ニリンソウ (二輪草)

キンポウゲ科 イチリンソウ属 (Anemone flaccida)

 

 雑木林や山麓の土手に生える多年草、高さ20〜25センチになり全体にまばらに毛がある。
根茎は地中を横に伸び、多肉質で短くまばらにひげ根を出す。

 茎葉は3枚輪生し柄はない。茎葉の間から通常2本の長い柄を出し、先端に2センチほどの白色の花を付ける。花びら状の萼片が5個あり、花弁はない。

 名前の二輪草は2個の花を咲かせることによる。
但し1個または3個のこともある。 花期は4月中旬から

早春の僅かな期間で必要なエネルギーを根に蓄える。
コナラなどの落葉樹が葉を茂らせ、林床の他の植物が茂る5月中旬には葉や茎は枯れてしまう。
 同じ仲間に 一輪草(イチリンソウ)がある。

群生するニリンソウ


トップ ページへ狭山丘陵を彩る植物へ狭山丘陵の自然へご招待