自然考庵
自己探求宇宙星座音楽音楽試聴生命起源サイト紹介ショップリンク旬の食材サイトマップ



ショップリンク ・トランス脂肪酸に関する本

トランス脂肪酸という油は、LDL悪玉コレステロールを増やし、HDL善玉コレステロール を減らす作用があるようです。多量に摂取を続けた場合には、動脈硬化などによ る虚血性心疾患のリスクを高めるとの報告もあるようです。又、アレルギー性の症状を引き起こすとも考えられているようです。 特に、マーガリンやショートニングに多く含まれているようです。 また、ビスケット類(油を高温で焼き上げるもの)やスナック菓子などにも多く含まれているものがあるようです。 トランス脂肪酸のことを、別名、プラスチック食品とも言うようです。 虚血性心疾患で、代表的な病気には狭心症と心筋梗塞があります。

トランス脂肪酸は、日本では、あまり問題にされていませんが、欧米では、国や地域として、 この油に規制をかけている所もあるようです。日本でも、食事の傾向が欧米化している中、食事に 油を使う機会も増えていると思いますので、バランスのいい油の取り方を考えながら、 食事をしたほうがいいと思います。

トランス脂肪酸に関して、とてもいい本がありますので、紹介しておきます。

ここで、紹介する「危険な油が病気を起こしている」という本では、トランス脂肪酸を含め、 どういう油がよくない油で、どういう油がいい油かを詳しく解説しています。 筆者は、アメリカの自然療法の専門家の方のようですが、筆者、自らの体験から生まれた 油に関する解説書で、現代人の油の取り方の指針となってくれる本だと思います。 (本より目次の一部を抜粋:・あなたの食生活は間違っている、・マーガリンは心臓病を誘発しえる、 ・よい油、悪い油の見分け方、など)

著者【アマゾン】
著者:ジョンフィネガン、訳者:今村光一 危険な油が病気を起こしてる

アマゾン検索・トランス脂肪酸


このページに記載されている社名および製品名は、各社(個人)の商標または、登録商標です。

自然考庵 Copyright(C) 2007 JinenKohan All Rights Reserved.