TOPメニューハチに関する豆知識 > 昆虫フェロモン

昆 虫 フ ェ ロ モ ン


昆虫フェロモンの様々な働き

 昆虫が体外に分泌することにより,同種の別の個体に特有な反応を起こさせたり,情報の伝達をする化学物質をフェロモンと呼んでいます.
 メスがオスを誘引する”性フェロモン”はよく知られていますが,他にも集団を形成し維持するための”集合フェロモン”や”密度制御フェロモン”などがあります.
 昆虫フェロモンが最初に明らかにされたのはカイコガの性フェロモンで,カイコガの学名である Bombyx mori に因んで”ボンビコール”と名付けられました.
 ハチやアリのように集団生活をする昆虫(社会性昆虫)には,この他に仲間に敵が来たことを知らせる”警報フェロモンや,餌にたどり着くまでの道順を知らせる”道しるべフェロモン”,同じ巣の仲間を識別するための”同巣(巣仲間)認識フェロモン”,女王以外のメスの卵巣発達を抑制する”階級フェロモン(女王物質)”などの存在が知られており,社会性昆虫特有の行動を引き起こす役割を担っています.