太 宰 府 市


水城跡(国指定史跡)


水城跡

福岡の方から来ると太宰府の中心に入る手前に、道路や線路を横切ってこんもりとした緑の丘が続く、それが『日本書紀』」天智三年(664)に「筑紫に大堤を築きて水をたくわえしむ。名づけて水城といふ」と記された水城です。
 前年に日本は朝鮮半島の白村江の戦いで、唐・新羅連合軍に大敗し、百済は再興に失敗し、日本は半島への足がかりを完全に失ってしまった。また、唐・新羅のきょういにさらされて、わが国の情勢は風雲急を告げていた。特に海峡をはさんで新羅と対面する北九州の防衛強化が急務であった。このような緊迫した状況の中で、水城が造られ、防人(さきもり)と烽(とぶひ)が置かれた。翌年(665)には長門国に一城、そしてここ筑紫に大野・椽(き)の二城が築かれた。水城は、博多湾岸に上陸した敵の侵入を防ぐのが目的であった。そのため、博多から筑紫野にかけて広がる平野が、東の四王寺と西の牛頸丘陵によって最も狭くなっている部分をふさぐかたちで造られた。また、西の丘陵地帯に開く小さな道をもふさぐために設けられたのが、春日市の項で述べた小水城である。また基山方面にも小水城(今はこんせきのみ)があり、最近の発掘調査で久留米でも水城らしい土塁跡が見つかるなど、南−有明海−からのせめにも備えたものと思われる。
 全長約1.2km、高さ13m、基底部の幅70〜80mの水城を15世紀の連歌師である宗祗は、「いわば、横たわれる山のごとし」と言った。万葉の昔には,京へ帰る大伴旅人を送った大宰府の官人たちが、別れを惜しんだところでもある。その水城も、築堤当時は、外的の進入もなく幸いなことに活用することはなかったが,鎌倉時代の蒙古襲来の時には、博多方面の戦いで多くの損害をこうむった日本軍が、いったん退却する場所として役立った。そして、現代でも、すべての主要道路がここを通らねばならぬという重要な土地であり、ここに水城を築いた古代人の知恵に、改めて感心するばかりである。



水城はどんな風に出来ているのかな?


水城は自然の丘のように見えるが、人が築いた人工の土手である。その造り方は、両側に仮の土留めの板をおき、その間に土を入れて、棒でつき固める,この工程をくり返し,固くしまった土層を厚く築き上げる,いわゆる版築(はんちく)という技法によっている。(石松好雄『大宰府と多賀城』より)水城では粘土と砂を交互につき固めており、その境や砂層には木枝や葉が多量にはさみ込まれている。それは湿気ぬきのためと思われ,今も砂層からは,雨の日,水が流れ出る。このようにして、幅約80mの広いだんを築き、その上に基底幅15m、高さ7mの土塁を積み重ねる二段式の堤防をつくりあげた。この土塁の外側(博多湾側)には幅60m、深さ四m強の大きな堀が,また内側の大宰府側には幅10mの小さな堀が作られていた。そして堤防の下を通る木樋(もくひ)によって大宰府側から博多湾の堀に水を流し入れたと思われる。木樋は箱型で巨大なヒノキ製の板を組み合わせて作り、全長80mにも及ぶ。
 土塁を築いて、掘りを造り、木樋を使って水をためた水城には、東と西の端に二ヶ所だけ出入り口が開いていた。東門は現在国道3号線が通っているところで、道路わきに礎石が1個残る。西門は太宰府市吉松と推定されており,付近の民家に礎石が残る。
 博多湾方面からの敵を完全にシャットアウトする水城は、以上のような構造をもち,全て1300年前の人々の手によって築かれたものである。



大野城跡(国指定特別史跡)



