ホーム > 史跡巡り > 上田・真田編
真田氏本城跡

 真田一族の戦略拠点
真田氏本城跡
真田氏本城跡
本郭土塁から二の郭、真田町を望む。本城跡からは真田町内を一望できる。
真田氏本城は松尾城とも呼ばれ、真田昌幸が上田城を築城するまで真田氏の本城であった。平常時は真田館で暮らし、戦争時にはこの本城に篭ったという。天白城とともに、馬蹄形状につくられ、南西面に広がる緩やかな斜面は、真田氏館跡や原の郷へと続き、指呼の間に戸石城を望むことができる。

◆交通
JR北陸新幹線、しなの鉄道 上田駅下車
上信越自動車道 上田・菅平I.C. 本郭土塁のすぐ裏まで車で行くことが出来る

本城土塁跡 本郭土塁
真田氏本城、本郭の端に築かれた土塁。現在は「史跡真田氏本城跡」の碑がたつ。土塁のすぐ裏まで車で乗り付けることができる。ここから二の郭、三の郭、そして、真田市街を見渡すことができる。
本城全体図
本郭は、東西9m南北37mの広さで、南側に高さ2mの土塁を築き、北方へ二の郭、三の郭と段差を設けながら延び出し、その北側は急崖となって厳重に防備している。
規模が大きく水利もある。
本城縄張り
 【関連事項】
  • 上田築城
  • 真田氏歴史館

  • ご意見、ご感想は掲示板 までお願いいたします。
    Copyright (C) 1999-2004 ISLAND VILLAGE