ホームに戻る過去ログ一覧
tyouken  ♪♪大工さんの気楽な掲示板(●^=^●) 過去ログ No.38
メッセージ数:1900件

<1900> 管理のおっちゃん ■2004年01月20日 火曜日 21時37分22秒
> カムカムさん
> カムカムさんは本式の昔の無垢材のイナゴ天井なんですよ
そういうのは大昔一度か二度やったかなー?・・・
おれっちの今の話は印天のベニヤ天井板の事でメチが貼ってあるやつなんですー
昨今はそんなのをイナゴ天井といわないかな?・・・
そんなんですが今日は2間貼ってきました、、ハイ、、(^。^)。。。
<1899> カムカム ■2004年01月19日 月曜日 22時29分27秒
こんばんわ
今日も明け方雪でした。どこに住んでるんだ(^_^)?
イナゴ天井はやっているのを見たことはあります。丸鉋で裏を削ってしなわせて重ねていくんですよね?電気屋の使うステップルの足を折り曲げてイナゴを打ち込みました。それが普通かと思っていましたが、改造の現場でイナゴ天井の天井裏へ入ったら板に三角のアリが掘ってありそこに同じく三角のイナゴが挿してあって『なるほど』と勉強になった覚えがあります。

ところでイナゴ天井のイナゴは田んぼのイナゴの事ですよね?形からしてそうだと思い込んでいますが・・・
 秋の珍味として酒のつまに欠かせませんね。
<1898> 管理のおっちゃん ■2004年01月17日 土曜日 19時31分32秒
こんばんはD工(でぇ〜く)さん
寒いですねー
名古屋も今日は一日雪がちらついていました
道路は大丈夫でしたが結構、脇には積もってたりして寒かったですよ〜・・・
伸びの話ですが、、、
この地方でも伸びのある建物はあるんですよ、、
丁度今、借家のイナゴ天井の張替え依頼があるんですが、材木屋も在庫などは全くなく四国から取り寄せたそうです
もっともイナゴ天井板なんて、もう皆さんも、めった使わないでしょ、、
ちなみにこの地方の伸びのある家は柱の内法で6尺/9尺/12尺15尺と言った按配が多いですよ
<1897> D工(でぇ〜く) ■2004年01月16日 金曜日 21時57分07秒
こんばんはD工(でぇ〜く)です。

やはり定尺も短いのがあるんですね〜
関西は長い方だけなんですよ。
1間→6尺6寸 1.5間→9尺9寸 2間→13尺2寸
なんですよ 
<1896> 管理のおっちゃん ■2004年01月16日 金曜日 19時41分45秒
> D工(でぇ〜く)
最近は材木やでも骨材を多く在庫として扱っているところは無いようです
構造材は需要も少なくて在庫をおけば結局、使い物にならなくなるので発注ご注文するようですよ
木材の定尺ですが、そちらと同じと思いますよ
正確はちょっと忘れてますが多分1Kは6尺3寸と6尺6寸
1.5Kは9尺?寸(短いほうは思い出せません)と10尺 2Kは12尺6寸と13尺2寸だったと思いますが
しっかりは忘れています(-_-)、、、
<1895> D工(でぇ〜く) ■2004年01月15日 木曜日 20時34分13秒
>おっちゃん

下の話は通柱間2間の胴差の話です。
桁などは金輪で継ぐので両持ち出しになります
し、長物を注文するときもあります。

梁は14尺物、重ね梁の場合は15尺物を持ってきます。

胴差、床梁、頭つなぎなどは2寸切代で仕事できます。

結局 関東の2間材の長さは・・・?
<1894> 管理のおっちゃん ■2004年01月15日 木曜日 19時59分31秒
> ちんくるさん
しっかり回答いただき有難うございます
昨今、こんな公務員たいしつじゃ、おちおち信用できませんわ、、、
悪用する人のヒントみたいなことやてて、気をつけてほしいですねー

研磨機は特別に変わったものではないですよ、
ただスライドさせるのが自動じゃなくて手動でハンドルを左右スライドさせるのがちがうだけです

> D工(でぇ〜く)
関西では2間は芯々13尺あるので、、、ってありますが、
構造材など継ぎ手持ち出しが定尺13.2尺やトウ尺では足りないことになりませんか?・・・

研磨機ですが、今のは、仕上げ砥石が良いのか、裏バリの出ない様になっていて、裏を仕上げなくていいんだよね、、、

<1893> ちんくる ■2004年01月14日 水曜日 21時51分17秒
おっちゃん
>自動ではないですが、ハンドル手回しのやつで、自分で研ぎます角度や、刃先とグラインダ>合わせはそせぞせ用途の刃によってそのつど設定しなければいけますんが、、、荒研ぎ仕上>げ研ぎの工程になります水は循環式の動力モーターのもの使っていますが、もう古いですねー
 すみません、どのようなものか見たことがなく想像できません。あとでゆっくり教えてくださいね。

