真田氏の館 三代録 名門真田家三代(真田幸隆 真田昌幸 真田幸村)の記録
真田関連書籍なら
戦国歴史Book Store

真田太平記 第壱集

真田太平記 第弐集





サイトマップ

ホーム > 真田三代の部屋 > 真田幸村 >

真田幸村の逸話


  • 真田幸村の好物は焼酎

    これは、幸村が九度山に流されている時の話である。九度山の麓にいる家臣・河原左京に宛てた書状の中で次のように語っている。

    この壺に焼酎をおつめ下さるようにお願いいたします。今、お手持ちがなければ、この次でもよろしいですから、お頼み申します。むずかしいと思いますが、壺の口をよくしめて、その上壺の口を紙で目張りをして下さるようお願いいたします。御都合次第で取りに伺います。
    (中略)
    どうか、壺二個の焼酎のこと、よろしくお願いします。この外にも余分にあったら、いただきたいと思います。

    六月廿三日 左京殿 真好白信繁(花押)

    幸村がいかに焼酎が好きであったかうかがえる逸話である。

  • 真田幸村と名刀

    慶長19年、大坂冬の陣の直前のことである。ある日、豊臣側の大野治長の屋敷に伝心月叟という山伏が訪ねて来た。治長が留守であったので、代わりの者がでて応対した。

    「どこからおいでの方か。」

    と応対の者が尋ねると、山伏は、

    「大峰から参りました。祈祷の書物を治長様に差し上げに来ました。」

    と答えた。応対の者は、

    「殿は今登城されて不在だ。帰宅を待たれよ。」

    と言って番所の脇へ呼び入れた。その時、番所では若侍たち十人ばかりが集まって刀の目利きをしていた。若侍の一人が山伏を見て、

    「貴公の刀を拝見させてもらいたい。」

    と言った。すると、山伏は、

    「いやいや、私の刀は犬脅しのための物でございます。お目にかけるようなものではありませんが、お慰みにどうぞ。」

    と答えて、刀を差し出した。見ると、形といい、光といい、大変に見事な刀であった。若侍の一人が、

    「山伏にしては良刀を持っておるのう。ついでに脇差も見せてくださらぬか。」

    と、言った。山伏は快く脇差も見せた。これも見事な物であった。若侍たちは刀身に目を這わせていたが、そのうちに銘を見てびっくりして、

    「この刀は正宗、脇差は貞宗の作った物だ。」

    と、言った。
    そこへ治長が城から帰って来て、山伏の顔を見ると、その場に手をついてかしこまり、

    「これはこれは、ようこそおいで下さいました。近日お越しと承っていましたが、早速おいで願いまして有難うございました。」

    と山伏に幾度も礼を言い、書院に案内した。若侍たちは、この時、初めて山伏が真田幸村であることを知った。
    幸村は関ヶ原の合戦後、九度山に配流されていたが、豊臣方が挙兵すると聞いて、脱出してきたのであった。


ご意見大募集中!!
◆幸村という名前の謎

信繁という名がありながら、幸村と呼ばれるようになったのは何故か?皆様のご意見をお寄せ下さい!
イベント情報募集中!!
◆戦国イベント掲示板

全国である戦国関係イベントの情報をお寄せください!
◆真田幸村関連グッズ
皆様の生活を幸村色に!真田幸村関連のさまざまな商品をご紹介!
★NHKドラマ「真田太平記」
小大名真田家がどの様に激動の戦国時代末期を生き抜いていったかを描いた池波正太郎氏の名作。
◆戦国なんでもランキング
皆様のちょっと気になる戦国のあんなことやこんなことをランキング形式で聞くことが出来ます。皆様の投票&お題の ご提供をお待ちしています!
◆真田日記 管理人ブログ
大河ドラマのことや日常生活で見つけた戦国チックな話を日記形式で綴ります。 皆様のコメントもお待ちしております!
真田幸隆 - 真田昌幸 - 真田幸村 - 真田一族 - 史跡めぐり - 用語辞典 - その他 - サイトマップ
(C) Copyright 1999-2009 真田氏の館