TOPメニュー名古屋市のスズメバチ対策の変遷 > 駆除方法と使用する道具

駆除の方法と使用する道具

駆除対策・駆除相談対応の変遷|駆除方法と使用する道具 |スズメバチ駆除の実際駆除に伴う調査活動と駆除調査票

駆除作業は全て日中に実施しました.駆除に際してはスズメバチ防護服を着用し,巣穴からスプレーを噴射するか,巣穴をクロロホルムを染み込ませた綿花で塞いで処理した後,巣を除去する方法をとりました.

巣が高所にある場合や破損している場合,天井裏等の巣の除去が困難な場所に営巣した場合は,市販のハチ駆除専用スプレーや燻煙剤などを使用して駆除を実施しました.

高い場所など足場の悪い場所に営巣した場合は,作業者の安全確保を第一に考え,駆除依頼者に対する安全指導のみにとどめ,駆除を実施しないケースもありました.


駆除作業の様子 クロロホルムを染ませた
綿栓で穴を塞いだ状態
1 防護服,2 長靴.3 手袋,4 クロロホルム,5 脱脂綿,6 スプレー式殺虫剤,7 燻煙材,8 剪定鋏,9 フライ返し,10 ゴミ袋,11 捕虫網,12 バトミントンのラケット,13 救急箱

その他鋸,スコップ,脚立,懐中電灯などをスズメバチ
の種類や営巣場所などにより使い分けています.