自然考庵
自己探求宇宙星座音楽音楽試聴生命起源サイト紹介ショップリンク旬の食材サイトマップ



音楽と音律について
音階歴史ギターViolinMIDI転調表

音楽と音律について

いい音楽は、こころを癒してくれますね。ほっと一息つくとき、こころの高まるとき 悲しく落ち込んでいるとき、どんな時でも音楽は、そんな気持ちを増大してくれます。 美しい音や澄んだ和音を求めるのは、人間本来の心が希求するものではないでしょうか。


現在の音程の規則とは

遠い昔の紀元前500年頃、ギリシャではピタゴラス音律、中国では三分損益法と呼ばれる音律が 発見されました。これらの音律がほぼ、ドレミファソラシドの音階の音程を決める基礎になっているようです。 この音律の発見から長い歴史を経て、改変されたものが、18世紀半ばにヨーロッパ音楽世界に 導入された平均律音階です。現在では、この音律は自由に転調が出来ると言うことだけで認められ 殆どのジャンルの音楽で採用され、世の中で一番よく使われている音律です。 平均律は、それ以前の長い歴史の中で人間本来の心から希求して生まれてきた音程とは異なります。

音律とは、「音程(音の間隔)の比率を定める約束事」だと思ってください。 音律の歴史ページ本の紹介:響きの考古学


音律試聴比較

皆さんは、古典音律と平均音律と、どちらが好きですか。?[ボタン又は、「MP3データ」をクリックしてください。]
この試聴データはMIDIにより作成し、音符、音量(ベロシティ)、テンポ、残響効果(リバーブ) 等は全て共通のものを使用し音律のみ変更して作成しています

平均音律[♪MP3データ♪(197kb)]
古典音律[♪MP3データ♪(197kb)]

両者を比較しても、ほとんど違いが分かりませんが、多少、響き方に差があると思います。 (音の余韻のような微妙な響きが異なっています)


お気に入りCDの紹介

現在の歌謡曲(ポップス)や演歌などの伴奏は、ほぼ平均律によって演奏されていると思います。
しかし、平均律の伴奏により歌う歌手が発する声の音程(音律)は、その歌手特有のものがあると思います。
音程を上手に制御できる歌手は、平均律とは異なる音律で歌うことが出来ますから、純正音律にも成り得ます。
歌謡曲が今でもこれだけ、多くの人に聞かれる理由が、ここにあると思います。歌のうまい歌手は、
微妙な音程の差をコントロールでき、ピタゴラス音律、純正音律に近い音階で歌うことが可能だと思います。

また、日本古来より伝わる楽器(笛、尺八、琴、三味線)なども、平均律とは異なる音程で構成されていると思います。

純正律系ギター調律 中全音律転調可変表 音律の歴史 古典音律を聞こう
バイオりんの音階 MIDIってなに 電子ピアノとパソコンを接続する 純正音律による音楽の試聴
音楽は、音高の変化(音程)があって初めてそれが音楽になるのですが。
音程は、今では当たり前のもののようですが、その始まりは、世界のどこでも紀元前より古い昔から存在していて
オクターブや純正5度[ソ]の音、や純正4度「ファ」の音を基準にして音楽を楽しんでいたようです。
現在のように1オクターブが12に等しく分れた音程[12平均律]ではなかったようです。




スタートページへ Copyright(C) 1999-2005 JinenKohan All Rights Reserved.