最終更新日 2003 8 14日:更新記録

見えないものが見えてくる!! 

人がみな一生かかって見るものが、ここに凝縮されている。


インターネット版

「呼吸器をつけたALS患者の三人展」


 全身の筋肉が萎え、食べることも話すことも奪われ、呼吸さえ機械に頼る筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者が、口に筆をくわえ、あるいは腕を吊った手にペンをゆわえ、渾身の力を込めて描いた作品の数々。
 絵にこめたメッセージは夢と希望ーー。

 

杉原 充晃さん「竜胆」


 
 ALS
、といって知らない人でも、イギリスのホーキング博士30年来の闘病を続けながら、宇宙物理の第一線の研究をしていることは知られています。
ホーキング博士と同じ病気、ALS の患者は日本にも4000人以上います。

 天井から吊るしたベルトにペンを握る手をゆわえ、「祈りの手の画家」と呼ばれた中林基さんは、全国で個展を開き、ついに公益信託「生命の彩ALS研究基金」を発足させました。中林さんは闘病17年に及びながら、重度のまま進行が止まり、口から食べることができ、呼吸にも異常はありません。しかし呼吸器をつけて自宅で生活する患者もいます。

 呼吸をも機械に頼る中で、生きるあかしを求め続け、絵を描くことを見出した三人の、呼吸器をつけたALS 患者の作品の数々をご覧下さい。

高田 俊昭さん「春爛漫」


杉原 充晃さん  高田 俊昭さん  奥村 敏さん

本人・家族からのメッセージ

作品集

奥村 敏さん連載手記  「あすをしんじて」

小松 繁敬さん 作品展

米国PALS ダグラス・エッシェルマンさん 「ダグの言い分」


日本ALS協会  近畿ブロックのホームページが出来ました!


 この「呼吸器をつけたALS患者の三人展」は、1997年3月から4月にかけて、東京のアート村六本木ギャラリーで開催されました。

 このホームページは、三人とそのご家族、日本ALS協会近畿ブロックの協力のもとに製作されています。

日本ALS協会近畿ブロック事務局:
〒533-0022 大阪市東淀川区菅原6-28-3 
栄孝ハイツ101号
電話 06(323)4791 ファクシミリ 06(323)6145
website http://www011.upp.so-net.ne.jp/alsosaka/
E-mail :
alsosaka@kb3.so-net.ne.jp

 

奥村 敏さん「カリフラワー」

ご意見、ご感想、リンクに関するお問い合わせは、こちらまで  tahara@mua.biglobe.ne.jp

ホームページ製作:田原 邦明(日本ALS協会近畿ブロック 運営委員)