免許がいるか  

2免許がいるか


Eが所有するビルを賃借しているFが、不特定多数の者に反復継続して転貸する場合、Eは免許を受ける必要はないが、Fは免許を受けなければならない。[平成24年度/2012年度/問27(3)] 解説を表示


Eが転売目的で反復継続して宅地を購入する場合でも、売主が国その他宅地建物取引業法の適用がない者に限られているときは、Eは免許を受ける必要はない。[平成26年度/2014年度/問26(事例ウ)] 解説を表示


賃貸住宅の管理業者が、貸主から管理業務とあわせて入居者募集の依頼を受けて、貸借の媒介を反復継続して営む場合は、宅地建物取引業の免許を必要としない。[平成27年度/2015年度/問26(事例エ)] 解説を表示


C社は賃貸マンションの管理業者であるが、複数の貸主から管理を委託されている物件について、入居者の募集、貸主を代理して行う賃貸借契約の締結、入居者からの苦情・要望の受付、入居者が退去した後の清掃などを行っている。宅地建物取引業の免許を要する業務が含まれる。[平成30年度/2018年度/問41(3)] 解説を表示




back 宅地になるか

next 免許の種類


このページのTOP ▲