TOPメニュースズメバチによる刺傷被害全国の刺傷被害発生情報 > 刺傷被害発生情報2014

新聞記事で見る全国の刺傷被害発生情報 2014


 スズメバチによる集団刺傷被害が,毎年各地で発生しています.刺傷被害は例年9月から10月にかけて発生することが多いため,秋の野外活動の際には,被害防止に十分注意する必要があります.


【スズメバチに11人が刺される  山梨県】
 8月14日午前10時半頃,、甲府市和田町内の遊歩道をランニングしていた高校のサッカー部員69人中11人がスズメバチに刺され,病院に搬送されたがいずれも軽傷.

【オーナーのコメント】
 キイロスズメバチによる刺傷被害と思われる.しばしば刺傷被害が発生する条件である,”集団”,”走る”という二つのキーワードがこの記事から読み取れるが,事前に防止策を取ることは難しい.


【スズメバチに12人が刺される  福島県】
 8月19日午後5時半頃,二本松市岳温泉で公園から宿舎に帰る途中の小学生12人がスズメバチに刺され,病院に搬送されたがいずれも軽症.

【オーナーのコメント】
 現場近くに巣があったとのことで,これもキイロスズメバチによる刺傷被害と思われる.このケースのキーワードは,”集団”,”子供”である.少人数が静かに通行した時には大丈夫でも,多人数で通行すると被害が発生することがある.特に子供たちの集団が危険であるが,被害を防止することは難しい.


【スズメバチに13人が刺される  神奈川県】
 8月24日午前10時20分頃,横浜市緑区の新治市民の森で、ウオーキング大会に参加していた男女14人がキイロスズメバチに刺され、病院に搬送されたがいずれも軽症.

【オーナーのコメント】
 現場近くにキイロスズメバチの巣が2個あったとのことである.大会には約300人が参加したとあり,少人数が静かに通行したた時は大丈夫でも,多人数で通行すると被害が発生することがある.主催者は事前にコースの周辺を念入りに調査をすることが大切である.


【スズメバチに14人が刺される  千葉県】
 9月2日午前11時30分頃,佐倉市内で、小道を歩いていた保育園児13人と保育士1人がスズメバチに刺され病院に搬送されたがいすれも軽症.

【オーナーのコメント】
 巣は道路脇の草むらの木の根本にあったとのことから,オオスズメバチだと思われる.こども達が集団で歩いたため振動が巣に伝わり攻撃を受けたのであろう.少人数や静かに通行した場合被害が発生しない場合も多く,事前に巣を見つけることは難しいが,注意深く観察すれば巣の所在に気づくことも可能である.


【スズメバチに4人が刺される  愛知県】
 9月7日午後,豊田市にある昭和の森で,遊歩道を歩いていた少年4がスズメバチに刺され、病院に搬送されたがいずれも軽症.

【オーナーのコメント】
 昭和の森へは,以前チャイロスズメバチの調査に出かけたことがあるが,キイロスズメバチよりもオオスズメバチの可能性が高い.こうした大きな公園では常にスズメバチ被害の危険があることに留意して行動する必要がある.


スズメバチに5人が刺され,男性1人が死亡  千葉県
 9月19日午前11時20分頃,千葉県成田市の山林で,草刈り作業中の男性5人がハチに刺され病院に搬送されたが,55歳の男性1人が死亡した.

【オーナーのコメント】
 草刈り中にオオスズメバチの被害に遭うケースは結構多い.死亡事故は単独での作業中が多いが,今回は複数の人が被害に遭う中で発生している.短時間で起こるアナフィラキシーショックでは,病院に搬送する間もなく亡くなることが少なくないので,作業にあたっては,現場の下見に十分時間をかけ,被害防止に努めることが大切である.
 また,こうした作業に従事する人は,以前にもハチにも刺されていることが多いので,抗体検査を実施して自分の抗体価を知っておくと共に,必要ならはアドレナリン自己注射キット(エピペン)を携行するようにすると良い.


【スズメバチに8人が刺される  長崎県】
 9月28日午後2時頃,雲仙市小浜町の雲仙岳山麓で,登山中の男女8人がスズメバチに刺され、病院に搬送されたがいずれも軽症.

【オーナーのコメント】
 キイロスズメバチかオオスズメバチのいずれかによる被害と考えられる.少人数が静かに通行したた時は大丈夫でも,多人数で通行すると被害が発生することがあるが,今回のように登山道を歩いて被害に遭うケースでは,事故の防止は難しい.一度被害が発生するとパニックになり,多数の人が刺されることになるので,刺傷被害が発生後の対処法を良く知っておくことが大切である.


