♪3−A♪

四月 3−Aの担任になった。一年のときから国際教養科全員のグラマーを教えていたから「初めまして」の人はいなかった。いきなり最初のホームルームで遠足の行き先が決まって驚いた。

五月  遠足に行った。笠置だった。行きの電車、大変だった。タカと弘一が添乗員として活躍した。河原で楽しくBBQ。そして、帰りの電車はもっと大変なことになった。あとで、JRから詫びの電話をもらった。

六月 体育祭があった。朝練・昼練・夜練。King of Me団が優勝した。団旗には「旭に幸あれ」という文字が。

七月  全員と三者懇談。暑い教室。熱い3−A。文化祭と合唱と進路と・・・悩みまくる3−A。

八月 夏休みの間に、教室の後ろにヤシの樹が三本生えていた。3−Aは中東の南国になっていた。「アラジン」の世界だった。

九月 「アラジン」と「Shout!」皆のパワーがひとつになった。 3Aと3Bが仲良く抱き合って喜んだ総合優勝。涙の合唱再演。赤い軍手が3−Aを描いた。

十月 教室は、受験モードに切り替わる。男子は仲良く昼にサッカー。でも、SHR遅刻したらあかんで!台風で暴風警報連発。

十一月 公募推薦まっただなか。悲喜こもごもの合格発表。合格の人、おめでとう。ダメだった人、粘れ。気持ちを切り替え前進だ。

十二月 エアコンの設定温度十八度。でも、3−Aだけはエアコンスイッチ入れなくても十八度を下回ることはない。なんで?

一月  センター試験があった。授業はたったの九日間。「まだ卒業したくない」「3−Aの皆と別れたくない」でも、これで終わりやで。

二月 予行と卒業式。三年間皆勤の人、3−Aは四人。雨の日も風の日も、遅刻も欠席も早退もせず、元気に通った旭への通学路。

三月 旭の桜がまた咲こうとしています。君達の門出を祝して。

アラジンの世界へどうぞ・・・♪

やらちゃんと萩 ♪あの歌声よ永遠に!

1年間・・・いえ、3年間、本当に楽しかったです!それぞれの進路で皆がんばってくださいね。ずっと、応援しています。Naomi's speech