TOPメニュースズメバチカレンダー10月 > 刺傷被害に注意しましょう!

スズメバチによる刺傷被害に注意しましょう !


スズメバチによる刺傷被害が多発するのは,8月,9月,10月の3ヶ月間で,この間に全体の80%が発生しています.10月は野外活動や庭木の手入れなどで被害にあう可能性が高くなる時期ですので,被害防止のため十分な注意が必要です.

名古屋市ではコガタスズメバチが圧倒的に多いため,被害の大半は庭木の剪定中に発生しています.剪定作業にかかる前にハチの出入りがないか慎重に点検してから作業をすると良いでしょう.また,帽子を被り,長袖のシャツを着て手袋をするなど,露出部分の少ない服装を心がけてください.

日中の最高気温が下がって過ごしやすくなると,ハチの活動も活発になります.これからは新女王バチを育てるための大切な時期で,巣の規模もしだいに大きくなり危険性が増大します.

10月はキイロスズメバチとオオスズメバチの2種による被害の発生が懸念されます.集団で野外へ出かける時は細心の注意をはらって下さい.特にオオスズメバチは,10月が最も刺傷被害の発生が多い時期に当たります.野外活動にでかける際は十分注意してください.