都市計画区域

第1章 都市計画法

都市計画法は,都市の健全な発展と秩序ある整備を図ることを目的とする。つまり,快適な街づくりを目指すのが都市計画法の目的だ。
快適な街づくりのために,都市計画法は次の5つの手段を採用している。

①まず,快適な街づくりをすべき場所を定める。
第1節 都市計画する場所の話だ。
②次に,都市計画の種類・内容を決める。
第2節 都市計画の種類・内容の話だ。
③三番目に,都市計画を決める者・決める手続きなどを決める。
第3節 都市計画の決定の話だ。
④四番目に,一定の都市計画については実際に作り上げる作業をする。
第4節 都市計画事業の話だ。
⑤最後に,無秩序な開発につながるおそれのある行為を規制する。
第5節 開発許可の話だ。

では,順番に説明して行こう。

第1節 都市計画する場所

日本には山もあれば,ほとんど人が住んでいない所もある。日本中が街であるわけではない。そこで都市計画法では,まず,快適な街づくりをすべき場所を決めている。


1 都市計画区域

快適な街づくりをすべき場所,つまり都市計画をする所が都市計画区域だ。

(1)
都市計画区域を法律的に定義すると,一体の都市として総合的に整備し,開発し,保全する必要がある区域等,となる。つまり,快適な街づくりをすべき場所だ。
反対に,快適な街づくりとは余り関係ない場所を「都市計画区域外」という。山の中やほとんど人が住んでいない所がそうだ。
都市計画は,都市計画区域で行われ,都市計画区域外では行われないのが原則だ。
日本の土地はすべて,都市計画区域と都市計画区域外のどちらかに属することになる。

宅建のマトメ集 法令制限図01-01

(2)
都市計画区域を指定するのは,原則として都道府県だ。
ただし,2つ以上の都府県にわたる都市計画区域は国土交通大臣が指定する。

(3)
都市計画区域は,1つの市町村や1つの都府県の行政区域を超えて指定できる。




next 準都市計画区域

宅建の迷物図書館 >> 参考書・テキスト >> 法令上の制限