TOPメニュースズメバチの博物誌ハチの博物館 > 蜂天国>

蜂天国 (長野県)


長野県小県郡東部町(現在は合併により東御市:とうみし)にある” 蜂天国”を訪ねました.蜂の芸術館とあるとおり,キイロスズメバチによって様々な場所に作らせた巣が600余点展示されており,所狭しと並んだ巣は壮観です.たくさんのキイロスズメバチ巣を合体させて富士山,スペースシャトル,新幹線などの形に造形した巣も見物です.160個の巣を合体させて作った富士山はギネスの世界記録に認定されています.

8月〜10月までは,建物の窓越しにキイロスズメバチによる巣作りの風景が見学できるそうです.年末年始を除いて年中無休、入場料500円です.同じ敷地内にある食事処”山水”では蜂の子料理が食べられます.ちなみにハチの子飯は1,300円,たくさんの蜂の子が炊き込まれておりボリューム満点です.炊き込まれている蜂の子を1匹持ち帰り調べたところ,シダクロスズメバチでした.


長野県東御市加沢435-1
TEL.0268-63-3888



入り口にあるモニュメント 入り口の看板 1階展示室の風景
招き猫に作らせた巣 パンフレット 巨大な巣
新幹線(平成12年完成) ひょうたん(平成14年完成) 富士山(平成11年完成)

蜂天国のある東御市には 北国街道の宿場町”海野宿”があります.