ムラサキシキブ[紫式部]

クマツヅラ科 ムラサキシキブ属  (Callicarapa japonica)

  山野に生え高さ2〜3メートルになる。狭山緑地の環境が適しているのか、コナラの伐採後には沢山育つ。

6月〜7月、淡紫色の花を付ける。
「複散房状」に多数の花を付ける。花の一つひとつはとても美しい色をしているが3oほどで小さく、一斉に咲かないので目立たず知られていない。

 果実は秋に紫色に熟す。属名の「Callicarapa」は“美しい果実”という意味である。

 


ホームページへ狭山丘陵を彩る植物へ狭山丘陵の自然へご招待へ