真田氏の館 三代録 名門真田家三代(真田幸隆 真田昌幸 真田幸村)の記録
真田関連書籍なら
戦国歴史Book Store

■幸村の生涯目次■

幼少時代

人質時代

初陣

秀吉の死

家康東下

犬伏の別れ

昌幸・幸村上田へ

関ヶ原の合戦

九度山時代

九度山脱出

大坂冬の陣

大坂夏の陣


サイトマップ

ホーム > 真田三代の部屋 > 真田幸村 > 真田幸村の生涯 >
初陣(松井田城・箕輪城攻防戦)
  • 真田幸村の初陣は松井田城・箕輪城攻防戦

    名胡桃城事件(小田原征伐のきっかけ)
    豊臣秀吉の天下統一最後の仕事は関東の雄・北条家を臣従させることであった。しかし、何回上洛を促しても北条父子(氏政、氏直)はなかなか応じようとしない。豊臣家と北条家の関係は緊迫したものであった。

    ところで、北条家は早雲の時代から関東統一が野望であった。そのため、真田家が統治している沼田城が欲しくてしょうがない。徳川家(豊臣家と緊張状況にある時、後顧の憂いをたつために北条家との和睦を結ぼうとしていた)と北条家の和睦の条件に沼田の北条への引渡しがあった(この時、真田家は徳川家に臣従していた)。しかし、沼田は真田昌幸が苦労して切り取った領地であり、家康からもらったものではない。そのことが原因で真田と徳川は手切れになり上田合戦がおこるが、それは「人質時代(上杉、豊臣へ)」参照。

    話を戻すが、北条家は関東制覇のためには沼田を手に入れたかった。秀吉は天下統一のためには北条を臣従させたかった。秀吉も一歩譲り沼田の領地の内、利根川から東を北条領とし西を真田領とする提案をした。真田家にとっては全く損な条件であるが、当時は豊臣家に従っていたことや昌幸が秀吉の性格を気に入っていたことから、受け入れることにする。北条側も一応は納得し上洛に応じる。しかし、そんな矢先に事件がおこった。

    北条家臣・猪俣邦憲が豊臣家との裁定を踏みにじり、沼田領の西・名胡桃城(真田領)を急襲したのである。名胡桃城代・鈴木主水はこれを恥じ沼田正覚寺で自刃する。昌幸の訴えを聞いた秀吉は激怒し、北条氏に宣戦布告を行う。全国の諸大名に動員令を発令した。小田原征伐のはじまりである。

    真田家、小田原征伐に従軍
    秀吉は天正17年(1589)11月24日に北条父子に宣戦布告するとともに諸大名に動員令を発令した。12月10日には聚楽第において家康と具体的な手立てを相談している。年が明けた2月10日に上杉景勝は春日山城を発し、15日に海津城に到着している。一方、前田利家は2月20日に金沢を発し、信濃で景勝軍と合流。これに真田昌幸、松平康国が加わっている。これを秀吉の東海道北上軍に対し北陸支隊という。北陸支隊の構成は上杉軍1万、前田軍1万8千、真田3千、松平4千の計3万5千の大軍であった。この時、真田軍に幸村も従軍している。確かな史料に出てくる最初の幸村参陣である。

    幸村、大道寺軍を壊乱(碓氷峠の合戦)
    真田昌幸隊は前田、上杉隊と軽井沢で合流し、碓氷峠にさしかかっていた。碓氷峠は上信国境の要であり、北条軍も防衛に意を注いできた。また、峠道であり大軍の動きが鈍る場所であった。松井田城主・大道寺政繁は碓氷峠で先制攻撃を仕掛けようと、与良与左衛門をはじめとする800の兵を置き待ち構えていた。
    真田軍は信幸がまず碓氷峠と松井田の物見に出た。そこに、待ち構えていた与良勢と遭遇し、激しい戦闘になる。物見の信幸一行は少数であったが、奮戦し与良を討ち取り与良勢を撃退する。
    その後、真田軍は大道寺軍と遭遇し乱戦になる。初陣の幸村は大道寺軍に突っ込み壊乱させるなど活躍する。

