人名TOP > ABC順目次

目次N-O


F. Nia (♀)

--/--

Eugenia (♀) や Antonia (♀) 等,-nia で終わる名前の短縮形らしい

検索すると Niamh (♀) のウェールズ語形,という説も見つかった。

MEMO


F. Niamh (♀)

--CE-- [地域] Irish Gaelic

[Irish] brightness, beauty
/アイルランドの海神の娘
[カナ/(慣) 神話人名] ニアム,ニアムー

リン・カーター作『緑の太陽シリーズ』(Green Star Series) に登場したヒロインの名としても使われている。昔3冊目まで読んだがそれっきり忘れたなと思って検索したら,4冊目から日本語訳が出ていなかったようだ。


F. Nib (♀)

--HS--

Isabel, Isabella (♀) の英語愛称形
/おそらく中世英語形 Ibb 由来の古い愛称形と思われる

Isabel (♀) 対照表


M. Nicander (♂)

--GR--

[Greek] victory-man
分割位置/Nic-ander


M. Nicanor (♂)

--GR-- [地域] Spanish

Nicander (♂) の別形らしい


M. Nicasi (♂)

--GR-- [地域] Catalan

Nicasius (♂) のカタロニア語形


M. Nicasio (♂)

--GR-- [地域] Spanish

Nicasius (♂) のスペイン語形


M. Nicasius (♂)

聖人名

--GR--

[Greek] 不明
ギリシャの Nikasia 島から派生したと推定されているギリシャ語名 Nikasios に由来
[カナ/(慣) 聖人名] ニカシウス


M. Niccolò (♂)

--GR-- [地域] Italian

Nicholas (♂) のイタリア語形
[カナ/Italian] ニッコ

対照表

この名を持つバラの品種と花色/Niccolò Paganini (赤)


M. Nicephoros (♂)

聖人名

--GR--

Nikephros (♂) のラテン語形


F. Nicha (♀)

--GR-- [地域] Russian

Nika (♀) (1) の略称形
[キリル文字] Нича


M. Nicholas (♂)

聖人名

--GR-- [地域] English

[Greek] victory-people
/聖ニコラス伝説が変化して「サンタクロース」を生んだのは有名な話
[カナ/English] コラス
分割位置/Nicho-las

対照表

この名を持つバラの品種と花色/St. Nicholas (明るく淡いピンク)


F. Nicia (♀)

--GR-- [地域] Italian

CLE収録。Nicholas (♂) のイタリア語女性形と説明されている。
*Nicholas (♂) のラテン語女性形は Nicola だが,イタリアでは Nicola の綴りを男性名として使う。そこで男性名と区別するための女性形綴りがあるのかもしれない。しかし,詳細不明。ギリシャ語 nikē (語意 victory) に由来する言葉にそのまま女性形語尾がついたようにも見える。
[▽推定カナ/Italian]ニーチア


M. Nick (♂)

--GR-- [地域] English

Nicholas (♂) の英語短縮形


F. Nicki (♀)

--GR-- [地域] English

Nicola (♀) の英語愛称形。独立名としても使われる


F. Nickie (♀)

--GR-- [地域] English

Nicola (♀) の英語愛称形


M. Nicky (♂)

--GR-- [地域] English

Nicholas (♂) の英語愛称形


F. Nicky (♀)

--/-- [地域] English

(1) Nicola (♀) の英語愛称形
(2) Veronica (♀) の英語愛称形


M. Nico (♂)

--GR-- [地域] English, Italian, French

Nicholas, Nicolò, Nicolas (♂) の愛称形
[カナ/French (慣)] ニコ


M. Nicodem (♂)

--GR-- [地域] Polish

Nicodemus (♂) のポーランド語形らしい


M. Nicodemus (♂)

☆聖書人名

--GR--

[Greek] victory-people
/ギリシャ語名 Nikodēmos に由来。新約聖書に登場するユダヤ人の名
[カナ/(慣) 聖書人名] ニコデマス
分割位置/Nico-demus


