真田氏の館 三代録 名門真田家三代(真田幸隆 真田昌幸 真田幸村)の記録
真田関連書籍なら
戦国歴史Book Store

上州
■史跡巡り目次■

沼田城址

正覚寺

天桂寺

海野塚

名胡桃城址

嵩山城址

岩櫃城址

羽根尾城址

サイトマップ

 ホーム > 真田氏史跡巡り > 上州編

岩櫃城

岩櫃城本丸址 岩櫃城は、建久年間に吾妻太郎助亮によって築城されたといわれている。大規模な山城で天険の要害であった。戦国時代には上杉・武田の攻防の舞台となるが、永禄6年に真田幸隆の内応工作により落城する。以後、真田氏の支配となる。武田氏滅亡の際には真田昌幸が武田勝頼を迎える準備をしていた城でもある。しかし、大坂の陣の際に徳川氏をはばかって真田信之の手で破却された。現在は本丸跡や二の丸跡などが残っている。
  • 岩櫃山登山口(一本松)

    登山口岩櫃山への登山口は他にも密岩通り登山口、赤岩通り登山口がある。しかし、本丸へは一本松の登山口が一番近い。案内板によると本丸へは11分で行けるらしい。しかし、途中の坂がかなりきつい。

  • 堀・中城

    左側の写真は本丸南側の堅堀である。右上が本丸である。とても急な坂になっており進軍はとても困難である。右側の写真は中城と呼ばれている曲輪であり三の丸のようなものである。

    中城堀

  • ご意見大募集中!!
    ◆幸村という名前の謎

    信繁という名がありながら、幸村と呼ばれるようになったのは何故か?皆様のご意見をお寄せ下さい!
    イベント情報募集中!!
    ◆戦国イベント掲示板

    全国である戦国関係イベントの情報をお寄せください!
    ◆真田幸村関連グッズ
    皆様の生活を幸村色に!真田幸村関連のさまざまな商品をご紹介!
    ★NHKドラマ「真田太平記」
    小大名真田家がどの様に激動の戦国時代末期を生き抜いていったかを描いた池波正太郎氏の名作。
    ◆戦国なんでもランキング
    皆様のちょっと気になる戦国のあんなことやこんなことをランキング形式で聞くことが出来ます。皆様の投票&お題の ご提供をお待ちしています!
    ◆真田日記 管理人ブログ
    大河ドラマのことや日常生活で見つけた戦国チックな話を日記形式で綴ります。 皆様のコメントもお待ちしております!
    真田幸隆 - 真田昌幸 - 真田幸村 - 真田一族 - 史跡めぐり - 用語辞典 - その他 - サイトマップ (C) Copyright 1999-2009 真田氏の館