民法・権利関係

更新:2019年4月2日

過去問ドリル・一問一答については、「問題文丸写し・条文丸写し」のフザケタ解説が横行しています。超短期合格には、そうではない正統派解説を施したこの過去問ドリル・一問一答(民法・権利関係)を是非体験してみて下さい。

良問を選択する上で、AI(人工知能)を一部取り入れていますが…

AIより数段上の情報を得たい方は、このリンクを押して指示に従ってください。
【人間(迷物講師)による宅建の迷物図書館】という非公開無料サイトに飛べます。
良くあるように、メルアド等の個人情報を盗られることもないので、安心、安心!


このドリルは、下のリンク部分をタップ(クリック)すると御覧になれます。


目 次
第1章 宅建業者の「取引」に直結する契約
第1節 売買契約
第2節 交換契約
第3節 賃貸借契約

    賃貸借契約

第4節 使用貸借契約
第5節 委任契約

    委任契約

第6節 代理契約

    代理契約

第2章 売買契約に付随する話 
第1節 契約の一般論

    契約の一般論

第2節 弁済

    弁済

第3節 手付

    手付

第4節 買戻し

    買戻し

第3章 主として売買契約のトラブルの話
第1節 契約が約束通り守られない場合

   売主の担保責任

   債務不履行

   契約の解除

   危険負担の問題

第2節 制限行為能力者が契約にタッチする場合

    制限行為能力者が契約にタッチする場合

第3節 意思表示に欠陥がある場合

   心裡留保による意思表示

   虚偽表示による意思表示

   要素に錯誤がある意思表示

   詐欺による意思表示

   強迫による意思表示

   公序良俗違反

第4章 その他の契約の話
第1節 消費貸借契約

    消費貸借契約

第2節 請負契約

    請負契約

第3節 贈与契約 
第4節 寄託契約 
第5節 債権譲渡契約
第6節 注意義務 

第5章 契約以外で財産の移転が生じる場合 
第1節 相続

    相続

第2節 時効

    時効

第3節 相殺

    相殺

第4節 不法行為

    不法行為

第5節 不当利得 
第6節 債権者代位権 

第6章 物権 
第1節 物権の一般論 
第2節 どうすれば不動産の物権を第三者に対抗できるか  

    どうすれば不動産の物権を第三者に対抗できるか

第3節 物権法定主義

    物権法定主義

第4節 所有権
第5節 相隣関係

    相隣関係

第6節 共有

    共有

第7節 地上権
第8節 永小作権
第9節 地役権
第10節 占有権

第7章 担保制度
第1節 担保制度とは
第2節 物的担保(担保物権)

   物的担保(担保物権)の性質

   抵当権

第3節 人的担保

   保証

   連帯債務

第8章 区分所有法

    区分所有法

第9章 不動産登記法

    不動産登記法




このページのTOP ▲