新着情報・高畑だより
2020年6月

記載ないものは初版です。(本の状態について、遠慮なくお問い合わせください。)
 
更新記録(分類・書名・著者・出版社) →スーパー源氏に登録

6月1日
(英)アーサー王伝説/リチャード・キャヴェンディッシュ/晶文社
(その他)日本の色/大岡信編/朝日新聞社
(特集)眼の快楽/中村真一郎/「眼の沈黙」姉妹作/NTT出版

5月26日
(美術)ブリューゲル「バベルの塔」展/国立国際美術館

5月18日
(英)ド・プロフォンディス 一名獄中記/オスカー・ワイルド辻潤譯/越山会・大正8年
(日本1)辻潤/三島覚/金剛出版新社

5月6日
(英)マザー・グース イギリスのわらべうた/平野敬一訳/ほるぷ出版’85・13刷
(独)ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら/法政大学出版局
(その他)家庭科用武田裁縫書・上巻下巻/冨山房・大正14年8版
(日本1)別冊新評・唐十郎の世界/新評社
(英)氷河時代/マーガレット・ドラブル
(米)ユニヴァーサル野球協会/ロバート・クーバー

5月1日
(日本3)國語國文の研究・第2・8・14・16・32號/文献書院・大正15年〜昭和4年
(日本3)國文學・解釈と教材の研究/創刊号/學燈社S31
(露その他)ファラベウフ/サルバドール・エリソンド/水声社

4月21日
(仏)「イジチュール」あるいは夜の詩学/佐々木滋子/水声社
(仏)アニセまたはパノラマ/ルイ・アラゴン/筑摩書房

(英)トゥンク/ロレンス・ダレル/筑摩書房

4月12日
(その他)The Restoration of Leather Bindings/Bernard C.Middleton/The British Library 1998/革装本の修理・その実際/特装本

4月2日
(美術)浜田庄司展/日本経済新聞社’77
(日本3)狂言八十年/茂山千作/都出版社
(詩歌)萩原朔太郎撮影写真集/上毛新聞社
(独)トーマス・マン/辻邦生/岩波書店/署名入り

3月22日
(美術)浜口陽三展/福岡県立美術館
(その他)住まい学大系 001・明治少年期/023・こまごま古道具/024・真夜中の家/014・015・東京セレクション 花の巻・水の巻
(幻想)幻想の画廊から/澁澤龍彦
(日本1)青い箱と紅い骸骨/稲垣足穂
(日本3)西東詩語/富士川英郎

3月16日
(日本1)しろばんば・続しろばんば/井上靖/中央公論社

3月6日
(その他)ガロ 特集「無能の人」/青林堂ダイジェスト版非売品
(英)暮れんずむ女/ドリス・レッシング/三笠書房

2月25日
(日本1)タルホ座流星群/稲垣足穂/大和書房・夢の王国
(露その他)ブロディーの報告書/ホルヘ・ルイス・ボルヘス/カバー帯
(日本3)御物 更級日記・藤原定家筆/笠間書院・影印畫刊
(日本3)御所本 伊勢物語・冷泉為和筆/笠間書院・影印畫刊
(英)第三の警官/フラン・オブライエン/筑摩書房

2月18日
(日本3)原色かな手本345・高野切第一種第二種第三種/二玄社
(日本3)岸田國士論/渡邊一民/岩波書店
(仏)ボリス・ヴィアン全集/6心臓抜き・11死の色はみな同じ13彼女たちには判らない
(日本2)批評あるいは仮死の祭典/蓮見重彦
(日本2)小説論=批評論/蓮見重彦

2月4日
(美術)Blueー中村佑介の初作品集/イラスト署名入り/カ帯特製パッド
(英)妖精の国/井村君江/新書館
(その他)アメリカン・マインドの終焉/みすず書房
(露その他)日本人の恋びと/アサベル・アジェンデ

1月18日
(その他)舊新約聖書/総革装3方金/米國聖書協會大正3年/函付き・未使用
(仏)新集世界の文学34ナジャ・死刑執行/アンドレ・ブルトン&ルイ・アラゴン/中央公論社
(露その他)中国古典選/論語・上中下/史記1〜5

1月12日
(その他)月刊漫画 ガロ/青林堂/1876年10冊・1977年11冊・1978年11冊・1979年11冊
(その他)COMIC ばく/日本文芸社S59/No.1春季号・No.2夏季号
(日本1)堀辰雄の周辺/堀多恵子・署名入り

12月24日
(美術)TOULOUSE-LAUTREC/DUMON 1989/ロートレック全グラフィック作品のドイツ巡回展図録
(日本1)鳥のように獣のように・夢の力/中上健次/講談社

12月15日
(日本1)學問ノススメ・第一編〜第十一編・糸綴じ合本/福澤諭吉/明治6年〜7年・眞庁假名再刻版

12月10日
(幻想)ピエール・モリニエの世界/アンドレ・ブルトン他・生田耕作訳/奢覇都館’89
(美術)レオノール・フィニ画集/1000部限定・河出書房新社
(美術)LEONOR FINI/EDITIONS FREDERIC BIRR/仏文画集
(その他)オリンピック競技の組織的研究・トラック篇/高見澤忠雄/日本青年館S2
(幻想)ノスタルジア/山下清澄


