TOPメニュースズメバチの生物誌 > 何年も同じ場所に営巣するモンスズメバチ

何年にもわたって同じ場所に営巣するモンスズメバチ


名古屋市の東部,千種区にある東山動植物園の周辺はモンスズメバチの営巣が極めて多い地域です.植物園の中にある岐阜県白川村から移築された合掌造りの建物には,毎年といってよいくらい,モンスズメバチが巣を作っています.

営巣場所は東側の妻部分で,いくつもの巣が重なって作られています.2006年はこの巣がチャイロスズメバチに乗っ取られ,巣を観察した9月18日の時点で,飛んでいるのは全てチャイロスズメバチでした.また南西角に立っている小屋の屋根にもモンスズメバチが営巣しています.この場所は年前にも同じ所に営巣が見られました.

建物は屋根の痛みが激しいため,2007年1月〜6月にかけて屋根の葺き替えが予定されています.そのため,巣は2007年1月19日に撤去され,植物園で保管中です.屋根の葺き替えが,モンスズメバチの営巣にどのような影響を与えるのか,今後の発生状況に注目しています.

また,この他にも同じような場所に何年にもわたって営巣する事例が時々見られます.


合掌造りの建物 東側妻部分の上部に営巣
2000年10月27日 2002年8月13日
2003年の10月23日 2005年8月2日
2006年9月18日 年別の営巣場所
2007年1月19日 取り除かれた巣