TOPメニュー日本のスズメバチ図鑑 > ツヤクロスズメバチ

ツヤクロスズメバチ  Vespula rufa (Linnaeus, 1758)


体長は女王バチ16mm前後,働きバチ12〜14mm,オスバチ13〜17mmで,黒色の体に白色の班紋があります.北海道,本州,四国および九州に生息しますが,北海道以外では500m〜2,000mの山地に生息しています.

女王バチは6月に営巣を開始し,働きバチは7月から羽化します.オスバチは8〜10月,新女王バチは9月〜10月に出現します.新女王バチの羽化数は営巣規模により異なりますが,100〜200頭と少数です.

営巣場所は閉鎖的な場所で,浅い土中が多く,希には屋根裏,壁間などにも営巣します.巣盤数は3層以下,育房数も400〜1,000房で,クロスズメバチ属の中では小型の巣を作ります.巣の外皮は他のクロスズメバチ属とは異なり灰色の和紙状で,巣の形は下の方が細くなった提灯型をしています.幼虫の餌としてガなどの生きた昆虫だけを狩ります.攻撃性,威嚇性はあまり強くありません.