ホーム

防災関心度テスト

防災関心度を高めましょう、自然災害から人的は災害だと常に関心度を高めましょう

ゲーム感覚で試せる防災関心度テスト
わが家の防災認識心得と安全チェックを考えましょう。
災害は忘れた頃に・・・と良く言われますが人ごとではなく自然現象は仕方がないでは、すみません。
常識では解っていても、非常時の行動は実際には難しいものです。
非常事態に備えての備品チェック「非常持ち出し、非常時の飲料水、救急医療品、消化器、携帯FMラジオ、懐中電灯、避難場所や連絡方法の打ち合わせ等々日頃からの危機意識大切ですね。
非常時の行動は常、日頃から関心を高め話し合う事が大切です。

他の診断テストコーナー
木造耐震診断日曜大工さん度チェック 我が家の健康チェック
災害の備えは日頃から我が家の木造住宅簡易耐震診断ページ追加しました

 YES/NO(16項目全て)どちらかにマークし自己診断結果ボタンを押すと結果が表示されます
※参考資料 消防科学センター配布書類

番号 YES No 現状また、非常時に実際に行動できると、思う想定で行ってください。
1 防災訓練などは積極的に参加する。
2 救急医薬品や消火器などの点検は定期的に行っている。
3 家の中で一番安全な場所を決めている。
4 非常時持ちだし袋は、いつでも持ち出しできる。(適度な重量までに注意)
5 幼児や老人の非難分担は決めてある。
6 災害時、家族の連絡方法やおち合う場所など話し合った事がある。
7 いざ、の時の非常脱出口はいつも考えている。(慌てて飛び出さない)
8 火災防止、工夫として「自動消火装置」などの器具を使用している。
9 避難カードは作成してあり、いつでも携帯できる。
10 家や廻りの危険ヵ所など、老朽化したところは補強に心がけている。
11 自動車による避難は交通混乱のもとだ。
12 万一出火した時など大声で知らせる事ができる。
13 ラジオはFM放送も聞けるやつを持っている。
14 軽いケガなどは、協力し合って応急的な救護助け合いができる
15 非常時の避難場所など、知っている。
16 非常時も落ち着いて行動ができるほうだ。

診断判定結果は、→
 
採点基準表 Aランク Bランク Cランク Dランク
関心度低い 0〜25% 26〜50% 51〜75% 76〜100% 関心度、行度高い

質問、疑問、感想