M. Nicodème (♂)

--GR-- [地域] French

Nicodemus (♂) のフランス語形


M. Nicodemo (♂)

--GR-- [地域] Italian, Spanish, Portuguese

Nicodemus (♂) のイタリア語形,スペイン語形,ポルトガル語形


M. Nicol (♂)

--GR--

Nicholas (♂) の中世英語形


F. Nicola (♀)

--GR-- [地域] English

Nicholas (♂) のラテン語女性形・英語女性形

対照表


M. Nicola (♂)

--GR-- [地域] Italian

Nicholas (♂) のイタリア語形。イタリア語形は他に Nicolò , Niccolò (♂) もある
[カナ/Italian] ニーラ

対照表


M. Nicolas (♂)

--GR-- [地域] English, French

Nicholas (♂) の変形
[カナ/French] ニコ

対照表


F. Nicolasa (♀)

--GR-- [地域] Spanish

Nicholas (♂) のスペイン語女性形

対照表


M. Nicolaus (♂)

聖人名

--GR--

Nicholas, Nicolas (♂) のラテン語形
[カナ/(慣) 聖人名] ニコラウス


F. Nicole (♀)

--GR-- [地域] French, English

Nicholas (♂) のフランス語女性形。英語圏でも使われる
[カナ/French (慣)] ニコル,ニコール

対照表

この名を持つバラの品種と花色/Nicole (淡いピンクに紅色の覆輪)


F. Nicolette (♀)

--GR-- [地域] French, English

Nicole (♀) の指小辞形
/英語圏でも使われる


F. Nicolina (♀)

--GR-- [地域] English, Bulgarian

Nicola (♀) の指小辞形

Wikipedia によるとブルガリア出身のカナダ女優ニーナ・ドブレフ (Nina Dobrev) の本名はニコリーナ・コンスタンティノヴァ・ドブレヴァ (Николина Константинова Добрева)というらしい。


F. Nicolle (♀)

--GR--

Nicole (♀) の変形綴り


M. Nicolò (♂)

--GR-- [地域] Italian

Nicholas (♂) のイタリア語形の一つ。イタリア語形は他に Nicola, Niccolò (♂) がある

対照表


M. Nicomedes (♂)

聖人名

--GR--

[Greek] victory-scheme
/ギリシャ語名 Nicomēdēs に由来するラテン語名。1世紀のローマに Nicomedes の名を持つ殉教聖人が存在した
[カナ/(慣) 聖人名] ニコメデス


M. Nicomedo (♂)

聖人名

--GR-- [地域] Italian

Nicomedes (♂) のイタリア語形


M. Nicostrato (♂)

聖人名

--GR-- [地域] Italian

Nicostratos (♂) のイタリア語形
[カナ/Italian (慣)] ニコストラート


M. Nicostratos (♂)

聖人名

--GR--

[Greek] victory-army
/ギリシャ語名 Nikostratos のラテン語綴り。1世紀に St. Nicostratos と呼ばれた殉教者がいた。
[カナ/(慣) 聖人名] ニコストラトス
分割位置/Nico-stratos


F. Nida (♀)

--LA-- [地域] Russian

Antonida (♀) の略称形
[キリル文字] Нида


M. Niels (♂)

-諸説- [地域] (1) Danish (2) Dutch

(1) Nicholas (♂) のデンマーク語形
(2) Cornelis (♂) の短縮形
[カナ/Danish (慣)] ニールス

Nicholas 対照表

Cornelius 対照表


M. Nigel (♂)

--LA-- [地域] English

[Latin] black
[▽推定カナ表記]ナイジェル


F. Nigella (♀)

--LA-- [地域] English

Nigel (♂) の英語女性形。または植物名
[▽推定カナ表記]ナイジェラ


M. Niilo (♂)

--GR-- [地域] Finnish

Nicholas (♂) のフィンランド語形
[カナ/Finnish (慣)] ニーロ


M. Nika (♂)

--GR-- [地域] Russian

Nikanor, Nikodim, Nikolai, Nikon, Nikita (♂) の略称形
[キリル文字] Ника


F. Nika (♀)

--/-- [地域] Russian

(1) ギリシャ神話の勝利の女神「ニケ」に由来するロシア語名
(2) Veronika, Nina (♀) のロシア語略称形
/ロシア語では Ника (Nika) の綴りがギリシャ神話の女神「ニケ」を指す
[カナ/Russian] ーカ
[キリル文字] Ника