>今日、消防署の人が尋ねてきまして家ちのおばあさんの事を調べにきたんですが、、いきな>りの調べ始めに、ちょっと待てよ、て言いました、昨今俺俺○○ってのも怪しい物売りも多>いしで、カタリじゃないか?・・・身分証明書見せろ言ったんだよ、、そしたら、持参し
>て。いませんと言う、、、公務員は、訪問の際、本人を証明できるものを携帯して無くてい>いものなのですか、、、法規的にはどう言う事になってる?・・・
 公務員が、何らかの職権で取調べをする時は
必ず、その証明等を所持し、要求があれば、見せなければならないことになっています。警察でも本当は、ドラマのように警察手帳ではなく身分証明書を見せる義務があるのです。怪しい時は、身分証明等を見せるよう要求するのが正解ですよ おっちゃん。
 ちなみに、公務員は原則として現金は扱いません。(住民票の300円などは除く)必ず税金でも、罰金でも銀行で振り込むようになっています。これは、不正を防いだり、犯罪に利用されないためです。もし、公務員のようなふうで現金を請求したりしたらこれは怪しいです。
 こんなことはないと思いますが、もし消防署の消防官が 消火器を売るとしたら、代金は現金で請求せずに銀行への納入通知書をわたすことになります。
e-mail : <heiroku@mail.goo.ne.jp>
<1892> D工(でぇ〜く) ■2004年01月14日 水曜日 21時41分52秒
>おっちゃん
関東間の2間はわかるんですが、材木の寸法のことです、関西では2間は芯々13尺あるので2間物の材木を買えば、切代が2寸取れますが
たまに関東間の家を刻むと1尺2寸も切らないといけないんです。
それで関東間に使う材木は短いんじゃないかと
思ったわけなんですヨ。

>鉋や鑿の仕上げ砥ぎは表で終わります・・・
これは私も長いこと裏で終わっていたんですが
表で終わるのが正しい(理にかなっている)そうです、説明はできませんが・・・(笑)

金床も少し曲面になっているものがありますね
<1891> ちんくる ■2004年01月14日 水曜日 21時20分23秒
D工(でぇ〜く)さん ありがとうございます。
>東京の2間の木は短いですか?
買いませんので良く分かりません。しかし、3640mmではないでしょうか。造作材も部屋の寸法が芯・芯で3640mmですからこれでよいのだと思いますが、ちなみに、自宅に使った縁甲板は岐阜の加工組合のもので4mでした構造材は、3m・4m・5mですよね。
>自動カンナや手押しカンナの刃は一度 しのぎ>面の中すきをしてから刃先だけ仕上げるほうが
>よく切れるそうです。
 やっぱりそうですか、ということは、鎬面を両頭グラインダー等で中すきするのですね。そうすれば、私の場合にも手で砥ぐ時、早く刃がかえりますよ!! ありがとうございます。
>再度、鉋の裏だしにはヒッターとか言う器具も>あるようです。
 そうですね、多分ポンチで叩く感じだと思いますが、やはり金床は大玄翁がよく、しっくりするように、間に鉛でも敷いたら良いかなと考えています。
>鑿も鉋も裏が大事です、皆さん鑿の裏は刃先だ>け砥いでませんんか〜だめですよ〜(笑)
 先だけを砥ぐことはありませんでしたが、これから気をつけます。
>皆さんは鉋や鑿の仕上げ砥ぎは表で終わります>か、それとも裏で終わりますか?
 私は、あまり注意していませんでしたが、表で終わることが多いです。皆さんいろいろでしょうね。勇気をもって書きます。
e-mail : <heiroku@mail.goo.ne.jp>
<1890> 管理のおっちゃん ■2004年01月14日 水曜日 20時33分00秒
> D工(でぇ〜くさん
書くの忘れてました(-_-)、、、
関東間は小さいですよー
ちなみに2Kは3640mmです
なんか超仕上げで仕上げたやつは、押さえて削るんで、一度水打って
後でみたら見られたもんじゃないねー

ちんくるさんよく法律詳しいんで聞くけどね、、、
今日、消防署の人が尋ねてきまして家ちのおばあさんの事を調べにきたんですが、、
いきなりの調べ始めに、ちょっと待てよ、て言いました、
昨今俺俺○○ってのも怪しい物売りも多いしで、カタリじゃないか?・・・
身分証明書見せろ言ったんだよ、、そしたら、持参していませんと言う、、、
公務員は、訪問の際、本人を証明できるものを携帯して無くていいものなのですか、、、法規的にはどう言う事になってる?・・・
<1889> D工(でぇ〜く) ■2004年01月14日 水曜日 20時19分41秒
再度、鉋の裏だしにはヒッターとか言う器具もあるようです。

鑿も鉋も裏が大事です、皆さん鑿の裏は刃先だけ砥いでませんんか〜だめですよ〜(笑)

