イシケリ(石蹴り)

小学校の低学年の頃、よくやった遊びのひとつ。
ぼくたちのやり方は、どこにも紹介されていないようなので、記録しておこう。

ゲームフィールドの説明図 まず、地面に縦4、5メートル、横2メートル位の長方形の枠を描く。
次に、縦方向の真ん中あたりに縦線を引き二分割。
さらに、横線を4本くらい引いて10個前後のますを作ります。
この辺、適当でいいです。大きいますや小さいのがあった方がおもしろいし、
ますの数をもっと増やしてもいい。

右下のますが、ふりだしです。左隣のますには、バツ印を描きます。
さらに、左の一番向こうのますに温泉マークを描きましょう。
念をいれて、ふりだしの次のますから、左回りに番号をいれておくと良いでしょう。
これで準備ができました。(図参照)

それでは、遊び方を説明しましょう!
一人で遊ぶのは虚しいので、友達を4、5人集めよう。二人でもできるが5人ぐらいが適当でしょう。
各自、自分の持ち石を決めます。平べったい五センチ×十センチ位のものがベスト。
じゃんけんでも何でもいいからスタートの順番を決めます。
ふりだしのますに入り、石を1のますに投げ入れます。
この時、石が枠からはみ出したり、線にかかるとアウトです。次の人に代わります。
無事1のますに石が入ったら、ケンケンで石を2のますに蹴り入れます。
続けて3のます、4のます・・・と順番に蹴り入れていきましょう。
で、バツ印の手前まで( 図の場合8のます )進んだら、ふりだしのますに蹴り入れるわけです。
間違ってバツ印に蹴り込んだら、罰則として一回休みとなるので注意。
イシケリの図 わしら、バツ印のますを「便所」と呼んでおりました。
ちなみに温泉マークの場所は、「温泉」といいます。ウーッ、そのまんま!
無事ふりだしに戻ったら、次は二の段です。
二のますに石を投げ入れます。うまく入れば、ケンケンでふりだしまで蹴って帰る。
これを繰り返して、一番最初に全ての段を制覇した人が優勝。
途中、石がますからはみ出したり、枠線にかかった場合や、
足が枠線を踏んだり、線外に出てしまった場合は、アウト。次の人にかわります。
さらに、途中で両足をついてしまった場合もアウト。ただし、温泉とふりだしは 例外で、両足をついても構いません。
温泉は休憩のますなんですね。ゆっくり休みましょう。
それで、アウトになったらその段を覚えておきます。次の番では、その段の最初から、 つまり、その段に石を投げ入れるところから始めます。
今思い出しましたが、石を投げる時、自分の投げる段を声に出して宣言したように思う。
たとえば、「五のだーん」というふうに。
それから、温泉の次の段(例では六の段)からは、温泉で休憩はできません。
ケンケンのまま、温泉を通過し石を蹴ります。

戻る