。横倒しにしてもホーム画面は頑なに縦表示を貫く男気溢れる逸品だ。いいんだよ。どうせ使い捨てみたいなもんだし。
(17/11/21)
 大相撲で引退とか書いていたら、日馬富士が不祥事の引責でそのまま電撃引退。シャレにならん。
(17/11/29)

新年のガジェット

 ほぼ半年ぶりの更新は新年だ。諸事情により新年は祝わない。
 さて、中華タブを半端に使う吾輩である。今の車載タブは7インチのWin10機PloyerのMomo7wである。GOM PlayerでMP4やらFLVやら再生するのに使うのだが、ロケールを日本にしててもベースが中国版Win10なので所々中国語が出てくる。ついにイラっと来てCドライブをフォーマットしてやったぜぃ。ワイルドだろぅ?(もう誰のネタか覚えてない人も居るんだろうな) 日本語Win10をMSからDLしてクリーンインストールしてやったぜぃ。で、はまったぜぃ。タッチパネルが使えないぜぃ。(もういい)
 ネットでも悪戦苦闘する先達の声がたくさん集まった。エラい人がドライバ詰め合わせをアップしてくれていたので、それを順番にあてがっていったら復活。あー良かった。これで純正日本語版Win10中華タブだ。
 調子に乗ってメディアプレーヤも替えようとたくらむ。GOMはFLVをちゃんと再生できないときがあるのだ。KODIというのが良いらしい。でもインストールするにはアニバーサリー何とかというOSアップデートを入れないとダメらしい。Winアップデートを何回もやるが1511より先に行かない。Cドライブの容量が足らんようだ。いろいろ消したがダメだった。あ、システム壊れた。Win10クリーンインストールのやり直し...
 よく調べたらWin10のアニバーサリーアップデートは2GBのメモリが必要とな。Momo7wのメモリは1GBで増設不可。ハナから詰んでました。orz 流石は1万円でお釣りがくるだけのことはある。

 そんな中で一番とばっちりを食ったのは吾輩のWiMAX2+。クレードルに突っ込んだまま家のブロードバンドルータ化しているのだが、家で中華タブのセッティングをしていたらWin10がOSアップデートに勤しんでやがった。前述のとおりCドライブもメモリも容量が無いので完結できないのだが、せっせとダウンロードしてくれていて「アップデートの準備できたよっ!」。頼んでねーよ。気が付いたらWiMAXの通信量リミットを超えていた。他のPCでブラウジングがやたら遅くなっておかしいなと思ったんだ。速度制限だったのか。早くギガ放題に替えておくんだったぜぃ。
(17/01/12)

2016年

平成の玉音放送

 天皇陛下のお言葉を拝聴する。日本一忙しい後期高齢者である天皇陛下は、歳取って疲れたから代わってくれと言うことも許されないとは辛いお立場である。
 9条いじる暇あったら2条か皇室典範をなんとかして差し上げろ。>内閣総理大臣A

 ちなみに天皇陛下は魚類学者である(いわばさかなクンの大先輩なのだ)。ガチだ。最新論文のこれを見よ(え?凄さが分からない?不敬罪でタイーホだ)。天皇陛下がファーストで息子の秋篠宮殿下がセカンドで連名だ。まぁ、お忙しい皇族方がガッツリ最新の遺伝子解析に勤しんでいるとは思えないので、優秀な御用学者が付いている訳だがね。
(16/08/08)

録画過剰

どうも。今年も残すところ半年を切りましたが、明けましておめでとうございます。新年のご挨拶がまだでした。

 ホームページを更新しなくなる方の多くは、ブログやツイッターや他のSNSに流れるらしいのだが、もちろん我輩のは純然たる怠慢である。死なない程度に死んだ振りをするのである。
 常日頃のルーチンワークとして、TVのハードディスク録画をチマチマBDに焼くという作業があるのだが、焼き作業が遅れるとすぐHDDの容量が無くなって来てHDDを造設しなければならなくなる。番組表を見て、とりあえず気になる映画は全部録画するので容量は幾らあっても足りないのだ。
 しかも中途半端な長さのものが溜まってきて困っている。25GBにちょっとだけあふれて入らない録画があったり、13GBぐらいで1本では余り過ぎるし2本入れでは25GBを超えるというケースだ。こうなると50GBのメディアもあるので入るだけ詰め込んで併せて1枚にしようとする訳だが、ぜんぜん違うジャンルの映画を組ませるのも気持ちが悪いので、SFとSF、西部劇と西部劇、などと揃えたくなるのだ。しかし、ぴったり容量が合う組み合わせはなかなか出来ない(連作物をまとめようと思ってもそんなに都合良く放映してないし)。しかして、HDDは埋まっていくのである。100GBメディアも試したが、なんか機器と相性が悪いようで1回しか使ってない。
 今は録画した映画のCMを抜くとか、編集しちゃいけないんだっけか。まぁ、BD録画したものがPC編集できる状態になってるのは自作ムービーぐらいなんだけどね、オフィシャルには。前は自分で観るだけならお咎め無しだったはずなんだがなぁ。
 段ボール箱に収まるBDの数は増えていくのだが、ハードディスクに溜まる録画データと、BDに焼くデータの流量を比べると圧倒的に録画の方が大きいのだ。まさに情報過多。何が一番悪いのかというと、録画した映画やTV番組のほとんどを「観ていない」というのが悪いね。見たら消せばいい番組がほとんどなのだが、録画するということは観る暇が無いということなので、いつまで経っても録画データは減らないということなのだな。

 そんなこんなで整理をしていたら、DVDを持っている映画を録画しているのに気が付いた。重複だよなぁと思ってちょこっと中を確認。映像を見てみると、ありゃ?色がくっきり! デジタルリマスターしてるぞこれ(フィルムからDVD化したやつはフィルム焼けがそのまま)。これはいかん。DVD持ってる映画もHDD録画だなっ!

 おいおい、だからいつ観るんだよ。またハードディスクが足りなくなるぞ・・・
(2016/07/11)
2015