皆さんは鉋や鑿の仕上げ砥ぎは表で終わりますか、それとも裏で終わりますか?
<1888> 管理のおっちゃん ■2004年01月14日 水曜日 20時13分23秒
> 修行中君
そんなふうに打てるって事は、難しいことで
本当は腕がいいんだよ(^。^)。。。

> ぎんさん
何処の山に出るんですか〜
ヨットして、ぎんさん京都の方ですか?・・・
何処でいい砥石出るのかも知らんけどね、俺は、、、

> ちんくる
自動ではないですが、ハンドル手回しのやつで、自分で研ぎます
角度や、刃先とグラインダ合わせはそせぞせ用途の刃によってそのつど設定しなければいけますんが、、、荒研ぎ/仕上げ研ぎの工程になります
水は循環式の動力モーターのもの使っていますが、もう古いですねー
<1887> D工(でぇ〜く) ■2004年01月14日 水曜日 20時10分07秒
>ちんくるさん
東京の2間の木は短いですか?

自動カンナや手押しカンナの刃は一度 しのぎ面の中すきをしてから刃先だけ仕上げるほうが
よく切れるそうです。
<1886> ちんくる ■2004年01月14日 水曜日 19時43分48秒
 皆さん、いろいろな鉋の裏押し砥ぎの紹介ありがとうございます。このような道具の仕立てや手入れが分からなくなっては、ものづくり日本の崩壊です、少しぐらい頑固と言われてもいいから残したいものです。
 おっちゃん、自動カンナや手押しカンナの刃の砥ぎはどのようにやりますか?
 私は、外した刃を板に固定し、上からダイヤモンド砥石を手で持って砥ぎます。裏がかえったらセラミック砥石で砥ぎ、おしまいです。
e-mail : <heiroku@mail.goo.ne.jp>
<1885> 修行中 ■2004年01月14日 水曜日 19時41分05秒
>きんさん
はじめましてー^^
ですよねー、ずれますよねー
うちの会社はみんなサネからですんよー
今度 壁際から打とうー^^
<1884> ぎん ■2004年01月14日 水曜日 00時34分28秒
>修行中さん
私は壁際からですよ。フィニッシュでとめておいてからですね。
サネを先に打つと墨からずれませんか?

砥石は ダイヤモンドでのこぎりになったかわいそうなノミをスーッと直してから中砥〜です。
昔は山菜とりの時期に天然ものを親方とよく取りにいったものですね〜。。 


<1883> 修行中 ■2004年01月13日 火曜日 21時36分49秒
こんばんは。
床板の張りはじめについての質問です。
例えば1尺のフローリングだとして、サネが2分の場合、板を切らずにはるとしたら、僕は1尺2分で墨を打ってサネほうを先に止めて後から壁になるほうを留めるんですけど・・・。こないだ会社の人にそれじゃ駄目だって言われたんですけど。
みなさんどのようにしてますか?
<1882> 管理のおっちゃん ■2004年01月13日 火曜日 19時12分29秒
> D工(でぇ〜く)
こちらは、芯々で伸びが無く楽ですよ、、、
と、いっても伸びのある場合もありますが、ひと伸びは柱1本です
俺は削り物下手だから、そんな高価な合わせは買えません(-_-)、、、
超仕上げやプレなーの刃研ぎの後一様天然の砥石で裏仕上げてる程度ですわ・・・
皆さんは電動のでかい刃なんかはキット研ぎやに出すんでしょう、、
俺は全て自前でやってますが、、

> カムカムさん
そんなの俺は使ったこと無いけど、昨今墨付けもしないから便利そですね
俺は鉄道線路のきれっぱし出やってたけど、、、
最近、鉋使わないしで面倒なときはグラインダ(-_-)、、、
こんな大工もおるんかいな?・・・
<1881> カムカム ■2004年01月12日 月曜日 23時09分01秒
こんばんわ

さしがねは僕達も尺六寸五分です。墨つけ用は柔らかい物を使います。裏目が表目と同じになっているさしがねを間違えて買ってしまいましたが、造作には結構便利です

木材の長さも基本的にはD工さんと同じですが、両端棹挿しの場合などは十五尺を頼んでいます。

裏出しは大玄翁を縦に置き、柄を足で踏んで固定します。そして刃物を左手で左右に動かしながら小玄翁で叩いています。おっちゃんの言う通り音がカチャカチャ言っていては裏は出ませんね。 あと冬場は刃物を暖めてから叩くと割れる事も少なくなる気がします。気のせい?
url : <http://www.kakamukoumuten.jp/>
e-mail : <hiro@kkmukoumuten.jp>
<1880> D工(でぇ〜く) ■2004年01月12日 月曜日 22時32分17秒
こんばんはD工です。

