スズメバチによる刺傷被害刺傷被害発生情報 > 刺傷被害発生情報2008

新聞記事で見る全国の刺傷被害発生情報 2008


【スズメバチに刺され男性死亡  島根県】
 7月14日,松江市内でスズメバチの駆除をしようとした男性(65)がスズメバチに刺され死亡.

【オーナーのコメント】
 スズメバチの駆除をしようとして,不幸にも亡くなられた例であるが,駆除作業中の刺傷被害は結構多く発生している.駆除は簡単に見えても意外と難しいので,専門業者に依頼するのが賢明です.


【スズメバチに22人が刺される  新潟県】
 7月19日午前7時15分ごろ,西蒲原郡弥彦村の弥彦公園の遊歩道で,駅伝練習中の中学生21人と大人1人が刺され,病院に搬送されたがいずれも軽症.

【オーナーのコメント】
 集団刺傷被害が発生するのは8月中旬以降が普通で,7月の被害発生は珍しい.NHKのニュースでも報道されたが,画像からスズメバチの種類は予想通りキイロスズメバチであった.数日前に一度駆除が行われていること,営巣規模,営巣場所等から判断すると,引っ越し後の巣による刺傷事故と考えられる.
 キイロスズメバチは最初の営巣場所が狭くなると,広い場所へ引っ越しをする習性があり,今はちょうどこの時期に当たっている.そのため,軒下などに突然大きな巣が作られ,驚かされることがある.元の巣を見つけ出して一緒に駆除しないと、何度も再営巣する可能性があるので,駆除に際して注意が必要である.引っ越しについて詳しく知りたい時は, 引っ越しをするスズメバチを参照して下さい.


【ハチに刺され男性死亡  新潟県】
 7月22日午前9時ごろ,に村上市の墓地で、81歳の男性が草刈り中スズメバチ?に刺され,午前11時頃、医者の往診を受けたが既に死亡していた.

【オーナーのコメント】
 スズメバチらしいと書かれているが,種類は不明である.アシナガバチの可能性も考えられる.


【スズメバチに3人が刺される  佐賀県】
 8月3日午前9時45分ごろ,唐津市七山滝川の観音の滝近くの遊歩道で,ごみ拾いをしていた市内の小学生1人と大人2人の合計3人がスズメバチに刺され,病院に運ばれたがいずれも軽症.

【オーナーのコメント】
 巣は橋の下にあったとのことから,キイロスズメバチであろう.多人数で通行したため被害が発生したと考えられる.


【ハチに刺され男性死亡  大阪府】
 8月7日午後1時15分ごろ,泉南市で,植木の剪定をしていた男性(56)がハチに刺されて倒れ,病院に運ばれたが間もなく死亡した.

【オーナーのコメント】
 コガタスズメバチによる事故と思われる.記事に直径6cmとありそれほど大きな巣ではないが,働きバチの羽化後は.巣の大小に関係なく注意が必要である.特にコガタスズメバチは生け垣に巣を作ることが多いため,選定中によく被害が発生する.


【スズメバチに11人が刺される  鳥取県】
 8月10日,岩美郡岩美町の海水浴場で,海水浴客ら11人がスズメバチに刺され,3人が病院に運ばれた.

【オーナーのコメント】
 スズメバチの種類は不明であるが,おそらくキイロスズメバチであろう.


【スズメバチに2人が刺される  東京都】
 8月12日午前10時30分ごろ,国分寺市の住宅で,小学生2人が部屋に入ってきたスズメバチに刺され,病院に運ばれたがいずれも軽症.

【オーナーのコメント】
 キイロスズメバチが引っ越し先を探索中に室内に侵入し,被害が発生したと考えられる.


【スズメバチを駆除しようとして寺全焼  新潟県】
 9月3日午前9時半ごろ,小千谷市内の寺院から出火し本堂兼住宅を全焼した.スズメバチの巣を焼き払おうとして,火のついた棒を近づけたところハチに襲われ,投げ捨てた火が燃え広がったという。巣は食堂の押し入れにあった.

【オーナーのコメント】
 刺傷被害ではないが,注意を喚起する意味で掲載した.スズメバチの巣を火で駆除しようとする事例はしばしば耳にするが,危険であり,このように火災に繋がる可能性もあるので,絶対してはいけない.2005年10月にも山形県で民家が全焼したことがある.
 記事の内容から判断すると,ヒメスズメバチの巣だと思われる.ヒメスズメバチは攻撃性が弱いが,体にまとわりつくように飛び回る習性がある.おそらくこれを襲われたと勘違いしての事故であろう.記事には襲われたとあるが,刺されたとは書いていないのもこれを裏付けている.


【スズメバチに19人が刺される  岩手県】
 盛岡市の岩手大学で,スズメバチに襲われる被害が多発し,9月4日までの3日間に19人が刺された.

【オーナーのコメント】
 キイロスズメバチによる刺傷被害かと思われる.それにしても,19人が刺されるまで駆除もせずに放置されているのは,いささかノンビリすぎるような気がするが・・・.もっと速やかな対応が必要なケースである.


【スズメバチに3人が刺される  三重県】
 9月14日午前9時ごろ,尾鷲市の林道で,釣りに来ていた親子2人がスズメバチにそれぞれ10カ所以上を刺された.また,前日の14日午前7時半ごろにも、大人1人が全身を20カ所以上刺されたがいずれも軽症.

