TOPメニュースズメバチカレンダー9月 > 刺傷被害に注意しましょう!

スズメバチによる刺傷被害に注意しましょう !


スズメバチによる刺傷被害が多発するのは,8月,9月,10月の3ヶ月間で,この間に全体の80%が発生しています.特に9月から10月にかけては,野外活動や庭木の手入れなどで被害にあう可能性が高くなる時期ですので,被害防止のため十分な注意が必要です.これからは新女王バチを育てるための大切な時期で,活動もピークを迎えます.巣の規模も大きくなり,働きバチの数も増えて危険性が増大します.

夏の間中断されていた植木の手入れが本格的に始まると共に,コガタスズメバチによる刺傷被害が多発します.名古屋ではコガタスズメバチが圧倒的に多いため,被害の大半は庭木の剪定中に発生しています.剪定作業にかかる前に,ハチの出入りがないか慎重に点検してから作業をすると良いでしょう.また,帽子を被り,長袖のシャツを着て手袋をするなど,露出部分の少ない服装を心がけてください.

例年,子どものいたずらによる刺傷被害も少数ながら発生しています.いたずらによる被害は,複数が同時に刺されるのが特徴です.やはり子ども心にも怖さを感じるのでしょうか,一人でいたずらすることは少ないようです.また,オオスズメバチはこれからが被害の増加する時期です.9月・10月の2ヶ月間は,野外活動の際には特に注意してください.