鮫川漁業協同組合の概況

sample内水面漁業協同組合として鮫川水系河川における漁業の振興を図ると共に、遊魚によって自然に親しもうとする人々にその場を提供する各種の事業を進めて参りました。特に今年度は厳しい財政の中、負の資産であった「養殖施設の解体」が完了し整理がつきました。また組合の主な事業である種苗放流は目標を達成することができました。しかしながら、河川の状況は年々変動が大きく種々の事柄の対応も、想定を超えており対策が取れない状況にありました。年度前半は渇水で魚道に水が流れない状況が長期間続き、特にアユを始め多くの魚種が遡上する時期と重なり被害を受けました。一方河川環境は道路の拡幅工事やその他の作業での汚泥水の流入、さらに台風19号や大雨等の影響で漁場環境は最悪の状況にになりまし。このような状況下でも組合課せられている種苗放流の増殖事業と河川環境の保全事業を優先する組合運営に努めて参ります。今後も組合運営の課題は続きますが、全員の協力で魅力ある川づくりを進めます。

   

主なアユ釣り場

お知らせ