TOPメニュースズメバチによる刺傷被害全国の刺傷被害発生情報 > 刺傷被害発生情報2011

新聞記事で見る全国の刺傷被害発生情報 2011


【スズメバチに8人が刺される  滋賀県】
 8月6日午前9時50分頃,米原市の山中で,ランニングをしていた中学生8人がスズメバチに刺され,救急車で病院に搬送されたがいずれも軽症.

【オーナーのコメント】
 ハイキングやマラソン中にしばしば被害が発生している.コースが長くなるため十分な下見は困難であろうが,ポイントを絞って巣の有無を注意深く確認する必要がある.


【ハチに5人が刺される  福井県】
 8月21日午前7時半頃,勝山市の登山道で,マラソン大会の参加者5人が頭などをハチに刺され,病院に搬送されたがいずれも軽症.

【オーナーのコメント】
 ”主催者は症状からスズメバチではない判断した”と新聞記事にある.判断の根拠が不明であるが,一般的にはスズメバチによる刺傷被害と考えるのが妥当である.
 おそらくはキイロスズメバチと思われる.本種による刺傷被害は,大人数が参加するハイキングやマラソン大会中にしばしば発生している.
 コースの下見は普通少人数で行われるため,多人数が参加する当日とは状況が異なる.コースが長くなるため十分な下見は難しいが,ポイントを絞って巣の有無を注意深く確認する必要がある.


【ハチに6人が刺される  静岡県】
 9月1日午後1時10分頃,浜松市西区にある小学校の裏山で,小学生5人と教諭1人の合計6人がハチに刺され,病院に搬送されたがいずれも軽症.

【オーナーのコメント】
 学校に隣接する山林での被害は時々発生している.巣が大きくなると危険が増すので,子どもたちが遊ぶ可能性のある場所では,定期的に営巣の有無を確認する必要がある.


【ハチに刺され男性死亡  鹿児島県】
 9月10日午後1時40分頃,南九州市知覧町の山林で、一人で草刈りをしていた男性(83歳)がスズメバチに刺されて死亡した.救助に向かった家族や警察署員など4人もハチに刺された.

【オーナーのコメント】
 おそらくはオオスズメバチであろう.山林での草刈り作業中には,しばしば刺傷被害が発生する.近くに病院のない場所での刺傷は,時として死亡につながることがある.単独行動を避け,複数で行動することが望ましい.
 また,興奮したハチにより2次被害がしばしば発生していいる.救助に際しては十分な装備と注意が必要である.


【スズメバチに24人が刺される  秋田県】
 9月15日午前9時45分頃,秋田市の千秋公園で,校外学習に来ていた小学生21人と教員3人の計24人がキイロスズメバチに刺され,病院に搬送されたがいずれも軽症.

【オーナーのコメント】
 子供たちが野外活動中に集団で刺されるという典型的な事例である.おそらく事前の下見は行われたであろうが,慣れないと巣の発見は意外と難しい.ただし,公園内であり,”巣が樹洞にあった”との事であるから,注意深く調査すれば事前に発見できた可能性もある.


【スズメバチに13人が刺される  岩手県】
 9月18日午前8時半頃,一関市大東町の寺で,草刈り作業中の地元住民13人がスズメバチに刺され,病院に搬送されたがいずれも軽症.

【オーナーのコメント】
 ニュースの映像からオオスズメバチと確認できた.山林での草刈り作業中に発生する集団刺傷被害はオオスズメバチであることが多く,巣が地中にあることが多いため発見は難しい.作業前に慎重に周辺を見回り,安全性を確認する必要がある.


【スズメバチに3人が刺される  山形県】
 9月18日午後2時半頃、西村山郡西川町の朝日連峰で,下山中の高校生2人と教諭11人がハチに刺され,病院に搬送されたがいずれも軽症.

【オーナーのコメント】
 登山中の刺傷被害もしばしば発生する.少人数で登山コースを歩いていての事故は防ぐのが難しい.


【スズメバチに25人が刺される  北海道】
 9月22日午前10時半頃,石狩市内の防風林で,ドングリ拾いをしていた保育園児24人と引率の職1人がスズメバチ刺され,病院で治療を受けたがいずれも軽傷.

【オーナーのコメント】
 ニュースの映像からホオナガスズメバチの仲間と確認できた.これも子供たちが野外活動中に集団で刺されるという典型的な事例である.秋に道路からそれて林内に立ち入り時には細心の注意が必要である.


