記事タイトル:本日講座は休講です。 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: ゆくと   
こんばんは。
今夜はマンガ喫茶で、ゆっくり拝見しています。

 食品本のコーナーに「イカはしゃべるし空も飛ぶ」という
本を紹介されていますが、これ、僕も読みました。
めちゃくちゃ面白いです。どんな方でも楽しめる本だと思います。
全長三メートルはあろうかという立派な巨大イカと、ダイバーさん
の2ショット写真も見られますよ(興味津々笑)。
僕は、友達に借りて読みました。あんまり面白いので、自分で買っ
た一冊は別の友達にあげてしまいました。また買うつもり。

 僕は今、大学で水産にいるのですが、毎日昆布や海栗やあわび
やら、おいしそうな授業がてんこもりです。ホヤの授業もありまし
たよ。
 ホヤは原索動物に分類されますが、なぜ原索と呼ばれるのか、皆さ
んご存知でしょうか。彼らは、普段スーパーで見かける、あのパイ
ナップルのような姿になる前は、動物プランクトンとして海を漂っ
ているのですが、その姿はあたかもオタマジャクシ!原始的な生き
物とされるもので初めて背骨(正確には脊索と言います)が見ら
れるので、原索動物と言うそうです。岩にくっついて大人のホヤに
なる時、この背骨をぽィと捨ててしまうのですが、、。
 我々猿族(笑)も含む全ての脊椎動物のご先祖様は、このホヤの
子供が幼型成熟したものだとの説もあります。
(幼型成熟とは、ある生物種の子供が繁殖能を持ち、新たな種として
別々に進化していくことです。)

 akisyさんの「猿への伝言」、面白いです。僕も、まだ大学生
の若輩ではありますが、公共と自分の内面の%A
[2001/05/21 23:05:44]

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る