真田氏の館 三代録 名門真田家三代(真田幸隆 真田昌幸 真田幸村)の記録
真田関連書籍なら
戦国歴史Book Store

■真田一族目次■

真田氏系譜

真田氏の家紋

真田一門衆

真田十勇士

江戸時代の真田氏

真田信之

松代藩

沼田藩

上田藩

サイトマップ

真田太平記 第壱集

真田太平記 第弐集




サイトマップ

 ホーム > 真田一族の部屋 >

真田氏の家紋

  • 六文銭紋(六連銭紋)
    戦国時代から江戸時代にかけて、武門のほまれの高かった真田氏が用いた紋所。連銭紋の一種。一文銭を三個ずつ横二列に並べた紋。合計六個の銭は六道(地獄、餓鬼、畜生、阿修羅、人間、天上)の衆生を救うため三途の川を渡る渡船料を意味するという。真田氏の子孫の方のお話によると六文銭は戦争時に用いた紋のようである。
  • 結び雁金紋
    渡り鳥のガンのことで、カリは鳴き声から出た擬声語。雁が音(雁金)は異称。かぎ型の列を組んで飛び、日本には晩秋に北から来て、翌春、また北へ去る。秋空高く、群れをなして鳴き渡る雁の姿に、郷愁を覚える人も多い。便りをもたらす鳥ともいわれる。
    雁の両羽を円形に捻じった紋を結び雁金紋といって、雁紋の典型型である。真田氏の子孫の方のお話によると結び雁金紋は平和な時に用いた紋のようである。
  • 州浜紋
    州浜紋は六文銭紋、結び雁金紋と共に真田家で用いられた家紋である。
    州浜とは河口などに出来る砂州の形から来ている。めでたい紋とされている。
  • 〜六文銭紋は実は地蔵信仰から来ている〜

    六文銭は地蔵信仰による仏教色の強い家門である。武将は戦場にあって、人を殺すことを仕事とした。殺生は仏教では許されない。殺生を常とするものは地獄に落ち、終わりのない責め苦にさいなまれる。しかし修行僧の形をかり、この世にあらわれて六道の衆生を救うとされる地蔵の慈悲は、その武将達の非道をも救うとされた。

ご意見大募集中!!
◆幸村という名前の謎

信繁という名がありながら、幸村と呼ばれるようになったのは何故か?皆様のご意見をお寄せ下さい!
イベント情報募集中!!
◆戦国イベント掲示板

全国である戦国関係イベントの情報をお寄せください!
◆真田幸村関連グッズ
皆様の生活を幸村色に!真田幸村関連のさまざまな商品をご紹介!
★NHKドラマ「真田太平記」
小大名真田家がどの様に激動の戦国時代末期を生き抜いていったかを描いた池波正太郎氏の名作。
◆戦国なんでもランキング
皆様のちょっと気になる戦国のあんなことやこんなことをランキング形式で聞くことが出来ます。皆様の投票&お題の ご提供をお待ちしています!
◆真田日記 管理人ブログ
大河ドラマのことや日常生活で見つけた戦国チックな話を日記形式で綴ります。 皆様のコメントもお待ちしております!
真田幸隆 - 真田昌幸 - 真田幸村 - 真田一族 - 史跡めぐり - 用語辞典 - その他 - サイトマップ
(C) Copyright 1999-2009 真田氏の館