【スズメバチに3人が刺される  島根県】
 9月24日午後3時半頃、安来市内の神社参道で,大学生3人がスズメバチに刺され,病院に搬送されたがいずれも軽症.

【オーナーのコメント】
 キイロスズメバチかオオスズメバチによる刺傷被害である.報道のとおり参道を歩いていての事故であれば,不運としか言いようがない.


【ハチに刺され女性死亡  鹿児島県】
 9月27日午前11時20分頃,西之表市内の農道脇で,24日から行方不明になっていた女性(80歳)が,ハチに刺されて死亡しているのが見つかった.数メートル離れた土手にスズメバチの巣があった。

【オーナーのコメント】
 おそらくはオオスズメバチであろう.9月10日にも,同じ鹿児島県内の山林で草刈り作業中にの男性が死亡している.山林での作業やキノコ狩り等に出かける際は,十分な注意が必要である.できれば単独行動をせず,複数で出かけるのが望ましい.


【スズメバチに19人が刺される  富山県】
 9月28日午後1時半頃,中新川郡立山町芦峅寺で,下山中の小学生18人と,引率の大人1人がスズメバチに刺され,病院に搬送されたがいずれも軽症.

【オーナーのコメント】
 巣は道路脇の土中にあり,オオスズメバチと思われる.少人数が普通に通行している時には被害が発生しないが,子供たちが多人数で巣の近くを通行した結果,集団で刺されるという事例はしばしば発生する.
 登山路周辺をくまなく調査することは困難であり,被害の予防は難しい.


【スズメバチに4人が刺される  京都府】
 10月2日午前10時半子頃,亀岡市保津町の山道で,ハイキングに4人がスズメバチに刺され,病院に搬送されたがいずれも軽症.

【オーナーのコメント】
 オオスズメバチと思われる.少人数で登山コースを歩いていての事故は防ぐのが難しいが,事前に威嚇行動を察知できれば被害が回避できた可能性もある.


【スズメバチに7人が刺される  広島県】
 10月2日午後1時40分頃,廿日市市原の登山道で、4人がスズメバチに刺され病院に搬送されたがいずれも軽傷.救助の際に救急隊員3人も刺された.

【オーナーのコメント】
 TVニュースの映像からキイロスズメバチと確認された.キイロスズメバチは個体数が多く,速やかに現場を離れないと多数のハチに襲われることになる.
 また,興奮したハチによりしばしば2次被害が発生するので,救助に際しては十分な装備と注意が必要である.


【スズメバチに8人が刺される  和歌山県】
  10月4日午前10時10分頃,紀三井寺市内の小学校近くの山道で,津波の避難訓練中の小学生8人がスズメバチに刺され,病院に搬送されたがいずれも軽傷.

【オーナーのコメント】
 巣は道路脇の樹洞にあり,TVニュースの映像からオオスズメバチと確認された.少人数が普通に通行している間は被害が発生しないが,子供たちが多人数で巣の近くを通行して集団で刺されるという事例はしばしばみられる.事前の調査が大切であるが,巣の発見は容易ではなく被害の予防は難しい.


【スズメバチに刺され男性死亡  兵庫県】
 10月4日午後4時10分頃,篠山市の栗園で,草刈りをしていた男性(83歳)が倒れているが見つかり,病院に搬送されたが約2時間後に死亡が確認された.

【オーナーのコメント】
 TVの映像では,道路に”スズメバチに注意”の看板が出ており,巣は以前から確認されていたようである.草刈りの際の振動が巣に伝わり攻撃を受けたと考えられる.巣の近くで作業する際には細心の注意が必要である.


【ハチに10人が刺される  高知県】
 10月16日午前11時頃、高岡郡四万十町の県道で,マラソン大会の参加者10人が,アシナガバチに刺され,病院に搬送されたがいずれも軽症.コース近くでアシナガバチの巣が見つかった.

【オーナーのコメント】
 主催者が何を根拠にアシナガバチと判断したjかは不明である.おそらくはアシナガバチではなくスズメバチによる刺傷被害と考えられる.本当にアシナガバチであったとすれば,二つの点から大変興味深い事例である.
 ・アシナガバチによる10人もの集団刺傷被害は,営巣活動最盛期であっても通常考えられない.
 ・営巣活動は既に終了しており,仮に巣に多数のハチが群がっていても特に危険な時期ではない.


