従業者証明書を備える義務   

3 従業者証明書を備える義務

(1)
宅建業は公共性がある仕事なので,
・宅建業者は,従業者に証明書を持たせなければ業務に従事させるな
・従業者はお客さんの請求があればその証明書を見せろ
という2つの決まりがある。これが「従業者証明書を備える義務」だ。

(2)
従業者を業務に従事させる場合,従業者証明書の代わりに従業者であることを証明する記章(バッジ)を付けさせてもダメ。宅建業法違反になる。

(3)
従業者は取引関係者の請求があったときは,従業者証明書を提示しなければならないが,取引士である従業者は,従業者証明書の代わりに取引士証を提示してもダメ。宅建業法違反になる。




back 秘密ろうえいの禁止

next 従業者名簿を備える義務


このページのTOP ▲