さしがね、私のところは1尺6寸5分あります、それと1尺6寸2分5厘のところに目盛りがあります
これは半間が3尺2寸5分だからです。

私は図面はミリメートル、現場の墨付けは尺寸です。

さしがねが短いと言うことは木材も短いんですか?
2間の木の長さはどれくらいありますか?
私のところは13尺2寸(4m)あります。

砥石の面直しはブロックと砂でやっています
段々と砂粒が小さくなると中砥、仕上げと直していきます、最後には仕上げの砥石と中砥をすり合わせて仕上げます。名倉砥石を使う方もいるようです。
私が職業訓練校で習ったときにはガラス板と金剛砂でした。

昨年の削ろう会に行った時には、80万円の合わせ砥を見ました。

>おっちゃん
両方に傾げるスライダーも持っていますが、制度は片方傾斜の方がいいように思いますよ。
反対の傾斜は墨線が合わしにくいです。
<1879> 管理のおっちゃん ■2004年01月12日 月曜日 20時34分07秒
> 修行中君
ゴメンね、、、
愛知県ですから全く知らないんでお役に立てません

> ぎんさん
頑張っているんですね〜・・・
仕事あるうちは頑張ってやってください
やりたくても暇になれば現場が恋しくなどものですよ、、、俺のコッチャってか(-_-)、、、

> mahideさん
今でも寸を使ってるんですね
俺も寸使ってますが、、、もう少しメモリ切ってあったんじゃなかったかなー?・・・
多分1尺5寸8分くらいだと思ったけど?・・・

> ちんくるさん
おいらは、ブロック持ってきて裏だしのようにやってます
いまどき天然は合わせ以外使ってないんじゃないですか?・・・
昔は砥石の大直し用の砥石も有ったんだよね〜・・・
人造も何番とか良く知らずにみてこれくらいのもって感じでいい加減な大工なんですよ(-_-)、、、
裏だしは、やっぱり経験出なきゃ覚えるのには難しいですね、、、音で判断する訳で、、、
<1878> ちんくる ■2004年01月12日 月曜日 18時06分42秒
>D工(でぇ〜く) さん
>関東のサシガネって短いんですか?
>以前、尺5寸5分の差し金を見たものですか>ら
関東が短いかどうかはわかりませんが、尺5寸5分が多いようです。
 今日、砥石の面直しをしました。私は、平面の出た御影石 1尺×2尺の板を作業場の外に置いてあり、そこに金剛砂を撒きそこにごしごし擦り付けます。(水をつける場合もあります)よく削れてすぐ平らになります。本来、砥石どうしでやるとか、面直し用の砥石とかありますが・・・我流のやり方です。皆さんはどのようにやってますか?
 砥石はセラミックの700番くらいを中砥石に使います。本来100番から1200番くらいが中砥石ですが700番くらいの方が刃のオリが早く便利です。そのあとに、青砥をかけ、合せ砥を使います。ちなみに、中砥石はスエヒロ セラックスと書いてあります、青砥と合せ砥石は天然です。
 決して良いものは使ってません。こっぱなど砥石屋から安く買ってきて鑿や小鉋を研いでいます。セラミック砥石もこっは゜がないかな便利なのに。
 皆さんの企業秘密も知りたいです。裏押しの方法と、鎬をたたいて刃を出すときの注意点・画期的なアイデア等ありましたら教えてください。
e-mail : <heiroku@mail.goo.ne.jp>
<1877> mahide ■2004年01月12日 月曜日 05時16分14秒
こんにちは、さしがねは確かに関東の方は尺五寸五分ですね!
こっちで大工やり出したときは使いにくくて困りました・・・w
大工の学校を探されてるみたいですけど、専門学校じゃなく職人の学校ですか?
確か東京の池袋には、職人養成みたいな学校はありますが。 (基礎工事から完成までをすべて、自分たちの手で作っていく学校)
名前は度忘れしちゃいました。^^;
<1876> ぎん ■2004年01月11日 日曜日 21時51分56秒
>ちんくるさん
スライド」の方についているはずです。
フランジ?でしたっけ・・・をひっくりかえすと合うようになっていたはずです(多分)

今日もお仕事 今月は一日も休めません。。。貧乏暇なしとはよく言ったもの(グスン)
<1875> 修行中 ■2004年01月11日 日曜日 21時40分58秒
みなさんに質問です!
神奈川で大工学校を探しているのですが、
なかなか見つかりません・・・。
どなたかご存知のかたいたら教えてもらいたいのですがー。
よろしくおねがいします。
<1874> 管理のおっちゃん ■2004年01月10日 土曜日 20時17分39秒
> カムカムさん
そうですか、おっちゃんは聞いたことはあっても
今だ実際の所は見てませんんで実感は解かりません
カムカムさんも早く、お仲間入りしてくださいね

> D工(でぇ〜く)
最近じゃ〜皆さん両方に傾げるスライダーばかり持ってるんでしょ
俺なんか、ふるいのばかりで新しい道具は買えませんわ(-_-)、、、

> ぎんさん
書き込み有難うございます
大きいの(4寸切り)は火打ちなんかを良く切ってましたが
結構きつくて、煙、ボーボー出ても切ってました(-_-)、、、
皆さん色んな経験したり、得意な知恵を持って仕事してるのには、脱帽です
頑張って寒い時期乗り切ってください