大野城・四王寺跡石碑

政庁跡より大野山(四王寺)を望む

粕屋郡宇美町,大野城市、太宰府市にまたがる四王寺山には水城が造られた翌年(665)に築造が始まった大野城の跡が残っている。
 外国からの防衛のために築かれた山城で『日本書紀』によると、百済の亡命貴族の憶禮福留と四比福夫の指導によって造られたことがわかる。山の尾根に沿って土塁をつくり、谷は石垣でふさぎ、数ヶ所の城門を設け、それらに囲まれた中に建物を建てた。大野城の土塁も水城と同様に版築工法によって造られ、土塁総延長は8qにも及ぶ。建物は、現在のところ8ヶ所から約70棟分の礎石が発見されているが,その多くは奈良の正倉院のような高床の倉庫だったと思われる。その中には米をはじめ武器など種々の物資を納めていたのであろう。たとえば水城が破られて敵が攻め込んで来た時には,ここをもって、防戦できる構造になっており,この形式の城を朝鮮式山城と呼んでいる。
 また武力による守りのほかに、仏の力でも国を守ろうとした。奈良時代の末の774年,四天王をまつる四天王寺(四王院、四王寺)が建てられ,祈りによって新羅の呪詛(じゅそ)を防ごうとした。
 その後九世紀半ば原山無量寺(はらさんむりょうじ)・・・(原八坊)が東南麓(現太宰府小学校北方)に建てられるなどこの山は仏教の山として栄えるようになった。そして峰の数ヶ所に教塚が営まれ、たくさんの経筒が出土している。
 鎌倉時代には原山無量寺の南に少弐氏の浦城(うらのじょう)・・・(今も地名が残る)が築かれ,都落ちした足利尊氏が、京へ攻め上って室町幕府を開くまでの一ヶ月ここに滞在したという。そして戦国史上名高い天正の岩屋城攻防戦で,高橋紹運(しょううん)ひきいる七百数十名が、五万の島津軍を相手に戦い、全員そうれつな死をとげた岩屋城もこの山の中腹にあった。桜の美しい本丸跡に立つと,水城・大宰府政庁跡、そして筑紫野の平野がぐるっと見渡せる。
 岩屋城の下の道をくだっていくと,磨崖石塔に出会う。大きな岩盤に梵字(ぼんじ)や宝塔、宝篋印塔(ほうきょういんとう)が浮き彫りされ,康永二年(1346)の銘が残る。今は訪れる人もない谷間にひっそりと残っている。







大野城は大阪城とは違うみたいだけれど


山頂付近の礎石

百間石垣

大野城は山全体が城で,土塁と石垣と倉庫群で構成されている。つまり大阪城や姫路城のように平地に造られ、天守閣などのきらびやかで壮大な建物を持ち,住居の機能も大きい城とは異なるのである。
 ついでながら大野城は記録にもあらわれた日本最古の城であり,天守閣をももった城はそれから九百年後の織田信長の安土城が最初といわれている。
 大野城の築かれた山は,大野山とも大城山とも呼ばれていたが,後に四天王をまつる四(天)王寺が建てられ,仏教の山として栄えた。そうするとこの「四王寺」の方がよく使われるようになり、人々に親しまれ、現在にいたっているのである。つまり大野山も四王寺山も同じ山である。



大宰府跡(国指定特別史跡)


大宰府跡

都府楼跡の名で親しまれ,休日ともなると家族連れの楽しそうな声が響く大宰府跡は,その昔、しばし歴史の表舞台に登場し,華やかな役割を演じてきた。
 大宰府がこの地にいつ置かれたか,『日本書紀』は何も語らない。しかし現在,都府楼跡をとを取り囲むような水城や大野城などの一連の防衛施設は,何かを守るために造られたと考えられるし、そのころの国際情勢を考え合わせると、7世紀後半現在の地に建設されたと思われる。
大宰府は役所であった。九州全体の政治,経済,軍事をまとめ,外交との交渉の窓口としての役割を担う,重要な役所であり,地方では最大の規模であった。都府楼跡には,その中心であり主に儀式を行った大宰府政庁があり,その周辺には実務を担当する多くの役所が建ち並んでいた。たとえば税務担当の蔵司(くらつかさ),建物や器物を作る匠司(たくみのつかさ),船に関しては主船司(しゅせんし),食料は主厨(しゅちゅう)司,武具は修理器杖(きじょう)所,外国との関係では蕃客(ばんきゃく)所などその他種々の役所があった。近年の発掘調査により,これらの役所は,政庁の周囲、特に前面域にも広がっていることが明らかになってきた。それは従来考えられていたより大規模なもので,大宰府の大きさ、重要性がうかがえる。
 そこに働く人もまた大勢であった。令(りょう)・・・(法律)に規定されている官人だけでも五十名に及び,、その他雑務に従事するものを加えるとその数は千の位をもって数えたといわれる。まさに「この府は人物いんぱんにして、天下一の都会なり。(『続日本紀』)であったのであろう。
 長官である帥(そち)には高い位の人が任命されたのをはじめ,府の官人は他の地方の役人に比べて位も高く,経済的に優遇されていたのも,先に述べた大宰府の特殊性のためであろう。
 大伴旅人や菅原道真が下ってきた大宰府は,奈良・平安の世を通じて活動し,武士の時代の到来とともにその機能を停止した。しかし、律令制下の大宰府はなくなっても,権威としての大宰府は生き続け、その後も九州を支配しようとするものは,大宰府を目指した。
 大宰府跡は先人の努力により現在、国の特別史跡として25haが保存されている。そのため周辺の変わりようとは対照的に,ここだけは落ち着いて静かである。