M. Nikanor (♂)

--GR-- [地域] Russian

[Greek]「勝つ」および「男」の意のギリシャ語に由来
/『岩波ロシア語辞典』に記載がある名。語意説明からするとスペイン語名 Nicanor (♂) に相当するロシア語名であるようだが,詳細不明
[カナ/Russian] ニカール
[キリル文字] Никанор


M. Nikephoros (♂)

--GR--

[Greek] victory-bringer
ギリシャ語名 Νικηφόρος のラテン文字表記の一つ。Nicephoros (♂) とも表記される。
Pherenike (♀) の前半・後半要素を逆並べにした名と思われる。
[カナ/(慣) 歴史人名] ニケフォロス

後半要素 -phoros を含む別の語として英語の Phosphorus (夜明けの明星,morning star) がある。ギリシャ語 Φωσφόρος (語意 morning star) の前半要素の語意は「光」で,全体的には「光をもたらすもの」の意だった。


M. Nikifor (♂)

--GR-- [地域] Bulgarian, Polish, Russian

Nikephoros (♂) のブルガリア語形,ポーランド語形,ロシア語形
[キリル文字] Никифор
[カナ/Polish (慣)] ニキフォル
[カナ/Russian (慣)] ニキフォル

ブルガリアの姓名 Nikiforoff は Nikifor (♂) 由来らしい。またロシアの Никифоров (Nikiforov, ニキフォロフ) という姓も Nikifor 由来に見える。


M. Nikisha (♂)

--GR-- [地域] Russian

Nikita (♂) の略称形
[キリル文字] Иикиша


M. Nikita (♂)

--GR-- [地域] Russian

(1) [Greek] unconquered, uncoquerable
Aniceto (♂) と同じギリシャ語名に由来
(2)「勝者」の意のギリシャ語に由来
/二,三の命名本で Nicholas (♂) の変形とされている
/この名を持つ有名人としてはソビエト連邦の政治家ニキータ・フルシチョフが存在する。
[カナ/Russian] ニキータ
[キリル文字] Никита

MEMO


F. Nikita (♀)

--GR-- [地域] English

本来 Nikita は男子名だが,英語圏では女性名としても使われることがある。1990年のフランス映画『ニキータ』 (La Femme Nikita) の影響かもしれない


M. Nikiti(i) (♂)

--GR-- [地域] Russian

Nikita (♂) の口語形
[キリル文字] Никитий


M. Nikitushka (♂)

--GR-- [地域] Russian

Nikita (♂) の愛称形
[キリル文字] Никитушка


F. Nikki (♀)

--GR-- [地域] English

Nicola (♀) の愛称形。独立名としても使われる
[▽推定カナ表記]ニキ,ニッキ


M. Niklas (♂)

--GR-- [地域] German

Nicholas (♂) のドイツ語短縮形
[カナ/German] クラス


M. Niklaus (♂)

--GR-- [地域] German

Nikolaus (♂) の変形


M. Nikochka (♂)

--GR-- [地域] Russian

Nikanor (♂) の愛称形
[キリル文字] Никочка


F. Nikochka (♀)

-諸説- [地域] Russian

(1) Nika の愛称形
(2) Veronika (♀) のロシア語愛称形
[キリル文字] Никочка


M. Nikodim (♂)

--GR-- [地域] Russian

「勝利」-「民衆」の意のギリシャ語に由来し,聖書に登場するニコデモ (イエスに教えを乞うたユダヤ教の教師) のこと,と『岩波ロシア語辞典』にある。どうも Nicodemus (♂) と対応するロシア語名らしい
[カナ/Russian] ニコーム
[キリル文字] Никодим