【スズメバチに11人が刺される  愛媛県】
 10月17日午後3時半頃、四国中央市新宮町の山道で,登山中の中学生10人と,付き添いの指導員1人の合計11人がスズメバチに刺され,病院で治療を受けたがいずれも軽症.

【オーナーのコメント】
 キイロスズメバチによる刺傷被害と考えられるが,オオスズメバチの可能性も否定できない.少人数が普通に通行している時には被害は発生しないが,子供たちが多人数で巣の近くを通行して集団で刺されるという事例はしばしばみられる.事前の調査が大切であるが,巣の発見は容易ではなく被害の予防は難しい.


【スズメバチに6人が刺される  福岡県】
 10月17日午後4時半頃,田川郡福智町内の通学路で,下校中の小学生6人が道路脇に落ちていたハチの巣の横を通り過ぎようとしてスズメバチに刺され,病院で治療を受けたがいずれも軽症.

【オーナーのコメント】
 コガタスズメバチであろうか? いたずら等で巣が地上に落下し,ハチが興奮状態であったため,付近を通行してだけで指されたケースである.
 コガタスズメバチは,攻撃性が比較的弱く,巣を刺激しなければ近くを通行しても刺傷被害が発生することはほとんど無いが,刺激を受けた巣では攻撃性が強まるので注意が必要である.


【スズメバチに59人が刺される  福岡県】
 10月18日午後2時15分頃,遠賀郡岡垣町の山林で,ボランティアで掃除を終えて学校に戻る途中の中学生55人と,現場に駆けつけた警察官ら2人の合計57人がキイロスズメバチに刺され,病院で治療を受けたがいずれも軽傷。この30分前に林道を通った小学生2人も被害に遭っていた。巣は道路脇のマツの樹洞にあった.

【オーナーのコメント】
 キイロスズメバチの巣の近くを,子供たちが多人数で巣の近くを通行して集団で刺されるという事例はしばしばみられる.当初は今回の事例もこれに該当し,被害の予防は難しいと考えた.
 しかし,その後の報道では”30分前にも2人が刺されていた”とのことであり,この時点で現場の通行禁止や,コースの迂回など,適切な対処が行われていれば被害の拡大は未然に防げたと考えられる.
 人を刺した巣ではスズメバチは興奮状態になっており,近くを通行するだけでさらに被害が発生することが多いので,特に注意が必要である.


【スズメバチに10人が刺される  鹿児島県】
 10月19日午前10時10分頃,鹿児島市宮之浦町の野外活動施設で,林内を散歩中の中学生10人がキイロスズメバチに刺され,病院で手当を受けたがいずれも軽症.

【オーナーのコメント】
 多人数で巣の近くを通行したため刺傷被害が発生した事例である.巣は高さ2mの木の上にあったとのことで,施設の敷地内でもあり事前に見つけることも可能だったと思われる.


【スズメバチに6人が刺される  福岡県】
 10月23日正午すぎ,福岡市南区の油山市民の森で行われたオリエンテーリング大会に参加した親子連れ6人がハチに刺され、病院で治療を受けたがいずれも軽症.

【オーナーのコメント】
 記事の内容からキイロスズメバチによる刺傷被害と考えられる.被害者は道を歩いている時に刺されており,コースの近くに巣があったと思われるが,詳細は不明である.


【スズメバチに15人が刺される  福岡県】
 11月4日午前10時20分頃,田川郡添田町の英彦山で,登山中の小学生15人がキイロスズメバチに刺され,病院で治療を受けたがいずれも軽症.

【オーナーのコメント】
 キイロスズメバチの巣の近くを,子供たちが多人数で巣の近くを通行して集団で刺されるという事例はしばしばみられる.今回のように、樹枝に営巣した大きな巣であっても下見の際には気づけなかったことは,事前調査で巣を見つけることがいかに難しいかを示している.
 新聞記事に,「列の真ん中辺りでハチを追い払うような動きが見えた。」と書かれており,こうした行動がハチを刺激し集団被害につながった可能性がある.


【スズメバチに18人が刺される  静岡県】
 11月8日午後0時40分頃,三島市の市立公園「楽寿園」で,遠足に来ていた幼稚園児18人がクロスズメバチに刺され,病院に搬送されたがいずれも軽症.

【オーナーのコメント】
 管理された公園でのクロスズメバチによる刺傷事例である.クロスズメバチは攻撃性があまり強くないので,付近への立ち入り禁止措置が取られていれば被害は発生しなかったと思われる.クロスズメバチは小さく目立たないが,それでも少し注意すれば,巣の発見は十分可能である.