更新:平成28年7月12日

宅建試験を受験する方に便利なリンク集

宅建受験に便利なリンク集です。
試験の実施機関、協力機関、業界紙、大手予備校など、外部サイトを紹介します。

【宅建試験の実施機関】

都道府県知事は、国土交通省令の定めるところにより、宅地建物取引士資格試験を行うことになっていますが(宅地建物取引業法第16条1項)、昭和63年度から、国土交通大臣の指定した指定試験機関が、すべての都道府県知事の委任を受けて試験を実施しています。
その指定試験実施機関は現在、
一般財団法人 不動産適正取引推進機構 です。
宅建試験の申込みをする方は、必ず上記リンク先を確かめて下さい。

【宅建試験の協力機関】

宅建試験は、申込み時に「住所」を有する都道府県で受験することになっているので、各都道府県には協力機関があります。
「住所地」の協力機関に飛んで、受験願書の取り寄せ方など具体的な試験情報をつかんで下さい。

北海道       青森県       岩手県   

宮城県      秋田県     山形県   

福島県       茨城県       栃木県

群馬県       埼玉県       千葉県

東京都      神奈川県    新潟県

富山県     石川県      福井県

山梨県       長野県       岐阜県

静岡県       愛知県       三重県

滋賀県       京都府       大阪府

兵庫県      奈良県    和歌山県

鳥取県       島根県       岡山県

広島県       山口県       徳島県

香川県       愛媛県       高知県

福岡県       佐賀県       長崎県

熊本県       大分県       宮崎県

鹿児島県   沖縄県

【業界紙】

宅地建物取引業法第16条2項によれば、試験は宅地建物取引業に関して必要な知識について行われます。「宅地建物取引業」とは不動産屋さんの事です。そこで、不動産屋さんが購読している業界紙のWebサイトにリンクを張っておくので、普段から不動産に興味を持つようにして下さい。
不動産に関連する話題に5分でも10分でも触れて、ご自分の脳を不動産脳にしておくと、応用力が身につき、ひいては短期合格の強力な武器となるでしょう。

住宅新報web

週刊住宅online