【オーナーのコメント】
 キイロスズメバチによる刺傷被害かと思われる.被害の再発を防ぐには,最初の被害があった時点での速やかな対応が必要である.


ハチの巣駆除の火,民家に燃え移る 福島で男性けが  福島県】
 9月15日午後6時15分頃,東白川郡鮫川村で41歳の男性が,自宅軒下にあったスズメバチ巣に火を付け駆除しようとしたところ、火が屋根裏に燃え移り家屋の一部を焼いた.その際,消火しようとしてはしごから転落し男性が負傷.

【オーナーのコメント】
 スズメバチの巣を火で駆除しようとする事例はしばしば耳にするが,危険であり,このように火災に繋がる可能性もあるので,絶対してはいけない.9月3日にも新潟県でお寺が全焼している.駆除の場合もそうであるが,はしごや脚立に乗っての作業は転落の危険があるので注意が必要である.


【スズメバチに刺され男性死亡  石川県】
 9月17日午前10時半ごろ,七尾市でスズメバチに刺され,意識不明の重体になっていた男性(64)が,23日に入院先の病院で死亡.

【オーナーのコメント】
 施設の裏で刺されたとのことで,運が悪かったとしか言いようのない事例である.案外身近な場所に巣があっても気づかないことが多いので,十分な注意が必要である.


【スズメバチに4人が刺される  北海道】
 9月25日午前11時ごろ,札幌市北区の公園で課外授業中の小学生4人がスズメバチに刺ささ,救急車で病院に搬送されたがいずれも軽傷.

【オーナーのコメント】
 キイロスズメバチによる刺傷被害だと思われる.秋口には野外活動中の集団刺傷被害が多いので,事前の下見等十分な注意が必要である.


【スズメバチに11人が刺される  福岡県】
 9月28日午前10時半ごろ,北九州市八幡東区の遊歩道で,ウオーキングイベントに参加していた男女10人と,通報で駆けつけた消防隊員1人の計11人がスズメバチに刺され,内7人が病院に搬送されたがいずれも軽傷.

【オーナーのコメント】
 キイロスズメバチによる刺傷被害である.秋口には野外活動中の集団刺傷被害が多いので,多人数が参加するような行事では,事前の下見等十分な注意が必要である.
 また,ハチが興奮状態になっているので,2次被害の発生も考慮し,慎重な対処が必要となる.


【スズメバチに7人が刺される  新潟県】
 9月28日午前9時50分ごろ,新潟市西区の遊歩道脇で,草刈りのボランティア活動を行っていた中学生6人と近くの男性1人の計7人がスズメバチに刺され,病院に搬送されたがいずれも軽傷.

【オーナーのコメント】
 記事によればオオスズメバチによる刺傷被害である.秋口には野外活動中の集団刺傷被害が多いので,道路以外の場所で作業する時には,特に注意が必要である.


【スズメバチに14人が刺される  京都府】
 10月1日午後1時10分ごろ,綾部市の山林で,体験学習にきていた中学生男女14人がスズメバチに顔や頭などを刺され,病院に搬送されたがいずれも症状.

【オーナーのコメント】
 オオスズメバチによる刺傷被害である可能性が高い.秋口には野外活動中の集団刺傷被害が多いので,道路以外の場所では特に注意が必要である.


【スズメバチに4人が刺される  滋賀県】
 10月4午後0時50分ごろ、長浜市の民運動広場内の林で,子ども4人がスズメバチの巣に石を投げて遊んでいて頭や腕などを刺されたが,いずれも軽傷.

【オーナーのコメント】
 コガタスズメバチによる刺傷被害である可能性が高い.子どものいたずらは複数人に被害が発生するのが特徴である.
 名古屋市でも,9月に通学路に面した樹木に営巣していたコガタスズメバチの巣にいたずらで石を投げ,4人が刺され内1人が救急車で病院に搬送されるという事故があった.


【スズメバチに9人が刺される  新潟県】
 
10月5日午前11時ごろ,糸魚川市内の林道で,サイクリングのイベントに参加していた大人9人がハチに刺され,内1人がハチを追い払おうとして転倒し,肩の骨を折る大けがをして病院に搬送されたが,他の8人は軽傷.

【オーナーのコメント】
 記事にはアシナガバチらしいとあるが,この時期にアシナガバチによる集団刺傷被害は考えられない.小型のハチであったとのことから,キイロスズメバチである可能性が高い.2005年9月にも秋田県でサイクリング大会中にキイロスズメバチに6人が刺されたことがある.


【スズメバチに刺され男性死亡  兵庫県】
 10月12日午前7時半ごろ,神崎郡福崎町の山中で、前日からマッタケ採りに出かけていた67歳の男性が,スズメバチに刺され死亡しているのが見つかった.全身に100ヶ所以上の刺し傷があった.

【オーナーのコメント】
 オオスズメバチによるものと考えられる.秋のキノコ狩りではしばしば刺傷被害が発生しており,林内を通行する際には周辺に十分注意する必要がある.また,スズメバチに限らず危険防止の意味からも,できるだけ単独行動は慎むべきである.