> ちんくるさん
気楽な掲示板ですから18禁以外なんでもOKですよ(^。^)。。。
ただ、おっちゃんのレベルではお相手不足の面が、ご容赦願いますね
そうですか月日は同じなんですね〜・・・
ねん、の方だけは、ちんくるさんに追い越されることは無いですよ(^。^)。。。

<1873> ちんくる ■2004年01月10日 土曜日 09時05分49秒
>ぎんさん
 190のスライドは有ったのは知りませんでした。それは、15.9mm→20mmのワッシャが付いているのですかね。
>カムカムさん
 太子講は今でもあるんですね。若い者はネットで情報交流 現代版太子講ですね。
>おっちゃん
 言いたいことばかり書いてすみません。
話は変わりますが、私も10月6日生まれです。年は多分私の方がずいぶん下だと思いますがね。よろしくお願いします。
e-mail : <heiroku@mail.goo.ne.jp>
<1872> ぎん ■2004年01月10日 土曜日 00時34分28秒
>ちんくるさん
190のスライドは有りますし
普通に丸のこの刃も使えますよ
今は尺ぎりの小型のスライドも有りますが、昔は無かったので 大型の物が重宝
したのです。
なぜ尺切りの?とおもいますが
フロアーを切るのにいいのです。
皆さんも2台(大小)はあると思います。
太さだけでは無いのです。
それと 研磨代は刃数により違うので
径で変わるわけでないのです。
刃そのものは高いのですけどね・・
<1871> D工(でぇ〜く) ■2004年01月09日 金曜日 22時13分57秒
>ちんくるさん
私は216のものを使ってます、
190の刃のスライド丸ノコもあったように思いますが・・

ところで、ちんくるさん
関東のサシガネって短いんですか?
以前、尺5寸5分の差し金を見たものですから
url : <http://www.arida-net.ne.jp/~norioka/d93.html>
<1870> ちんくる ■2004年01月09日 金曜日 22時01分58秒
 おっちゃん、変なこと書いてすみません。このような書き込みは今後控えさせていただきます。
話題を変えて
 皆さん、スライド丸ノコをお使いだと思いますが、どのくらいの径の刃を使っていますか?
216.255.300?でもこれって高価ですよね。そんなに太いものばかり切りますか? 手持ち丸ノコの190の刃か何か使えたらよいと思うのですがどうでしょうか?でもスライド用の刃は穴が25.4mm手持用のは20mmで使えないよと言うかもしれません、しかしよく見てください。スライド用の軸は15.9mmです。つまり、15.9mm→20mmのワッシャがあれば使えるのです。安いノコ刃が使えて便利だと思います。
 そんなの知ってるよ!とか そんな使い方しても意味ないよ!とかありましたらご意見ください。
e-mail : <heiroku@mail.goo.ne.jp>
<1869> カムカム ■2004年01月09日 金曜日 21時49分38秒
>太子講
私たちの地域では、毎年年明け早々に必ず行われます。大工に限らず、建具屋、畳屋、板金屋等の職人達が集まります。ちんくるさんの言われるように、職人達の情報交流の場となっています。また地域の職人の初顔合わせとなっています。偉そうに言いましたが、棟梁や親方がほとんどで、僕はまだ入れてもらえません・・・
url : <http://www.kakamukoumuten.jp/>
e-mail : <hiro@kkmukoumuten.jp>
<1868> 管理のおっちゃん ■2004年01月09日 金曜日 17時23分17秒
> ちんくるsann
聖徳太子は尺金の考案者でもあり中国から仏教を持ってきたり
寺院を日本に沢山建て職人さん達(特に大工さんなど、、)には尊敬されている
人物のようで特にこの時期、太子講なるお祭り事(宗教行事?・・・)
が行われるようですが、この地方では盛んではなく、良く知りません
最近では大工さんでも太子講等と言う言葉自体わからないのではなでしょうか?・・・
ちんくるさんの方がよほど、物知りなんでこの掲示板の大工さんでもご存知人は期待できないのでは?・・・
どうですかねー。。。
<1867> ちんくる ■2004年01月08日 木曜日 20時13分53秒
 皆さんこんばんわ、今正月ですが、今でも太子講をやっている地区や参加している職人さんは居ませんか?私は聞いたことがありませんし知人に職人さんが居ませんので確認できません。昔、地区の職人さんが聖徳太子(サシガネノ発案者?)を奉り・集まり職人さんの情報交流の場になっていたと聞いたことがあります。
 今はそのような場はありませんよね。このような掲示板の中でできれば最高ですね。
e-mail : <heiroku@mail.goo.ne.jp>
<1866> 管理のおっちゃん ■2004年01月08日 木曜日 20時02分13秒
> D工(でぇ〜く)です。
年は俺の方が、かなり上だけど腕は D工(でぇ〜く)さんの大分、下って処です(-_-)、、、ハイ
鉋裏は叩き出せるから糸裏にもできるけど
ノミはたたき出したら使い物にならないんで自然にそんな形になっちゃう訳ですはねー