11月15日
(詩歌)秋黄昏/堀口大學/署名入り/河出書房新社
(美術)ビアズリー展/東京新聞’83
(美術)宇佐見圭司新作展ー「アテネの学堂」より歩み出す/アートコートギャラリー
(美術)記録(1962〜1951)/湯川書房/野田理一

11月9日
(美術)レオノール・フィニ画集/1000部限定版/河出書房新社
(美術)シュルレアリスムと芸術/巖谷國士
(美術)宇野亜喜良AQUIRAX WORKS/玄光社

11月1日
(子供の本)明夫と良二/庄野潤三
(子供の本)THE TALE OF JOHN BARLEYCORN/woodcuts by MARY AZARIAN
(美術)Rene Magritte:Dangerous Liaisons/BLAINDI DONNA 2011/ルネ・マグリット展図録
(日本1)ヌマ叔母さん/野溝七生子

9月30日
(日本1)THE PORNOGRAPHERS/Akiyuki Nozaka/野坂昭如「エロ事師たち」英訳版

9月25日
(その他)静寛院宮御日記・上下/上・御日記 下・御側日記/S3・2版

8月1日
(美術)レジェ展ーキュビスムの巨匠/朝日新聞社




7月12日
(美術)秘冊 草狂/限定20部15番本/草月出版’72/池田満寿夫・滝口修造・大岡信・加納光於・武満徹・杉浦康平・中原佑介・高松次郎・谷川     俊太郎・駒井哲郎・針生一郎・リラン・サム・フランシス/各署名入り

(日本3)通俗續三国志20冊・續後通俗三国志32冊・續後通俗三国志後編13冊/計65冊・木箱入り/寶永元年・正徳2年・享保3年
(日本3)元明軍談・全20冊/寶永貮年・河南四良右衛門他
(日本3)玄宗軍談・全20冊/寶永2年・吉田勘右衛門他

(日本3)保元平治物語・全6冊・写本/嘉永七甲寅歳晩春下澣寫之
(日本3)大久保武蔵鐙・全10冊/江戸後期・写本
(日本3)仙台騒動記・全10冊/安政2年・写本
(日本3)康煕字典・全20冊・函入り/鳳文館・明治16年

(日本3)七書正文/孫子上下・呉子上下/渓百年/摂都書房・安政新刻
(日本3)謡曲本・享保18年/山本長兵衛/海士・鞍馬天狗・定家・蝉丸・猩々
(日本3)十輪為辯抄・始(全3冊の内)/享保10年/糸一部切れ
(日本3)普勧座禅儀 座禅用心記・合本・完/吉田義山編輯/貝葉書院/昭和初期
(日本3)衆寮箴規聞解・上下/慧中/貝葉書院/昭和初期
(日本3)永平初租學道用心集・全/貝葉書院/昭和初期/記名あり
(日本3)大智禪師?頌・改正/貝葉書院/明治期/記名あり
(日本3)大慧普覺禪師書・巻上巻下/貝葉書院/明治36年
(日本3)圓覺経畧疎・乾坤/京都書鋪/明治20年


(日本3)和歌八重垣・7冊 俳諧糸屑・上中下 晩唐詩選・12/専用桐函入り/明和・元禄期
(露その他)唐宋八家文讀本鈔解・全4巻/原田由己纂述/明治11年

(日本1)佳人之奇遇・全16冊/明治19年・再刻/東海散士

(日本3)報徳記・全8冊/二宮尊徳/大日本農會・明治23年
(日本3)山陽文稿・上下/求石書堂・明治3年
(露その他)箋注・蒙求・上中下/平安書肆・寛政4年
(露その他)十八史略便蒙・上下/村山隆/書肆岡田為助・明治8年

(日本3)南總里見八犬伝/曲亭馬琴/大倉書店・明治35・17版/8冊帙入り
(日本3)萬葉集略解/文陽堂金川書店・明治28・3版/総目録+6編・2帙入り
(日本3)ことはの泉/落合直文/明治35年・17版/5冊帙入り











































*************
バーゲン本

銀花・33・35・39・40・45・52・65・79・84/1冊250

*************

高畑だより:

2018年3月12日
ウンベルト・エーコとジャン=クロード・カリエールの対談「もうすぐ消滅するという紙の書物について」を読む。
対談と言うよりは、書物についての思いを互いに述べているのだが、それぞれが書物への深い知識と愛を吐露していて、実に楽しい
読書でした。
原題「本から離れようったってそうはいかない」を大胆に意訳した題であるが、訳に「死滅」といういささか強い言葉が使われていて、
思わず手に取ってしまった。特に二人のインキュナビュラ(ラテン語で揺りかごの意、グーテンベルク聖書が印刷された十五世紀半ば
から十五世紀末までの活字印刷物を指す)を語る部分は読み応えある。

