迷物ブランド講座

宅建の迷物図書館 >> 参考書・テキスト >> 宅建業法

37条書面の交付義務

11 37条書面の交付義務

取引が成立するまでの間に重要事項を説明してもらっても,さらに実際に取引が成立した後で,結んだ契約内容の大切な部分を書面にしてもらえば,よりお客さんは保護される。そこで,宅建業者は,取引が成立した後遅滞なく,契約内容の大切な部分を記載した書面を交付しなければならない,ことになっている。これが37条書面の交付義務だ。

(11−A)
37条書面を交付する相手方

(1)
37条書面を交付しなければならない相手方はお客さんだが,具体的には次のようになる。
・宅建業者が売買にたずさわる場合
…買主と売主の両方
・宅建業者が貸借にたずさわる場合
…借主と貸主の両方
・宅建業者が交換にたずさわる場合
…交換の両当事者
重要事項を説明する相手方と違って,37条書面は実際に取引が成立した後の話だから,37条書面条書面を交付する相手方は,契約の両当事者になるのがポイントだ。

(2)
契約の両当事者が宅建業者でも,37条書面を交付しなければならない。

(3)
契約の両当事者が交付しなくても良いと言った場合でも,37条書面を交付しなければならない。


(11−B)
37条書面を交付するのは宅建業者

(1)
37条書面の交付は,取引主任者でなくてもできる。

(2)
ただし,37条書面には取引主任者が記名押印しなければならない。
記名押印は,取引主任者であれば,専任の取引主任者でなくてもできる。


(11−C)
37条書面の交付のしかた

(1)
37条書面を交付する時期は,取引が成立した後遅滞なく。

(2)
37条書面を交付する場所については,制限がない。事務所以外の場所,例えば喫茶店で交付してもかまわない。

(3)
省略


(11−D)
37条書面の記載事項(売買,交換にたずさわる場合)

宅建業者が,37条書面に記載しなければならない事項はたくさんある。これから書くのは,売買または交換にたずさわる場合に記載しなければならない事項だ。

(1)
当事者の氏名・住所
…定めがなくても,定めて37条書面に記載しなければならない。

(2)
宅地建物を特定するために必要な表示
…定めがなくても,定めて37条書面に記載しなければならない。

(3)
代金・交換差金の額,ならびに支払時期・支払方法
…定めがなくても,定めて37条書面に記載しなければならない。

(4)
宅地建物の引渡し時期
…定めがなくても,定めて37条書面に記載しなければならない。

(5)
移転登記の申請時期
…定めがなくても,定めて37条書面に記載しなければならない。

(6)
代金・交換差金以外の金銭の授受に関する定めがあるときは,その額,その金銭の授受の時期・目的
…定めがなければ,37条書面に記載しないでよい。

(7)
契約の解除に関する定めがあるときは,その内容
…定めがなければ,37条書面に記載しないでよい。

(8)
損害賠償の予定または違約金に関する定めがあるときは,その内容
…定めがなければ,37条書面に記載しないでよい。

(9)
代金・交換差金についての金銭の貸借のあっせんに関する定めがあるときは,その内容,そのあっせんによる金銭の貸借が成立しないときの措置
…定めがなければ,37条書面に記載しないでよい。

(10)
天災その他不可抗力による損害の負担に関する定めがあるときは,その内容
…定めがなければ,37条書面に記載しないでよい。

(11)
宅地建物の瑕疵(かし)を担保すべき責任,または,その責任の履行に関して講ずべき保証保険契約の締結その他の措置について定めがあるときは,その内容
…定めがなければ,37条書面に記載しないでよい。

(12)
宅地建物の租税その他の公課の負担に関する定めがあるときは,その内容
…定めがなければ,37条書面に記載しないでよい。


(11−E)
37条書面の記載(貸借にたずさわる場合)

売買または交換にたずさわる場合に37条書面に記載しなければ事項 ならない事項は(11−D)で書いた。ここで書くのは,貸借にたずさわる場合に記載しなければならない事項だ。

(1)
当事者の氏名・住所
…定めがなくても,定めて37条書面に記載しなければならない。

(2)
宅地建物を特定するために必要な表示
…定めがなくても,定めて37条書面に記載しなければならない。

(3)
借賃の額,ならびに支払時期・支払方法
…定めがなくても,定めて37条書面に記載しなければならない。

(4)
宅地建物の引渡し時期
…定めがなくても,定めて37条書面に記載しなければならない。

(5)
借賃以外の金銭の授受に関する定めがあるときは,その額,その金銭の授受の時期・目的
…定めがなければ,37条書面に記載しないでよい。

(6)
契約の解除に関する定めがあるときは,その内容
…定めがなければ,37条書面に記載しないでよい。

(7)
損害賠償の予定または違約金に関する定めがあるときは,その内容
…定めがなければ,37条書面に記載しないでよい。

(8)
天災その他不可抗力による損害の負担に関する定めがあるときは,その内容
…定めがなければ,37条書面に記載しないでよい。


関連コンテンツ
【37条書面の交付義務】の過去問ドリル


back 重要事項の説明義務
next 報酬額の掲示義務と不当に高額の報酬を要求することの禁止

宅建の迷物図書館 >> 参考書・テキスト >> 宅建業法