スズメバチに刺され男性1人が死亡  奈良県
  9月28日午後0時50分頃,葛城市内のあぜ道で,サカキを採りに出かけた男性(89歳)がハチに刺されて倒れているのが見つかり,病院に搬送されたが30日に死亡した.

【オーナーのコメント】
 オオスズメバチの可能性が高い.普段入らないような山林に入る時は,周囲の状況に気を配って不用意に巣に近づかないようにしたい.今回のケースは,単独行動のため被害者の発見が遅れ治療までに時間がかかっている。できれば単独行動を避け複数で出かけるようにすると,被害に遭った後の迅速な対処が可能になる.


スズメバチに刺され女性1人が死亡  秋田県
 10月4日午後4時15分頃,由利本荘市内の雑木林で,キノコ採りに出かけていた女性(84歳)が動けなくなっているのが見つかり,病院に搬送されたが約6時間後に死亡した.

【オーナーのコメント】
 これもオオスズメバチの可能性が高い.キノコ採り中の事故はしばしば発生している.な山林に入る時はくれぐれも注意が必要である.今のケースも,単独行動のため被害者の発見が遅れ治療までに時間がかかっている。単独行動を避け複数で出かけるようにすると万一被害に遭っても対応が取りやすい.


【スズメバチに10人が刺される  兵庫県】
 10月8日午後2時頃,芦屋市内の公園で,校外学習に来ていた小学生10人がスズメバチに刺され,病院に搬送されたがいずれも軽症.

【オーナーのコメント】
 遊歩道脇に巣があったようである.新聞により報道内容が違っているが,鳥の巣箱に巣があったという報道もありキイロスズメバチの可能性が高い.少人数が静かに通行した時は大丈夫でも,多人数で通行した際に被害が発生することがあるが,事前の下見で巣を見つけることは難しい.一度被害が発生するとパニックになり,多数の人が刺されることになるので,刺傷被害が発生した際の対処法を良く知っておくことが大切である.


スズメバチに刺され男性1人が死亡  兵庫県
 10月9日午前11時20分頃,たつの市内の山道で,シキミを採りに出かけた男性(79歳)がうずくまっているのが見つかり,病院に搬送されたが,約88時間半後に死亡した。頭部にはハチに刺された痕が十数カ所あった.

【オーナーのコメント】
 これもオオスズメバチの可能性が高い.オスズメバチの被害は10月が結構多い.山林に入る時は,くれぐれも注意周囲の状況に気を配って不用意に巣に近づかないようにしたい.今回のケースも,発見が遅れ治療までに時間がかかっている.たとへ近くの山林であっても,単独行動を避け複数で出かけるようにすると,被害後の迅速な対処が取りやすい.


【スズメバチに15人が刺される  群馬県】
 10月16日午後1時半頃,高崎市内の道路で,マラソン中の高校生15人がスズメバチに刺され,病院に搬送されたがいずれも軽症.

【オーナーのコメント】
 巣は道路脇の石垣にあったとのことで,キイロスズメバチの可能性が高い.多人数で走るという被害発生の典型的なパターンである.石垣中の巣が原因で高校生が刺された事例は,以前京都市の通学路で発生している.ハチの出入りに誰も気づかなかったのであろうか?

事前に巣を発見することの難しさを感じる.


【スズメバチに26人が刺される  熊本県】
 10月16日午後0時頃,上益城郡山都町内の遊歩道で、社会見学に来ていた小学生26人がキイロスズメバチに刺され,病院に搬送されたがいずれも軽症.

【オーナーのコメント】
 遊歩道脇に岩の隙間に巣があったようである.少人数が静かに通行した時は大丈夫でも,多人数で通行した際に被害が発生することがある.一度被害が発生するとパニックになり,多数の人が刺されることになるので,刺傷被害が発生した際の対処法を良く知っておくことも大切である.


【スズメバチに5人が刺される  山形県】
 10月17日午前11時頃,山形市内の公園で,野外学習に来ていた小学生5人がクロスズメバチに刺され,病院に搬送されたがいずれも軽症.

【オーナーのコメント】
 公園内で遊んでいる時に巣を踏むなどして刺激し被害が発生したようである.クロスズメバチは比較的おとなしいハチであるが,巣に刺激を与えると被害が発生することがある.小型で目立たないので巣の所在を見落としがちであるが,しばしば被害が発生しており,注意が必要である.