TOPメニュー > 名古屋のアシナガバチアシナガバチの成虫の見分け方 > ムモンホソアシナガバチ

ムモンホソアシナガバチ  Parapolybia indica


体長は約15〜20mmで,他のアシナガバチに較べて細長い体型をしています.体の色は黄色で淡褐色の斑紋があリます.林縁の低木などの葉裏によく営巣し,最盛期には働きバチ数は100頭位になります.コナラなどの樹洞で集団で越冬します.攻撃性はやや強く,草刈り中に 刺傷被害が発生します.

名古屋市内では稀な種類で,東部丘陵地の各区で時折成虫を見かけることがあります.本種とよく似たヒメホソアシナガバチ Parapolybia varia のメスの頭楯には,本種には無い黒褐色の縦紋があるので区別は容易です.


越冬を終え葉上に止まる女王バチ 葉裏に作られた巣 コナラの樹洞で越冬した女王バチ