TOPメニュー > 都市のハチ問題

都市のハチ問題


都市で多発するスズメバチ自治体のスズメバチ対策

都市部ではさまざまな種類のハチが苦情・相談の対象になります.多くの人々はどんな種類のハチであっても,その姿を見ただけで”刺されるのでは?”という恐怖心が先に立つためか,特に相談件数が多くなっています.

相談の対象となるハチの種類は都市により異なりますが,名古屋市では以下のようになっています.2008年から2013年まで,最近6年間のハチに関する相談は19,319件でした。その内で最も多いのはアシナガバチに関するもので,8,640件と全体の44.7%を占めています.次いでスズメバチ7.3428件,38.0%,ミツバチ1,301件 6.7%の順で,いずれも集団生活をするハチが大部分を占めています.その他のハチはドロバチ,クマバチ,ジガバチ,ツチバチなどですがいずれも件数は少数です.

主に刺傷被害の原因となるのはアシナガバチ,スズメバチ,ミツバチなど,集団で生活し人家やその周辺に巣を作るハチです.特に大型のスズメバチの仲間は攻撃性も強く,各地で大きな問題となっています.

ハチによる被害は大きく分けて,(1) 刺咬,(2) 不快感や恐怖感,(3) 活動の制約,(4) 汚染・損傷・異物混入の4つに分けられます.このうち刺咬による被害が最も深刻で,時には重篤な症状となり死亡する事例もあるので注意が必要です.

不快感や恐怖感の原因としては,人家の近くに営巣した場合や,家屋内への侵入,樹液や花などでの採餌・採蜜時,ヒメスズメバチの交尾行動に伴う集団飛行などが原因となりますが,営巣時とオオスズメバチが樹液に飛来している場合を除いて刺傷被害につながることは稀です.また営巣した場合でも、刺傷被害の発生状況は種類によって大きく異なっており,オオスズメバチとキイロスズメバチが攻撃性も強く危険です.

営巣場所によっては通行止めや作業の中断などが必要となることがあり,家屋や墓石などに営巣した場合は,汚染や損傷,食品等への異物混入などによる経済的被害が発生する可能性もあります.

このように見てみると,スズメバチの悪い面ばかりが目立ちますが,生態系の中で上位の捕食者として重要な位置を占めている点も忘れてはなりません.多数の昆虫を狩る益虫としての側面にも目を向ける必要があります.




 2006年,2007年については,公共的な場所に営巣した場合のみを駆除の対象としたため,駆除件数は大幅に減少した.