    幸村の初陣の様子は「長国寺殿御事蹟稿」次のように描写されている。

    松枝ノ城主大道寺駿河守、人数ヲ出シケル。其ノ節、信州侍二与良与左衛門ト云フ者有リ。元来ハ甲州侍ナルガ、北条家ニ仕ヘケリ。此ノ度松枝ヘ小田原ヨリ加勢ノ為ニ来リテ、此ノ城ニ居ケルガ、唯一騎馬上ニテ十文字ノ槍ヲ提ゲテ坂本ノ町ハズレ坂ヘ上ル。右ノ方ニ辻堂ノ有ル所迄来リ。静カニ物見ヲシケル処ニ、信幸ノ家人ニ吉田政助ト云フ者アリ。与良ニ駆ケ合ハセテ暫ク迫メ合ヒケル。然ル処ニ、富沢主水ト云フ者、坂ノ上ヨリ桑ノ木ノ有リシヲ台ニシテ、鉄砲ニテ彼ノ与良ヲ打落シケリ。其ノ後、磐根石ト云フ切所ニテ迫メ合ヒアリ。時ニ源次郎信繁、自身ニ働キ、手ヲ砕キテ高名アリ、敵ヲ追ヒ崩サル。

    ここに出てくる源次郎信繁というのは幸村の本当の名前である。

    松井田城攻略
    碓氷峠を突破した真田軍以下は松井田城下に殺到した。松井田城は要害堅固で北条方も防衛に自身を持っていた。大道寺軍は頑強に抵抗し、攻城は困難を極めた。秀吉は自軍が箱根を越えていたことから、松井田城攻略の遅れに神経と尖らせていた。秀吉は得意の付城を築き松井田攻撃を強化するように命令。周辺を放火し、篭城軍の士気を削ぎ、兵糧攻めに入った。ついに、大道寺軍は降伏開城する。

    松井田攻略の一連の作戦が真田幸村の初陣となった。

    箕輪城攻略
    小田原城 松井田城を攻略した北陸支隊は引き続き上野国の諸城を攻略する。箕輪城は上野国の要であり、なんとしても抑えておく必要があった。城主・垪和信濃守は、上野国の諸城が落ちていくのを見ると動揺し、城内で勃発したクーデターにより城から追放される。このため、箕輪城はほぼ無血で占領することに成功した。昌幸と幸村は秀吉から箕輪城仕置きを命じられる。一段落すると、武蔵鉢形城、八王子城と陥落させ小田原包囲陣に加わる。小田原征伐に関する一連の働きにより真田家は秀吉に重く用いられるようになる。右の写真は小田原城天守。

  • 神川合戦(第一次上田合戦)は?
    先ほど、徳川家と真田家が手切れになり上田合戦が起こったと述べた。小説などでは、この時、幸村が出陣しているしている場合が多い。しかし、上田合戦は1583年、松井田城攻略は1590年である。これでは、松井田城攻略は初陣にならない。どういう事かと言うと、早い話が上田合戦での幸村の出陣はなかったということである。

    上田合戦時の背景を簡単に説明する。真田家は徳川家と主従関係にあったが、沼田城の件で手切れとなる。つまり、徳川家と敵対したのである。徳川と比べると真田は余りにも小さい大名であった。そのため、後ろ盾が必要であった。そこで頼みにしたのが、越後の上杉景勝である。しかし、徳川家につく前は上杉家についていた。つまり、真田は一度上杉を裏切ったのである。昌幸の表裏をわきまえている景勝は疑いながらも真田家の後ろ盾となることを約束する。その時に、昌幸は次男の幸村を人質として上杉家に出している。上田合戦が起こったときも幸村は上杉家の治める海津城にいた。つまり、上田合戦には参陣できなかったのである。
    小説などでは、幸村が「家の一大事なので、出陣させて欲しい」と景勝に申し出て、景勝がこれを許したということになっているが、史実はそうではないようである。

←人質時代(上杉、豊臣へ)     秀吉の死(真田家の試練)→
真田幸隆 - 真田昌幸 - 真田幸村 - 真田一族 - 史跡めぐり - 用語辞典 - その他 - サイトマップ
(C) Copyright 1999-2009 真田氏の館