真田氏の館 三代録 名門真田家三代(真田幸隆 真田昌幸 真田幸村)の記録
真田関連書籍なら
戦国歴史Book Store

真田太平記 第壱集

真田太平記 第弐集





サイトマップ

ホーム > 真田三代の部屋 > 真田幸村 >

真田幸村という名前の謎

真田幸村という人物は、大坂の陣で十勇士が活躍した小説や講談が広がったことなどから、小説の中の人物と、実在した人物に大きな隔たりがある人物です。そもそも幸村という名前からして実際に使われていた名前とは違います。良質の資料には幸村という名前は出てきません。通称幸村と呼ばれている真田昌幸の次男は、幼名を弁丸といい、元服して信繁と名乗るようになりました。ではなぜ、信繁という名がありながら幸村という虚名で呼ばれるようになったのでしょうか。

Powered by NINJA TOOLS
    【皆様からのご意見】
  • 鞠ノ宮龍屡さんからのご意見
    幸村というのは、後世の造作だと思います。 どの資料にも幸村と名乗っていない事からそうだと思うのですが、でも私は幸村というのが好きです。 「幸村」なのですが、幸村の「幸」という字は、幸隆、昌幸、信幸などの「幸」だと思います。 「村」なのですが、私は、妖刀「村正」の「村」だと思います。 村正とは、徳川を呪う刀の銘として有名です。信繁もその銘の刀を持っていたので。 それに、徳川家康を散々苦しめた物として、信繁と村正は互いに共通しているところがあると思ったからです。

  • S・Yさんからのご意見
    真田信繁は武田氏滅亡後武田氏に対する悲しみや苦しみを後の戦に引きずらないようにするため武田氏を連想させない武田氏と全く関係のない真田幸村という名前にしたんだと思います。

  • くれいんさんからのご意見
    江戸時代の読み物に登場させる際、多くの大名から評価されたが、さすがに「神君」家康公に最後まではむかった侍だったため。ただ、内容が忠義者で戦上手、さらには一騎がけの猛将だったため、公儀が名前を変えての出版ならokとしたからではないか? と思っています。

  • 杏仁さんからのご意見
    事実はさておき、私は幸村という名が好きです。大勢の人がそう呼んで、愛した名だからです。当時の習慣や世界観は現代と違うので、なにかのくくりの中で使われた名前なのかも、と思う事があります。現代でも職場や友人同士で同じ人で呼び方が違うし。なにか文化的な理由があったら、おもしろいのに、と考え真田関係の本をよく読んでいます。宝探しみたいで楽しいです。これからものんびり追求します。

  • Moziさんからのご意見
    昌幸・信繁親子には、武田信玄の軍略の後継者という自負心のようなものがあったのではないかと思います。武田氏滅亡の後、甲斐の国は徳川氏が領有することとなり、旧武田遺臣の多くは徳川氏配下の井伊氏のもとにおかれることとなり、そこから井伊の赤備えがはじまったことになるわけです。一方、大阪の役で信繁は、あらかじめ用意しておいたわけではなく、わざわざ作らせてまで自らの部隊を赤備えで統一したくらいですから、武田軍略の後継者の意識はかなり強かったと思います。幸村の名前は、江戸時代に入ってから井伊家に仕える武田遺臣に配慮し、真田家と武田軍略のつながりを連想させないようにするために考え出されたものではないかと思います。当然のことながら、真田信繁は死ぬまで信繁の名前を名乗っていたと思います。

  • ノラネコさんからのご意見
    私は幸村と名乗っていたと思いたいです。兄(諸説ありますが)が、父昌幸から決別したことを表わすために信幸から信之と字を改めてしまったので、自分が父の名(幸の字)と意思を継ぐ者として改名したのではないかと、そう思います。病床の父を励ますためだったのかもしれません。だけど身内には、助命に奔走してくれた兄に遠慮して、信繁の名で書状をしたためたのではないかと・・・。火のないところに煙はたたずと申します。私はむしろ、それならなぜ江戸時代に書かれた書物は、俗名を用いなればならなかったのか、の方が疑問なんですが・・・。(幕府への遠慮?)