ついでに書かせていただく。
宇多滋樹氏と店主の老人二人組が中心となり、「イルカと錨」という同人雑誌を創刊して2年になる。年一回出版というスローペースで
あり、次号は今年の8月の予定である。この誌名については、創刊号に書いておいたので、以下全文を写しておきます。

イタリア・ルネッサンス期の文人・出版人であるアルドゥス・マヌティウス(1450?〜1515)は、海豚が錨にからみついた図をその出版物
に刷って出版した。海豚は快速を、錨は定着と熟慮を象徴している。これは「悠々として急ぐ」ことを表しているもので、私達もまたこの
ことを肝に銘じていきたいと考えている。アルドゥス・マヌティウスはまた、それまで非常に大型であった書物を持ち運びのできる小型本
にする基礎を築き、ページにノンブルを付けることを始めたり、イタリック体を作ったことでも知られている。

なお、雑誌に興味をお持ちの方ございましたら、お知らせください。お頒けしております。


2017年4月5日
先日、京都の知り合いが仕事の帰りに奈良に寄ってくれた。
今回は針というところの小学校の建設に助言をするために来たようで、お金にはならない仕事だったようだ。
化学物質過敏症になっている子供がいて、その対策を講じているとのことだった。

彼が来てくれるのはいいのだが、どこで食事をするかで悩むことになる。彼自身も化学物質過敏症だからである。
大体のところは受け付けないのだ。行ってもあとで、建材に悪いものを使っているとか、煙草のにおいが残っているとか言うので困る。
こちらは気を使って店を選んでいるつもりなのだが、何か一言あるのが常だ。
今回は、最近1週間に1度は行っている minamo というところで食事をした。あとで何も言わなかったので、合格のようだった。
ここの食事は丁寧に作ってあり、しかもおいしい。経営する女性のセンスがいいからだろう。

後で聞いたことではあるが、食事の途中で隣に来た若い女の子が柔軟剤のにおいをぷんぷんさせていたという。
鼻の少し悪い私は、そんなことは全く気が付かなかった。
大体、柔軟剤なるものがどんなものか分からず、解説を聞いてやっとわかったという次第だ。
言われてみれば、こんなことが普段から気になっていた。
倉庫に使っている狭いマンションの狭いエレベーに乗ることがよくある。ほとんどが大学生が住んでいるマンションだ。
そのエレベーターに乗ると、前に乗ったと思われる人のにおいが残っているが、大体が人工的な嫌なにおいである。
これは男女に関係ない。なんであんなにおいを身につけるのか、トンとわからない。
これらもまた、柔軟剤や消臭剤の類なのだろう。自然のにおいを嫌がるおかしな風潮が出てきたようだ。

足立和郎「改訂・化学物質過敏症を工夫で乗りきる・2」(アットワークス)
minamo 奈良市東城戸町28 11・00〜18・00 火休
岡田幹治「香害」(株)金曜日




2015年9月10日
いい飲み屋があり、いい喫茶店があり、いい古本屋がある。加えれば、充実した図書館がある。
これらが、いい街の最低条件だと聞いたことがある。
店主は呑み助ではないので、滅多に飲み屋には行かないから、積極的には探したわけではない。
しかし、奈良には何店かのいい飲み屋があるとは聞いている。
ここに来て20年近くなるのだが、いくら探して歩いてもいい喫茶店は見つからないでいる。
店主にとってのいい喫茶店とは、一人で行ってくつろげるところ。要するに、ぼーっとしたり本を読んだりできるところ。
コーヒーがおいしければなおよいし、少しうす暗い方が好みだ。あまり狭くない方が理想的だ。
1軒だけあるのだが、知り合いがやっているので、話になってしまうから、ここは除外しておく。

これらのことは多分、奈良の店のほとんどが夕方になると店を閉めてしまうことに関係があると思う。
新しく入ってきた人たちがいて、少しづつ変わってきてはいるのだが、基本的にむかしながらの商法のままやってきている
ところが多く、それでなんとか成り立っているから変わろうとはしないのだろう。
修学旅行生が減り、奈良に宿泊する人が激減しているとよく耳にする。ところが、それを打開する方策を練っていると聞いた
ことがない。
ただ嘆くだけでは駄目なのはわっかているのに、今後どうしていくのか行政も含めて考えていく姿勢が見られない。
メインの通りの店ですら6時になったら閉めてしまうようでは、恐らく当分は変わらないでいるだろう。

古本屋は6軒ある。特色あった1店は不祥事のために閉店してしまった。
狭い奈良では、ほどほどの店の数だろう。子供の本専門のユニーク店があり、これは新刊店。

市内から少し離れているのだが、県立図書情報館というところがある。設備・本ともに充実していて、ここだけは県外のどの
図書館にも引けを取らないものだ。恐らくは今の館長の力だと思う。
新しく建設したもので、恐らく市内に土地がなく、市外の溜池を埋め立てたところで、距離があるがやむを得ない。









古本に消費税は合わないという考えから、消費税は加算していません。
資源を大切に使うため、包装紙は再生利用しています。
店主


最初のページに戻る