M. Nikodimushka (♂)

--GR-- [地域] Russian

Nikodim (♂) の愛称形
[キリル文字] Никодимушка


M. Nikola (♂)

--GR-- [地域] Russian, Bulgarian

Nikolai (♂) の口語形
[キリル文字] Никола


M. Nikolai (♂)

--GR-- [地域] Russian, Bulgarian

Nicholas (♂) のロシア語形
[カナ/Russian] ニコーイ
[カナ/Russian (慣)] ニコライ
[キリル文字] Николай

対照表


M. Nikolasha (♂)

--GR-- [地域] Russian

Nicholas (♂) のロシア語愛称形
[キリル文字] Николаша


M. Nikolka (♂)

--GR-- [地域] Russian

Nicholas (♂) のロシア語略称形
[キリル文字] Николка


M. Nikolaus (♂)

--GR-- [地域] German

Nicholas (♂) のドイツ語形
[カナ/German] ーコラウス

対照表


M. Nikon (♂)

--GR-- [地域] Russian

[Greek] victory
[カナ/Russian] ーコン
[キリル文字] Никон


M. Nikonushka (♂)

--GR-- [地域] Russian

Nikon (♂) の愛称形
[キリル文字] Никонушка


M. Nikula (♂)

--GR-- [地域] Russian

Nicholas (♂) のロシア語口語形
[キリル文字] Никула


M. Nikusha (♂)

--GR-- [地域] Russian

Nikanor, Nikon (♂) の愛称形
[キリル文字] Никуша


F. Nikushenka (♀)
(Nikushen'ka)

--GR-- [地域] Russian

Nika (♀) (1) の愛称形
[キリル文字] Никушенька


M. Nil (♂)

-不明- [地域] Russian

エジプトのナイル川かギリシャの神名ネーレウスに由来か……と岩波ロシア語辞典にある。また信用度が低そうな命名本には Neal (♂) の変形としてある。個人的には Nils, Niels (♂) と関係しそうな気がするが,調べられない
[カナ/Russian] ニール
[キリル文字] Нил


M. Nila (♂)

-不明- [地域] Russian

Nil (♂) の略称形
[キリル文字] Нила


M. Nils (♂)

--GR-- [地域] Swedish

Nicholas (♂) のスウェーデン語形
/ノルウェーでも使うらしい
[カナ/Norwegian (慣)] ニルス


F. Nilsine (♀)

--GR-- [地域] Swedish

Nils (♂) の女性形


M. Nilushka (♂)

-不明- [地域] Russian

Nil (♂) の愛称形
[キリル文字] Нилушка


F. Nilya (♀)

-造名- [地域] Russian

Ninel (♀) の略称形
[キリル文字] Ниля


F. Nina (♀)

--/--

(1) Anne (♀) のロシア語指小辞形
(2) Antonina (♀) の短縮形
(3) ドイツで Anna (♀) の愛称に使うことがあるらしい
(4) Antonina, Ninel (♀) のロシア語略称形
(5) アッシリアの創建者の名,首都名ニンに由来するのではないかと推定されている
/様々な由来があってはっきりしない名。検索によるとブルガリアでは Nicolina (♀) の短縮形として使われる
[カナ/English] ーナ
[カナ/German] ーナ
[カナ/Russian] ーナ
[カナ/French (慣)] ニーナ
[カナ/Polish (慣)] ニナ
[キリル文字] Нина


F. Ninel (♀)

-造名- [地域] Russian

レーニン (Lenin) のアナグラムで造られた名
[カナ/Russian] ニーリ
[キリル文字] Нинель


F. Ninette (♀)

--/-- [地域] French

Nina (♀) のフランス語指小辞形。英語圏でも使われる
[カナ/French (慣)] ニネット


M. Ninian (♂)

聖人名

-CE?- [地域] Scottish, Irish

語源不祥。5世紀の司教でピクト人に伝道したと言われる聖人の名


F. Ninochka (♀)

-諸説- [地域] Russian

Nina (♀) のロシア語愛称形
[キリル文字] Ниночка


F. Ninon (♀)

--/-- [地域] French

(1) Anne (♀) のフランス語愛称形
(2) Antonina (♀) の略称形である Nina (♀) のフランス語愛称形
[カナ/French] ニ


F. Ninulya (♀)

-諸説- [地域] Russian

Nina (♀) のロシア語愛称形
[キリル文字] Нинуля


F. Nisa (♀)

--GR-- [地域] Russian

Anisya (♀) の略称形
[キリル文字] Ниса


F. Nita (♀)

--/-- [地域] (1) English (2) Russian

(1) Anita (♀) の英語短縮形
(2) ロシアで Nina (♀) の略称形として使う
[キリル文字] Нита

目次N-O

Copyright (C) 1999-2014 S. Sonohara, All rights reserved.

説明一覧

ABC  対照表

カナ  ノート

メモ  LINKS