  • 真田幸村さんからのご意見
    幸村は死ぬ直前に自分の名前を変えたと言う話を聞きました

  • Deepさんからのご意見
    難波物語を書くにあたって「信繁」と記せなかったのではないかと考えます。「信繁」は晴信の弟と重なることもあり三方ヶ原を連想させることになります。それは家康公を馬鹿にしているととらえかねられてまずいと考えたのだと考えます。偶然「信繁」であったため、戦っていない弟にまで追い詰められたように書けなかったので別名を作ったのでしょう。

  • T.SANADAさんからのご意見
    江戸時代、講談物、絵草子等で真田物が多く出回りました。 ご存知の通り日本人は判官びいきですから・・・ その時、一般受けしてカッコイイ名前が必要になったのでしょう。 では、どこから見つけ出してきたのか? そのヒントがこの前「真田まつり」の時にお会いした人から見出されました。 その方の名字を「幸村」さんといいます。勿論コウムラとお読みするのですが。 出身は上越市です。近いでしょう上田や松本から。謙信公の春日山です。 案外そのあたりではないでしょうか。そして立川文庫がトドメを刺した。 でも、私自身この名前は好きですよ。信繁なんていう厳めしい名前より柔らかくて 優雅ですもの。

  • ISLAND VILLAGEの意見
    幸村という名は江戸時代に考え出されたと思います。良質の資料には幸村という名乗りは一度も出てきません。それにもかかわらず江戸時代にできた「真田家譜」には幸村と記されており、信繁は別名扱いされています。幸村という名を作り出したのは、やはり、響きのよさからでしょう。「幸」という字は真田家で代々使われている字です。幸隆、昌幸、信幸など。それ以上に「信」という字は使われていますが・・・。「村」は姉の村松殿から来たのかもしれませんね。真田に縁のある字をつかって「幸村」。いかにも江戸時代に考えられそうな名前ではないですか。

  • 龍鈴さんのご意見
    以前考えた事があって、個人的には納得したのですが、何だったのか 思い出せないです(T_T)。
    確か、真田幸隆、昌幸、信幸(信之)なのに、なぜ幸村様だけ信繁なのだろう、と思っていまして、きっと最後に幸村と改名して、信州の真田家とは別の真田として意志表示をしていたのではないでしょうか。別に縁を切ったと言うわけで無く。
    でも現存する書物などには確認できていないんですよね。
    岩見十太郎(あってる?)のように、又の名を、って感じで単におおやけの書類に残らなかった通り名だった。のでは?
    あくまで実際に使っていたと考えています

  • たびとさんのご意見
    真田信繁と言う名はそもそも父親の真田昌幸が武田信玄の家臣だった頃の話までさ かのぼります。
    結論から言いますと、信繁の名は信玄の弟の典厩信繁から取られたも のだとされています。
    師とも言える信玄がいつか「典厩が生きていてくれたら・・・」 と洩らしたくらい信頼していた優秀な人だったようです。
    人格的にも武将としても。 これだけの人物と言うこともあって昌幸は幸村が元服した祭にはこの「信繁」の名を継 がせたのではないかと思います。
    幸村についてもう一つ考えたことがあるんですが、通り名と言うものが当時あった ことはご存知ですよね。真田家の家督を継ぐ人はみな頭に「幸」の字がきます。EX. 幸○、と言ったように。幸村も頭に「幸」に字がつくのは結局父昌幸の死からではない かと思うんです。(そのような史料は残っていませんが) 幸村と頭に「幸」をつけ ることによって自分が昌幸系の真田家を継いだとする自己表現ではないかと考えまし た。(本家は兄信幸が継いでいますから) そう言えば信幸は下に「幸」の字がきてい ますね。ひょっとして、幸村こそ正当な真田家の継承者と考えたのかもしれません ね。

  • 真田幸村さんのご意見
    江戸時代に出回り始めた「真田三代記」が重きをなしているのでは?と考えておりま す。家康は周知の通り「国家安康」「君臣豊楽」と刻まれた方公寺の鐘の文字に難癖 を付けて秀頼公を攻め滅ぼす口実にしたわけですね。世間はこの家康のやり口に反感 を覚えたものと思われます。そこで家康の誘い(それも十万石や信濃一国という破 格)を蹴り、最期まで秀頼公に殉じた幸村に世間は惜しみない賞讃を送ったことで しょう。その結果、江戸時代に先の「真田三代記」が登場し、本来ならば三代目は信 幸のはずが幸村になってしまったのでしょう。では、何故「幸村」か?当時は一門の 者には共通の一字を付けたがる風潮があります(特に後継者には)。そこで「真田三 代記」と銘打っておきながら、幸隆、昌幸、信繁ではちょっと格好がつかないので 「幸」の一字を使い、「村」の字は・・・やはり姉の字からでしょうか。幸村は姉に 度々他愛もないことで書状を送っていることから姉思いであったのでは、と推察され ます。以上のことから「幸村」。いかがでしょう?
注)真田幸村画像(仙台真田家蔵)は許可を得て掲載しております。 転載はご遠慮ください。
真田幸隆 - 真田昌幸 - 真田幸村 - 真田一族 - 史跡めぐり - 用語辞典 - その他 - サイトマップ
(C) Copyright 1999-2009 真田氏の館