都府楼と政庁の関係は

大宰府の政庁(役所)があった所は,一般に都府楼跡の名で呼ばれている。それは、菅原道真が大宰府よんだ歌の一節「都府楼はわずかに瓦の色を見,観世音寺はただ鐘の声を聞く」によるもので、都府楼の名が有名になり,一般に使い慣らされてきたからである。ちなみに都府楼とは,都督府(大宰府の中国風の言い方)の楼閣という意味である。



政庁跡にある大きな石はなんだろう?


礎石と石碑

政庁跡には,南から南門,中門,そして回廊が囲んだ中に東西脇殿があり、正面中央に一段高く正殿,その後ろには後殿が建っていた。現在残る石は礎石といって,その上に建物柱が立つのである。正殿跡にある立派な礎石を見ると,そこには太い堂々とした柱が立っていたことがわかる。また、よく観察すると,どこに壁や扉が取り付くかも知ることができる。

 朱の柱に瓦葺の大陸風の建物が立ち並ぶ政庁は,古代の人にとって目がくらむようなところであったろう。









今見えている礎石は大宰府誕生当時のもの

以前はそう思われていたが,発掘調査の結果、政庁は大きく分けて三回建てかえられたことがわっかた。だから現在地表に出ている礎石は最後の3期目のものである。1期は掘立柱(柱を直接、地に埋め立てる方式)の建物で,七世紀半ばころのものと思われ,大宰府創建の時期に考えられている。2期は礎石を持つ建物で,八世紀前半と推定される。ちょうど律令国家として体制が整い始め,大陸との玄関口大宰府にふさわしい建物に建て替えられたのであろう。2期と3期の間には焼土層があり,2期の建物は火災で焼けたことがわっかた。そしてその後再建されたのが,今見ることができる礎石に建つ建物だったのである。検討の結果,火災は941年の藤原純友(伊予の海賊)の乱で大宰府が攻められたときで,従来は以後再建されなっかたといわれていたのが,もう一度立派に復興したことが明らかになった。


観世音寺(国指定史跡)


観世音寺

木立の奥に静かにたたずむ観世音寺は,訪れるものの心をいつもなごませてくれる。今はひっそりとしたこの寺も,かつて七堂伽藍を備えた大きな寺であった。

 『続日本紀』によると、観世音寺は天智天皇が母斉明天皇のために立てることを願われた寺である。斉明天皇は百済をたすけるために筑紫に下ってきたが,まもなく朝倉橘広庭宮(現在の朝倉郡朝倉町付近)で亡くなったのである。それから八十年の歳月をかけて、天平十八年(764)この寺はやっと完成した。長い歳月を要したには、大宰府の内外の情勢が多難であったためと考えられる。

 奈良の川原寺を簡略化したといわれる観世音寺の伽藍は,東の塔,西の金堂が向かい合う。寺の規模や繁栄の様子は延喜五年(905)の『観世音寺資財帳』(国宝)からうかがえるが、平安時代も半ばを過ぎると、二度の火災と大風で寺は荒れ,創建当時の建物はなくなってしまった。

 鎌倉時代から室町時代にかけて,観世音寺は四十九の子院があったという。子院の一つ,東観世区金寺と推定されるところは発掘調査され,近々復原して公開される予定である。

 その後再び衰退し,現在建つ講堂、金堂(県指定)は江戸時代はじめ,博多の豪商天王寺屋浦了夢の財力と黒田氏の後援によって再興されたものである。いたみの激しかった諸仏も修復され,今は保存のために移された宝蔵で,訪れる人々を静かに迎えてくれる。

