自然考庵
自己探求宇宙星座音楽音楽試聴生命起源サイト紹介ショップリンク旬の食材サイトマップ



ショップリンク ・サイレントバイオリンの紹介

バイオリンという楽器は、ほとんどの方が、手にしたことがないと思いますが、 バイオリンという楽器は、とても変わった楽器で、おもしろい楽器です。

特に、演奏に欠かせない「」は、右手に持って、左手で抱えたバイオリン本体の弦(糸) をこする棒状のものですが、これが、とても変わっているんです。 弓は、通常、弾力性のある木材を棹にして、「馬のしっぽの毛」をたくさん束ねたものを 棹の両端で張りますが、このままの状態で、バイオリンの弦をこすっても音は出ません。 この弓に張ってある「馬のしっぽの毛」に、「松脂(まつやに)」を塗らなければなりません。 弓の毛につける、松脂がないと、音は絶対に出ません。

サイレントバイオリン バイオリンの弓

私も、始めてバイオリンを購入したときには、このことを知らなくて、 楽器屋さんに教えてもらうまで、音が出なかったという苦い経験があります。 弓の毛替えをした直後などは、松脂がついていませんから、かなり強く、 塗りこんでやらないと、音が出るようには、なりません。 ですので、松脂と弓の毛の状態は、演奏する音に、大きく影響するようです。

生のバイオリンは、弓で弦をこすって音を出しますので、意外と大きな音が出ます。 夜中での生の演奏は、普通の家では、近所迷惑となり、かなり難しいと思います。

その点サイレントバイオリンは、音量が小さいので、夜でも演奏することができます。 サイレントバイオリンも、生のバイオリンと同じように、実際に弦をこするので、 多少の音量は、出てしまうかもしれませんが、かなり小さな音になっています。 サイレントバイオリンは、付属のACアダプター又は、電池(単3×2本)で、電気的に 音が出せますので、ヘッドフォンで、リバーブをかければ、ホールで演奏している 気分になります。(私の場合は、電気を使わず、そのまま使っています。そのままでも十分に音が聞こえます)

楽器市場
サイレントバイオリン

サイレントバイオリン演奏例:伴奏にはギターを使っています。

バイオリン教則本の紹介

このページに記載されている社名および製品名は、各社(個人)の商標または、登録商標です。

自然考庵 Copyright(C) 2007 JinenKohan All Rights Reserved.