TOPメニュースズメバチはなぜ刺すかアナフィラキシーショック > エピペン

エピペン (エピペン注射液0.3mg)


ハチ刺傷によるアナフィラキシー症状を緩和するための自己注射器”エピペン”が,医師の処方により入手できるようになりました.

主成分はアドレナリンで,強心作用,血圧の上昇作用,気管支の拡張作用があり,アナフィラキシーの徴候や症状を感じた時に速やかに注射すると,ショック症状を軽減させる効果があります.吐き気,発汗,めまい,じんま疹,ふるえなどの初期症状がみられた場合は,ショック症状が発現する前にすみやかに注射します.

エピペンの投与対象者は,ハチ刺傷によるアナフィラキシーの既往のある人,またはアナフィラキシーを発現する可能性の高い人(ハチ刺傷時に全身症状が見られ,かつ抗体価が高い人)です.症状出現後30分以内(遅くとも60分以内)に注射すれば,死亡者を減少させる効果が期待できます.ただし,適正に使用しないと重大な事故につながる可能性がありますから,使用に当たっては十分な注意が必要です.

今までは保険が適用されませんでしたが,2011年9月22日から保険が適用されることになりました.薬価は大人用の0.3mg規格が10,950円,子供用の0.15mg規格が8,112円です.


※ 食物アレルギーなどにも使用できます.子供用のエピペン注射液0.15mgもあります.
詳しくは” エピペンのホームページ”をご覧下さい.