 不空羂索観音は,鎌倉時代の仏である。さらに我が国の馬頭観音の代表に挙げられる馬頭観音像,そして十一面観音像と5mの見上げるばかりの仏が並ぶ。兜跋毘沙門ってんは,観世音寺の所蔵の中で一番古く十世紀の名品である。恐い顔で立つ大黒柱は,古式の大黒柱である。このような平安・鎌倉時代の仏が並び,舞楽面その他が飾られる宝蔵は,まさに西日本最高の仏教美術の殿堂といえよう。もちろん収蔵物のほとんどは,重要文化財に指定されている。
 もう一つつ忘れてならないのは,国宝の梵鐘である。日本最古といわれ,菅原道真も聴いたこの鐘の音は,大みそ日の夜,筑紫野に鳴り渡る。


観世音寺の梵鐘が日本最古というわけは


観世音寺の梵鐘は,京都の妙心寺の梵鐘と兄弟鐘といわれている。それは梵鐘の釣り手である竜頭(りゅうず)と,上下の弐取り帯を飾る文様を除いて,この二つの梵鐘は鐘身の形や寸法,撞座(つきざ)の位置・その蓮華文など、ほぼ同一なので,同じころ,同じ工房で同一木型を使ってつくられたと推定される。
 妙心寺の梵鐘は,文武天皇二年(698)に造られている。製造年がはっきりしている梵鐘の中では日本で一番古い。したがってこの梵鐘と兄弟鐘の観世音寺の梵鐘も日本最古といえるのである。

 ところで妙心寺の銘文には,文武天皇二年四月十三日、粕屋郡の長官舂米連廣國(つきしねのむらじひろくに)が鐘をつくったと書かれている。おそらく廣國が実際に鐘をつくったのではなく,注文者であったろうと思われる。
 また観世音寺の鐘にも,「上三毛」の文字があり,これは豊前国上三毛郡(現福岡県築上郡太平村付近)のことと推定されている。このあたりは新羅系渡来人が多く、新羅系の瓦を出土する寺院跡がある一方,前途の二つの梵鐘は,撞座や上下帯に新羅の影響を強く受けた文様が見られる。以上を考え合わせると,これらの梵鐘のちゅうぞうには,新羅系渡来人が何らかの形で関係したのではないかと想像されている。
千三百年の昔,筑紫のどこかの工房でつくられた2つの鐘は,国際交流のあかしともいえるのではないか。


観世音寺の梵鐘





観世音寺が『源氏物語』に出くるの?

『源氏物語』の玉鬘(たまかづら)のまきに次のような一文がある。
・・・大弐の御館(みたち)の上の、清水(しみず)の御寺(みてら)の,観世音寺に詣で給ひしいきほひは、みかどの御幸(みゆき)にやはおとれる。・・・・・・
これは、大宰大弐の妻が観世音寺に参詣した勢いは、帝の御幸にも劣らないほどであったという意味であるが、ここに「清水の御寺の、観世音寺」が出てくる。
 観世音寺の不空羂索観音像の胎内にも'清水寺'というめいがのこるので、観世音寺は清水寺とも呼ばれていたのであろう。そして名の起こりは『続風土記』いよると、てらのきた、たのなかによると、寺の北、田の中に清水の湧き出るところがあるからだろうとしている。
 このように大宰府も舞台の一つとして登場するが、都とその周辺の物語とばかり思っていた源氏物語、意外なところで身近に感じられるのではないだろうか。

戒檀院(かいだんいん)・・・(国指定史跡)


戒壇院

観世音寺の完成から十五年後の天平宝字五年(761)、この寺に戒壇が置かれた。当時、日本の仏教は、僧尼の戒律が乱れ、質が低下していたので厳格な戒律とその受戒の作法を確立し、仏教の質的向上をはかる必要に迫られていた。そため唐から僧鑑真を招き、正式の戒を授ける場として東大寺に戒壇を開いたのである。それ以後、正式の僧尼になるためには、戒壇で戒を受けなければならなくなった。東大寺のほかに、地方出身者のために、下野(しもつけ)・・・(栃木県)の薬師寺、筑紫の観世音寺に戒壇が設けられた。これを日本の三戒壇という。戒壇とは、戒律を受ける僧と戒を授ける僧が座って問答をする壇のことで、この試験に合格すれば国家の大僧となることが約束されていた。

 戒壇院の本尊は万物を照らし、全宇宙を照らし、全宇宙を支配するという、奈良東大寺の大仏と同じ盧舎那(るしゃな)仏で、平安末期の作であり、重要文化財である。

戒壇院は江戸時代、わけがあって観世音寺を離れ、現在では博多の聖福寺に属する。



もどる 表紙へもどる