迷物ブランド講座

宅建の迷物図書館 >> 参考書・テキスト >> 宅建業法

ウソおおげさな広告の禁止

第3章 宅建業者に対する規制

第1節 契約前後の規制

宅建業者の仕事は,広告→契約→契約の実行という順番で行われることが多いが,お客さんを保護するために,各段階で色々と規制される。それが契約前後の規制だ。


1 ウソおおげさな広告の禁止

(1)
「ウソおおげさな広告の禁止」は,虚偽・誇大広告の禁止とも言う。

(2)
虚偽・誇大広告が禁止されるのは,広告の全部ではなく,その広告に関する「一定事項」だが,禁止される一定事項とは次の事項だ。
①宅地建物の所在,規模,形質(けいしつ),現在もしくは将来の利用の制限
②現在もしくは将来の環境,現在もしくは将来の交通その他の利便
③代金・借賃等の対価の額もしくはその支払い方法
④代金もしくは交換(こうかん)差金(さきん)に関する金銭の貸借(たいしゃく)のあっせん
これらは,要するにお客さんの財布に影響する事項。

(3)
おとり広告は虚偽・誇大広告になる。


関連コンテンツ
【ウソおおげさな広告の禁止】の過去問ドリル


back 保証協会

next 手付を貸すことによる契約の誘い込みの禁止

宅建の迷物図書館 >> 参考書・テキスト >> 宅建業法