ありがとう!田宮俊作社長
(1,000人のサプライズ大作戦!!)

このツインスターマークが左右の奥にずっと広がり、なんと1000人が掲げています!大成功!!
左の奥へ向けての画像を、「静岡歌の会会長」様から送って頂きました!果てしなく続く、凄い迫力です!


今年も無事に第47回静岡ホビーショーが終わりました。

実は田宮俊作社長が2008年6月1日付けで、会長に就任されることになりました。新社長は田宮昌行・現専務です。今年は田宮俊作社長がタミヤに入社してから丁度50年になる節目の年でもあるのです。

そこで俊作社長にみんなの「ありがとう!俊作社長」という思いを伝えようと、ファンによるサプイライズ作戦が敢行されました。

毎年、一般公開日初日である土曜日の夕方は、全国から集まってきたモデラーの皆さんの作品合同展交流パーティーが会場であります。そこで、このパーティーの主催者である静岡模型協同組合・田宮俊作理事長としてのスピーチの後に、全員でメッセージポスターを突然掲げよう!というものです。

用意された特製ポスターは1,000枚。勘のいい俊作社長に事前に感づかれてはいけません。そこでパーティーの直前20分前に、わずか10分間で1,000枚のポスターを配り切り、1回だけリハーサルをしてすぐに本番ということになりました。この間、田宮俊作社長が会場に現れないようにタミヤの曽根常務にお願いしてタミヤブース内の打ち合わせ室で引きとめてもらっていました。

実は、予想もしなかった事態や、細かなエピソードは沢山ありましたが・・・・・結果は大成功でした!・・・・一般的に、たった10分間でポスター1,000枚を配り切り、その場で説明があり、その後たった1回のリハーサルで上手く行くことなどは、普通あり得ません。急遽当日に結成された30人以上のサプライズ作戦スタッフ、そしてなにより参加者全員の田宮俊作社長に対する思いがあってこその大成功でした!

あ・・・ちなみにリハーサルは1回と書きましたが、最前列の方々も興奮して高々と掲げると、後ろの人のポスターがステージ上から見えにくくなることが判明し、その場でもう1回だけやり直されました。この本番画像を見ると、最前列の方々はちゃんと低く持って下さっていますね。また、社長に気づかれないように直前まで二つ折りにして隠し持っていなくてはいけないので、いざ揚げる時に上下逆さまにする人もいるだろうなあ〜と事前に何人かで話題にしていたら、やっぱりそういった方も何人かいらっしゃったのが画像からわかります。でも、返って興奮が良く伝わりますね。

聞くところによれば、俊作社長は会長になられても“隠居”などはなさらず、これまで通り世界中の模型ファンを導いて下さるそうです!それを聞いて一安心。でも一区切りです。

「ありがとう!田宮俊作社長!」

(2008/05/18)

いやあ〜、ホントに驚いた!ありがとう! その後、即席のサイン会も始まってしまいました
その夜、静岡市内の某居酒屋の奥座敷は・・・ 翌日の合同展ブースにも多数貼られていました。
みんなで寄せ書き!なんと大塚康生先生まで!! ファンの代表から、田宮俊作社長に渡されました


多くのファンの思いがサプライズポスターになりました