鮫川漁業協同組合の概況

sample内水面漁業協同組合として鮫川水系河川における漁業の振興を図ると共に、遊魚によって自然に親しもうとする人々にその場を提供する各種の事業を進めて参りました。しかし、原発事故による影響は依然と続き、未だに遊漁者は回復しておりません。この様な中異常な気候変動があり遊漁期間中に増水や渇水の為、遊漁券売り上げの減少や、魚類の生育不良、更には渇水のため、魚道からの遡上する魚種の減少となりました。さらには、カワウの食害等漁協をとりまく環境は厳しい年度でした。そのような状況下でも組合に課せられている種苗放流の増殖事業と河川環境の保全事業を優先する組合運営に努めて参ります。今後も組合運営の課題は続きますが、全員の協力で魅力ある川づくりを進めます。

   

主なアユ釣り場

お知らせ