B-2472 八田 古秀 ¥32,000 (送料・梱包料・税すべて込)

桜花図
江戸後期頃

本紙 100×35cm
(一尺二寸 幅)
総丈 180×51cm
(一尺七寸 幅)
※軸先〜軸先の巾サイズ

絹本:彩色
木箱(識箱)
三段裂表装








落款・印 全体図
八田 古秀(はった こしゅう)(1760〜1822)
字は士瑩、通称は宮内、別に希賢と号した。圓山応挙の門に学び、人物花鳥画をよくした。法橋に叙せられる。文政5年9月5日歿。享年63歳。

状態:本紙に経年の弱いオレ少々オレあるも、あまり気にならない程度。

コメント:応挙門下だけあって、円山派を受け継いだ描写で春にふさわしい爽やかな発色で日本の春の代表的季節掛けとしてお楽しみいただけます。
部分拡大
表具・軸先・木箱 箱書