E-095 原作 川合玉堂 ¥22,000(送料・梱包料・税すべて込)

【工藝作品】
「鵜飼図」

本紙 90×48cm
(一尺六寸 幅)
総丈 175×68cm
(二尺二寸 幅)

絹本
木箱
軸先:木
三段新裂表装







落款・印 全体図
原作

川合 玉堂(かわい ぎょくどう) (1873〜1957)

明治6年に愛知県で生まれる。名は芳三郎。初め玉舟、別号に偶庵。望月玉泉、幸野楳嶺、橋本雅邦に師事した。横山大観、竹内栖鳳と共に日本画壇の三巨匠。帝室技芸員・帝国美術院会員。文化勲章受章。昭和32年歿、85歳。

状態:概ね良好。
部分拡大
コメント:原作は山種美術館所蔵の有名な作品です。川合三男氏による監修で、鵜飼の様子と山水図の上部との融合。作者の代表作の一です。
表具・軸先・木箱