TOPメニュースズメバチカレンダー7月8月 > 引っ越しをするスズメバチ

引っ越しをするスズメバチ


キイロスズメバチ,モンスズメバチ,チャイロスズメバチの3種は,働きバチの羽化後に最初の営巣場所が手狭になると,より広い場所を求めて引っ越しをする習性があります.

引っ越しの時期は7月〜8月にかけてで,キイロスズメバチの場合,営巣の候補地に働きバチが集団を作ったり,建物内に入り込んだりして時々相談が寄せられます.営巣場所が決定すると多数の働きバチが一斉に巣作りに参加するため,今まで何も無かった場所に急に巣ができて驚かされることがあります.軒下などの開放空間に作られる巣は大部分がこうした引越後の巣です.

元の巣は新巣から数m〜数十m程度の距離にある場合が多く,引っ越しの時期に新しくできた巣の駆除を行うと,元の巣から飛来した働きバチによって何度も巣が再建されることがあります.働きバチは,全ての幼虫が羽化するまでの1ヶ月間位,新らしい巣と元の巣の間を行き来して子育てを行い,全てのハチが羽化すると新らしい巣に移動します.再営巣を防ぐためには,元の巣を見つけ出して一緒に駆除する必要があります.


●● 詳しくはこちらをクリック ●●