皆さんも動き出したようですがこれからが本当の寒さ到来、風邪ひかないで頑張ってください、、、
クッション、、おっちゃん(-_-)、、、
<1865> D工(でぇ〜く)です。 ■2004年01月07日 水曜日 22時52分56秒
>鉋の寸八は、鉋の削り幅・・・
了解です、納得しました ありがとう

>ノミのベタ裏鉋の糸裏って聞いたころある・・
もちろんありますよ、D工はおっちゃんとあまり歳が違わないかも・・・(笑)
url : <http://www.arida-net.ne.jp/~norioka/d93.html>
<1864> 管理のおっちゃん ■2004年01月07日 水曜日 17時47分56秒
> りせっとさん
早々から書き込みが沢山、、、縁起が言いやー(^。^)。。。
内容は難しい、、、おつむの程度わかっやうっだよ〜(-_-)、、、
尺一は最近使わないけど、刻みに尺一の尺刃(目の細かさ)使っていたけど切り口が綺麗で重宝してましたが
最近は全て使い捨て刃でーす
確認・・・俺も昔、建築士事務所、開設しないで身内の申請出したことあるんだよ、、、
規模にも寄ると思うけど、業(企業目的)でなければ出せるはずですね

> tetuyaさん
研ぎは自慢じゃないけど俺は下手なんだ(-_-)、、、
ノミのベタ裏鉋の糸裏って聞いたころある?・・・俺の話は古いか〜・・・

> カムカム
そうですよ、、、
台の調整次第で荒しこ、になったり中しこ、になったり、仕上げにしたりするんだよね、
寸四の仕上げ鉋だって十分使えるんだよね、、
俺はちなみに寸八鉋で鉋屑巾/寸四程度(-_-)、、、トホホじゃ、、、

> ちんくるさん
ま〜、、何でも知ってて、腕も立つ。。。
負けてますわ〜・・・・
それでも、やっぱりプロの職人さんの良い友だと持ってるんでしょうに、キット
良く話が出るけど大工連中は建築用語の言葉の由来など良く知らないんですよ、ちんくるさん得意ですか、、、
良く質問が有っても、答えられないんで、これから頼んでいいかな?・・・
<1863> りせっと ■2004年01月07日 水曜日 07時36分18秒
◇ちんくるさん
てっきり建築関係の法律家みたいな職業かと思っていましたが
熱狂的な木造建築ファンとはいえ 脱帽します m(_ _)m
鋸のサイズについても前後に挽ける長さでは と思うのですが
なぜ 刃が一寸短いのか解りません ( ¨;)?
鋸にいたっては 殆ど替え刃式の物になってしまって目立て屋さんにも行かなくなりました σ(^o^;
>自宅の建築確認は自分で取り・登記所の手続きも自分でやりました
登記は可能と聞いておりますが 確認申請は設計士さんの仕事とばかり思っていました (^^;
e-mail : <reset_@nifty.ne.jp>
<1862> tetuya ■2004年01月07日 水曜日 00時16分21秒
凄く盛り上がっていますね。

福岡の玄翁は片一方がとがっています。
でも、オヤジが関東の方で大工仕事をしていたので、八角や四角の玄翁を使っています。
鉋がけは難しい・・・一枚刃の鉋、見た事ありません。杉を削る時は押さえは利かさずにやっています。砥ぎが悪いので一本削るごとに研ぎなおしてやっています(泣)

<1861> カムカム ■2004年01月06日 火曜日 21時35分08秒
すっすごい書き込みですね・・・
大工になりたての頃、鉋は先輩の古を3枚程もらいました。しかしただでくれる鉋なので、台が割れていたり、刃口が三分もある様なものでした。教えてもらいながら掘り込んだのですが、なにせ理屈がわかってないため、今でもまともに使えるのは1枚だけです(^.^; 残りの1枚はハガキを入れてごまかして、もう1つは『なんでも反り鉋』になりました。
 鉋は台次第ですよね〜難しいです(+_+)
<1860> 管理のおっちゃん ■2004年01月06日 火曜日 20時52分49秒
> 大工の徳ちゃん
逆目を起こさないように押さえ込むために押さえを使うんですが
その分、逆目になる部分光沢も消える訳で、、、
光沢をムラ無く仕上げるには1枚鉋を超腕でのいい職人が使ったんだよ、、、
おらっちお呼びじゃないってか(-_-)、、、
徳ちゃん頭良い。。。俺もそんな一枚鉋持ってたんだ、、、気ーつかんかったわー

> D工(でぇ〜く)です
割台、ご説明有難うございました
自分で彫ったのは練習の為一回のみで(-_-)、、、
荒彫りした台買ってきてやってましたが、面倒だと、刃の仕込みつき買って(-_-)、、、、

