TOPメニュースズメバチカレンダー10 月 | 11 月 | 12 月

11月のスズメバチ

名古屋市を基準に書いています.地方により状況は少し異なります.

 コガタスズメバチやモンスズメバチは,ほとんどの巣で営巣活動が終わっています.キイロスズメバチやオオスズメバチはまだしばらく活動が続きますから,引き続き注意が必要です.


コガタスズメバチ

大部分の巣で新女王バチが全て羽化して巣を離れ越冬中で,巣の中には少数の働きバチが残っているだけです.しかし,新女王バチと働きバチがまだ多数残っている巣もあります.時には刺傷被害も発生していますから油断は禁物です.

 ただし,巣を見つけても危険な時期は既に過ぎていますから,無理に駆除する必要はありません.そのまま放置しておいても今月末には巣はほとんど空になってしまいます.

キイロスズメバチ

今月一杯は活動が続きますから,もうしばらくは刺傷被害に注意が必要です.暖かな日にはチャノキやサザンカの花などによく吸蜜にやって来ます.また,晴天の日には,午前中から午後にかけて,オスバチが交尾のため高い建物に集まってきて,時には建物内に侵入してくることがあります.

ヒメスズメバチ

営巣活動は既に終わり新女王バチは越冬中です.

モンスズメバチ

営巣活動が終わり新女王バチは越冬中です.

オオスズメバチ

今月一杯は活動が続きます.新女王バチが羽化中で,中旬頃まで晴天の午前中にオスバチが交尾のために巣の周辺を飛び回り驚かされることがあります.

その他にも,ヒメスズメバチと同じように高層ビルの屋上付近をオスが多数飛び交うことがあります.もうしばらくは刺傷被害にも注意が必要です.