> りせっとさん
いやいや、いつも詳細な説明ご苦労様です。
小僧の頃、金も無く、古道具屋通いしてましたよー
刃先が短くなったような道具でも凄い切れ味の良かったものも有って、今でも思い出しますよ〜、、
鉋削りしたら一辺に戻るって(-_-)、、、
戻らんかったら2寸鉋で引っ張ってみな、、、結構えらいぞ・・・
<1859> ちんくる ■2004年01月06日 火曜日 20時47分38秒
 りせっとさん 私もそのとおりだと思います。鉋の寸八は、鉋の削り幅で、その幅の鉋屑が出ること目安とすることが正解のようなことを聞いたことがありました。
 あと、鋸のサイズの表記がおかしいですよね。尺・九寸・八寸 ともに刃の長さは一寸足りませんよね。どうやら根元までらしいのですが・・・なぜそうなんでしょう?
 ところで、私は電気通信関係の会社員です。
ただし、熱狂的な木造建築ファンです。おっちゃん勿論、数寄屋も大好きですよ!!
 自分で造ったものは車庫兼物置(6坪)です。遣り方は勿論やりましたが、基礎は左官屋さんにやってもらいましたが、他は自分でやりました。土台は芯持ちの檜、柱は杉の赤身を使い自分で刻もうと思いましたが・・・初めてなのでプレカットに出しました。建て方は親父とやりましたが平屋とはいえ人力で二間ある米松の高さ一尺ある梁は大変でした。
 今はその作業場の中で小物を作って遊んでいます。 よろしくね!!
 あ、それと自宅の建築確認は自分で取り・登記所の手続きも自分でやりました。勿論建築士でもなく・司法書士でもありません。
e-mail : <heiroku@mail.goo.ne.jp>
<1858> りせっと ■2004年01月06日 火曜日 06時51分00秒
僕は今日から仕事始めです♪
◇鉋の寸八、寸六などの寸法は 削り幅だと思います
刃自体は70oあっても刃先の面取りなど差し引くと寸八ぐらいの削り幅くらいですよね
寸八を八分とかは 僕の行っている道具屋さんも言っていいたりますが
これって僕の削り幅だったり・・ (-_-;)
◇玄翁は ここ愛知県三河地方でもいろいろのようですが
僕は 両方の関東風?を使っています
◇ちんくるさん 職業は何をされているんですかさし支えなければ教えてください

さて お腹もへっこんでないし もとの体型に戻れるか・・などと余分な心配をしております σ(^o^;
e-mail : <reset_@nifty.ne.jp>
<1857> D工(でぇ〜く)です。 ■2004年01月05日 月曜日 23時52分42秒
>ちんくるさん
玄翁に関西風と言うのがあるんですか〜
私は和歌山ですが、大玄翁、中玄翁、小玄翁
とも尖ってません。

鉋の寸八、寸六はどこの寸法を言うのでしょう
教えていただけませんか?

割り台は鉋台を創るときに最初は帯鋸で挽き割らずに斧などで木目に沿って割ると言うものです、そうすると目の流れに沿って割れるので
台にしたときに狂いがおきにくいそうです。
url : <http://www.arida-net.ne.jp/~norioka/d93.html>
<1856> 大工の徳ちゃん ■2004年01月05日 月曜日 23時06分16秒
おっちゃん、まいどです。
一枚刃の鉋って使っている人いるんですね。
逆目大変でしょうね。
まあ、一枚刃の鉋で、節だらけの木は削ずらんと思うけど。

そう言えば一枚刃の鉋をもってました。
ボードの面取り、それに台直しもとりあえず一枚刃。
それに木口削りも刃が一枚ですね。
今年も進歩はなさそうな俺。(>_<)
<1855> 管理のおっちゃん ■2004年01月05日 月曜日 21時12分50秒
凄い書き込みでビックリ(*_*)。。。

> 大工の徳ちゃん
1枚刃は難しいけど反り台ならキットできるはずだよ・・・今年も相変わらずね(^。^)。。。

> D工(でぇ〜く)です
包鉋って、もしかしたら鉋の表刃先を台におわえて掘り込むんで、
1枚刃の場合は特にこの方法で仕込むんで鉋口が1mm位前後しか無いようにする仕口のことじゃないですか?・・・
これやった事あるけど、刃先の後ろの台が膨らむと削れないし、ガタがあれば意味ないしで難しいです
割り台って聞いたことあるようだけどなんだっけね〜・・・

> ちんくるさん
大玄翁は普通の平らと丸面を使ってますが中玄翁は
やっぱり色々ですよ、俺は格好が悪いけど片方ポンチ代わりに使えるとがったやつ使っています
昔は貫の釘打にはとても重宝して使っていた癖があるんだよー、、、
あんまり難しい事聞くな(-_-)、、、お年よりは大切に・・・おれのこっちゃ・・・

> りせっと さん
俺1枚はもってるんだぞーーー
但し裏座が失って転がってるやつだけど、しっかり1枚刃は入ってますー(-_-)、、、スマン
昔の話・・・入母屋の破風作り色んな形の鉋や脇取りみたいな道具を作ったが、使わず今は転がってます
俺が1枚仕込めたり使う名人だったら、昨今テレビでタクミって呼ばれとるぞ(^。^)。。。
昨今のテレビ、、タクミって腕よりアイデアマンのように見てるのは俺だけかな?・・・

いまだまともにキーが叩けず難儀します、今日は疲れました
皆様も健康には十分と気をつけて今年も乗り切ってください



<1854> 管理のおっちゃん ■2004年01月05日 月曜日 20時39分14秒
ページが変わって読みにくいので前頁のコピ−です

<1850> D工(でぇ〜く)です。 ■2004年01月04日 日曜日 22時00分04秒

こんばんはD工(でぇ〜く)です。

<1848> mahide ■2004年01月04日 日曜日 19時49分46秒

どうも 宜しくです。
あっと!
自己紹介が遅くなりました。
京都で7年親父の所で大工やって、後は横浜で大工やって20年は越えてるかなっ・・・w
今はリフォームメインでやってま〜す
此処はいろんな面で、勉強になりそう〜  ^−^
知らない事も一杯でてきそうやし!



<1849> りせっと ■2004年01月04日 日曜日 20時21分53秒

みなさん あけまして おめでとうございます♪
暮れから正月中飲んだくれておりました σ(^o^;
◇一枚刃
杉板削ったりするとき 裏座外して削ったりすることはありましたが
一枚刃としては 持っていません m(_ _)m
逆目止めるのは 口の小さい鉋で 極♪薄く削るようにします・・
と言いながらshooさんに教えてもらった替え刃式が主力になっていたりする (@。+) \バキッ
◇ちんくるさん
鉋を台から入れるとか・・恐れ入りました m(_ _)m
僕など小僧のころに挑戦したことはありましたが使い物になりませんでしたよ・・
結局市販の鉋(台付き)を買って微調整する程度でした (^^;
>・・市販の小鉋を、反り台に作ろうと思います・・
鉋の台を直すには真っ直ぐな定規(差しがねなど)で見ていくのですが
反り台ですから ベニヤなどで好みの曲線になる定規を作り それを曲線の定規として使われたらどうでしょう
鉋の刃口は最小限に微調整する程度にされると良いと思います
がんばってくださいね♪
◇仕事始め
僕は 6日から仕事始め・・と言っても3日にちょっと道具いじりしときました (^^;
明日その続きをと思っていますが・・(_ _)zzZ



最近一枚刃の鉋はあつらえないとお目にかかりにくくなりました。
私も一枚刃のものしかもっていませんが、削ろう会に参加している方たちは、二枚刃でも
裏座は利かしていないと言ってましたネ

また、昔の鉋台の箱には包鉋と書いていたのを
ご存じでしょうか、昔の鉋は刃の仕込みはしていましたが、歌口(刃口)は大工が自分で
勝手のいいようにあけたそうです。

鉋台で割台と言うのをご存じでしょうか??
<1853> ちんくる ■2004年01月05日 月曜日 20時09分28秒
 こんにちは、おっちゃんいつもお世話になってます。
 当方の地方の道具屋や鍛冶屋は、鉋の寸法を寸八を八分・寸六を六分のように、寸を省略して表現する場合があります。ごめんなさい、東京だけの呼び方なのでしょうか?
 また、おっちゃんに質問ですが、玄翁は関東と同じ両口ですか、それとも片一方が釘締の関西風ですか、皆さんはどうですか?地域と玄翁の種類を教えてください。正月らしい企画でしょ?
e-mail : <heiroku@mail.goo.ne.jp>
<1852> D工(でぇ〜く)です。 ■2004年01月04日 日曜日 23時38分45秒
こんばんはD工(でぇ〜く)です。
少し訂正します。

最近一枚刃の鉋はあつらえないとお目にかかりにくくなりました。
私も二枚刃のものしかもっていませんが、削ろう会に参加している方たちは、二枚刃でも
裏座は利かしていないと言ってましたネ

また、昔の鉋台の箱には包鉋と書いていたのを
ご存じでしょうか、昔の鉋は刃の仕込みはしていましたが、歌口(刃口)は大工が自分で
勝手のいいようにあけたそうです。

鉋台で割り台と言うのをご存じでしょうか??
url : <http://www.arida-net.ne.jp/~norioka/d93.html>
<1851> 大工の徳ちゃん ■2004年01月04日 日曜日 22時46分11秒
皆さん、おっちゃん。あけましておめでとうございます。
今年も時々おじゃましたい思いまので、よろしくお願いします。

一枚刃の鉋? 鉋の台を打つ? 反り台を作る?
新年早々、あまりに話が高度すぎて・・・・
へぼの僕は・・・(>_<)です。

Copyright (C) 1998 CGI Arkadia All rights reserved.
This script written by Shintaro Wakayama.